あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ビジネス > お酒の席での嫌がらせ「アルハラ」とは


お酒の席での嫌がらせ「アルハラ」とは

2012/05/08 Category: ビジネス

飲み会自体に参加しないという人が増加しているといいます。そういった人たちは全くお酒を飲まなくなったのかといえばそうでもなく、一人で立ち飲み居酒屋に行ったり、コンビニなどでお酒を購入し家でまったりと飲むなどしているのです。

自分もお酒の席が必ずしも得意ではありません。楽しい話を聞くことができたり、親睦を深めることができる一方で、お酒を飲ませようとする人がいたり、飲まないと何となく気まずい雰囲気になってしまったりするのがその要因でもあります。

最近では、こういった飲酒行為にからんだ嫌がらせを意味する「アルコールハラスメント」(アルハラ)という言葉が話題になっているといいます。特定非営利活動法人アスクでは、アルハラを5つの項目に分類し、1つでも当てはまればアルハラという人権侵害にあたると警告しているといいます。

人権侵害までくると、ただ事では済まされないようなやばい雰囲気がぷんぷんしてきます。軽い気持ちで勧めたお酒が人権侵害だといわれ、自分の身に降りかかってこないためにも、どのような事例が「アルハラ」に相当するのか見ておきましょう。

◆ 飲酒の強要
上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと。

◆ イッキ飲ませ
場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせること。「イッキ飲み」とは一息で飲み干すこと、早飲みも「イッキ」と同じ。

◆ 意図的な酔いつぶし
酔いつぶすことを意図して、飲み会を行なうことで、傷害行為にもあたる。ひどいケースでは吐くための袋やバケツ、「つぶれ部屋」を用意していることもある。

◆ 飲めない人への配慮を欠くこと
本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱する、など。

◆ 酔ったうえでの迷惑行為
酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為。

よく「酒の上での無礼講だ」という先輩や上司がいたりしますが、その言葉を真に受け、お酌を断ったりすると、逆ギレされるばかりではなく、翌日以降の業務に支障を来すことにもなりかねません。非常に受け手としては危険な言葉なのです。周囲も分かっているからこそ、雰囲気も必然的に悪くなりがち。

飲み会自体には、普段言えないことを発散したり、仲間との結束を深めるというメリットも多くありますが、それらはみんながマナーをわきまえて、適量を飲むときに発揮できるものです。このような了解がない状況で、マナーを守らないようなアルハラが発生するからこそ、飲み会離れに拍車がかかっている要因ともなっているのではないでしょうか。

そのために、飲み会が始まる前に幹事などが、「無理にお酒を勧めない、イッキ飲みは禁止、つぶれるまで飲まない、飲ませない、お酒の勢いに任せて周囲に迷惑になる行為をするのは慎み、楽しい飲み会にしましょう。では、乾杯!」などといって、共通認識をもつというのも有効な方法だと思います。

【参考】All About http://allabout.co.jp/gm/gc/393022/2/

酒飲みの社会学―酔っぱらいから日本が見える (新潮OH!文庫) 酒飲みの社会学―酔っぱらいから日本が見える (新潮OH!文庫)
(2002/02)
清水 新二

商品詳細を見る



◆関連する記事◆



コメント

*



トラックバックURL