あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 男のレシピ


かぼちゃソース焼きそばの悲劇

2012年7月 08日 By: rainbow Category: 男のレシピ No Comments →

嫌いという人はおそらくいないのではないかと思う料理の一つとしてソース焼きそばがあります。各地のB級グルメでも常連として登場しているソース焼きそばは老若男女が好物であると認める一品でしょう。

さらに、その作りやすさも人気を支えている要因でしょう。様々な具材を炒めて、そこにそばを入れてさらに炒めると完成というシンプルな料理法は迷うところもありません。

今日の夕食は奥さんが忙しいこともあり、自分が「焼きそばなら簡単に作れるから、やっておくよ」と立候補。意気揚々と作り出します。

焼きそばの具は、豚肉、キャベツ、そして残っていたかぼちゃ。かぼちゃは炒めただけでは火が通らないだろうということでレンジで数分加熱した後にフライパンの中に。さらに豚肉とキャベツを入れて炒め、そこにそばを投入します。

ここまでは、比較的スムーズに事が進むのですが、ここでまず一つ目の失敗。それは水を数十cc多く入れてしまったのです。規定量を超えた水分は、その量がわずかでも悲しい状況を作り出します。結果、ねっちょりと固まったソース焼きそばになってしまいます。水分の分量は正確に、これが教訓の一つ目。

さらに、かぼちゃが麺に絡まるに従って、姿が見えなくなっていきます。嫌な予感がしたのですが、時は既に遅く、麺の表面がソースよりもかぼちゃの味しかせず、それが口の中でぱさぱさとなる悲劇が生まれます。ソース焼きそばにかぼちゃはNG、それが2つめの教訓でした。

一つの料理で2つもの教訓を知ることができたことは大きいのですが、家族には冷ややかな目で見られ、奥さんも「大丈夫だよ」と慰めてくれつつも、目は笑っていません。子供は正直で「なんか酸っぱい」と意味不明なことをいいながら、南アルプスの天然水をジョボジョボと焼きそばに投入して食べています。

次回こそは、ソース焼きそばを美味しく作ると心に誓いながら、自分で作った悲しいソース焼きそばを責任をもって食べ続けました。

おいしい温泉卵のつくり方

2011年6月 11日 By: rainbow Category: 男のレシピ No Comments →

最近卵のおいしさを改めて再発見し、ほぼ毎日のように卵を食べるようになりました。多くの食べ方は生卵を割ってよくかき混ぜた後、そこに専用の醤油を掛けてそれを温かいご飯の上にかけて食べるだけという「卵がけご飯」です。このシンプルすぎる食べ方は完成されつくした最高の味を提供してくれる奇跡の味だと思います。

それ以外のシンプルな卵の調理方法としてゆで卵があります。これも卵がけご飯と同様つくり方はいたってシンプルなんですが、シンプルなものに限っておいしいものを作るには奥深いものがあるのです。そこで今回は、家庭でおいしい温泉卵を作る方法を「伊藤家の食卓」で紹介されていたものをもとに見てみたいと思います。

◆家庭で温泉卵を作るレシピ◆
・材料
 卵4個、片栗粉山盛り1杯

・つくり方
1.卵が浸かるくらいの水を鍋に入れ、沸騰させる。

2.沸騰したら火を止め鍋をコンロから外す。

3.鍋に大さじ山盛り1杯の片栗粉を入れ、よく混ぜる。

4.鍋に卵を入れフタをし、15分程度待って完成

ここでのポイントはなんといっても片栗粉でしょう。これで旅館の朝食で食べるような温泉卵ができるといいます。温泉卵を通り越して半熟卵になってしまう可能性もあるので、10分程度経ったら卵が温泉卵になっているか確かめるといいでしょう。

この方法でも面倒だという場合には、卵を皿に割ってサランラップをかけ、レンチンしてもいいそうです。間違っても卵のままでレンジにインしないでください。恐ろしいことになると思います。

【参考】Pouch http://youpouch.com/2011/06/10/081009/

ガスを使ってご飯を炊く方法

2011年3月 19日 By: rainbow Category: 男のレシピ No Comments →

停電中で困ることのひとつとして炊飯があげられます。電力需要がピークになるのは夕方でありこの時間帯は主婦の方が夕飯の準備をする頃に当たります。そこで電気がなくても調理できる方法が求められるのですが、その方法をExciteニュースの中で見つけたので紹介したいと思います。

—– ここから引用 —–

1. まず、鍋を用意する。何でもいいが、お米は炊くと倍ぐらいに膨れるので、小さすぎてはいけない。逆に、大鍋にちょっとのお米でもうまく炊けない。お米の量に合わせて選ぼう。

2. 鍋にお米を入れてとぐ。水を切ったあとに、お米と同じ量の水を入れる。お米が1合(180cc)なら水も1合(180cc)、お米が5合(900cc)なら水も5合(900cc)という具合。正確でなくても大丈夫だが、少し多めにした方が失敗しない。

3. できればすぐには炊かず、20?30分待つ。その後、フタをしてガスコンロにかける。ピッタリのふたがなければ、大きめのフタでもいい。それもなければアルミホイルでもいい。沸騰するまでは強火で。

4. 沸騰したらすぐに弱火にする。強火のままでは失敗するので、必ず弱火にすること。蒸気がシュッ、シュッと出るくらいの感じがいい。吹きこぼれるようならフタを少しずらす。そのまま10?20分。

5. 蒸気が少なくなってプチプチ音がしはじめたら、そろそろだ。蒸気のにおいを時々かいで、少し焦げ臭くなったら火を止めよう。フタを開け、上の方のお米を食べてみる。芯がなければOKだ。

6. できればもう一度フタをして10分ほど蒸らす。最後にしゃもじでかき混ぜて完成。

—– ここまで引用 —–

考えてみると、屋外での飯ごう炊さんでは直火で米を炊くので、ガスでできるのは自然な事のように思えます。食料や調理方法が制限される今、家の中にあるもの、できることを工夫しながら今まで通り調理することができることを自分たちにおしえてくれる大切な例だと思います。

【参考】
・exciteニュース http://www.excite.co.jp/News/bit/E1300430701011.html