あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



雪印メグミルク海老名工場見学

2017年4月 23日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

雪印メグミルク海老名工場

今回は雪印メグミルクの海老名工場

徒歩15分という案内にひよった自分たちはタクシーを利用して現地へ。女性の運転手が海老名の変遷を色々と教えてくれ和やかムードで工場に到着します。

子供の給食もこの工場の牛乳を利用しているということで、興味津々の様子。

製品一覧

この工場では、牛乳の他、ヨーグルト、珈琲に入れるポーション、生クリームなど百数十種類のアイテムを作っているそうです。

前に他の牛乳工場の見学をしたことがありましたが、ここの規模はとにかく半端なかったです。

工場では、生産工程を順を追って説明していただき実際の生産ラインを見せてもらい、最後に牛乳と飲むヨーグルト等の試食があり、充実した一日となりました。

工場見学をすると、その会社の製品についての理解が進み、ファンになりそうです。会社としてはそれをねらっているのだと思いますが、心地よくそこは流れに従いたいと思います(笑)

味の素工場見学 in 川崎

2017年4月 16日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

味の素 川崎工場

普段特別な意識もなく普通に使っている味の素。そんな味の素の工場見学ができるというので早速家族でお出かけすることにしました。

場所は、川崎市川崎区鈴木町にある味の素川崎工場。

京浜急行大師線の鈴木町駅から、味の素のキャラクターであるあじぱんだが出迎えてくれます。その足跡を追っていくと、うまみサイエンスパークに到着します。

道路にこんな足跡をつけてしまっていいのだろうかと思いながら歩いていたのですが、この鈴木町という工場がある町全体が味の素工場であり、歩いていた道もすべて工場の敷地内ということを聞き納得です。

今回は、未就学児もいるため、3つのコースのうち、参加可能なほんだしコースを選択。ほんだしが作られるまでの工程を見学することができます。

バスでもの凄くひろい工場の中のほんだしが作られる棟へ向かい、そこで上層階に向かいます。

原料となるかつおを一番上の階に運び、そこから工程が進むにつれて下の階へ流れていくというものでした。

子供たちもかつおぶしを削るなど、普段あまりすることのない体験に目を輝かせながら先を急いで楽しんでいたのが良かったと思います。

最後は、味の素を入れた味噌汁のおいしさや、ほんだしを入れたおにぎりの試食をして、味の素を堪能することができた一日となりました。

お土産にもらったクックドゥを次の日早速使って回鍋肉を作ったのですが、子供たちも自分たちが見てきた工場で作られているということを実感しているのか、いつも以上にもりもりご飯を食べてくれます。

このような工場見学は、その会社のファンを増やすという会社側の思いもありますが、自分たちも安心して使い続けることができ、知識も深まるので、絶好の機会だと思います。

【参考】味の素 goo.gl/LVXxEw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素 アジパンダ瓶 70g
価格:300円(税込、送料別) (2017/4/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素 ほんだし 450g【楽天24】【あす楽対応】[ほんだし だし]
価格:1151円(税込、送料別) (2017/4/16時点)

楽しさ満載 春の宮ヶ瀬

2017年3月 26日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

遊覧船からの宮ヶ瀬ダム

神奈川県の西部、愛川町、清川村、相模原市に存在する宮ヶ瀬湖は、2000年に完成した利水用のダムで、自分たちが住む神奈川県に多大なる恩恵を与えてくれています。

そんな宮ヶ瀬ダムに行こうと奥さんが提案し、天気の良い土曜に行ってみることにしました。

はじめは、ダムを見るだけでそこまで楽しむことはできないだろうなと思っていたのですが、帰る頃にはその考え方が180度変わるほど楽しむことができる場所であることがわかります。

ダムに関連するアクティビティの中心は宮ヶ瀬であり、お土産物やさんや、交流館、そして水の郷大つり橋などの見学、体験コースが完備されているだけでなく、遊覧船に乗ってダムまでいくことができます。お土産物やさんでは美味しいものをたくさん食べることができるので是非お勧めですね。

ダムサイトでは、水とエネルギー館で宮ヶ瀬湖について様々な体験をしながら楽しく学ぶことができ、名物ダムカレーも食べることができます。

ダムカレー

そしてダムの見学をした後、子供がいる家族にとって最大とも言える目的地であるあいかわ公園も、このダムサイトから行くことができます。

宮ヶ瀬ダム

あいかわ公園の駐車場は終日満車であることからも、その人気ぶりはわかるでしょう。子供たちはふわふわドームでぴょんぴょん跳ね回ったのちに、冒険の森と名が付いたアスレチックも満喫していました。子供の体力は本当に凄いなと改めて感じます。

冒険の森は、滑り台とターザンライドはもの凄い行列になっているので、うまくそこに行かないよう誘導しながら迷路やアスレチック、ネットで覆われた巨大ツリーで日が暮れるまで遊んでいました。

危うく帰りの遊覧船の時間を逃すギリギリまで遊んで、実に6時間も満喫することができました。

季節によって見せる景色もかえることができる宮ヶ瀬は、これから何度もリピートしそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダムに行こう! [ 萩原雅紀 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/3/26時点)