あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



楽しさ満載 春の宮ヶ瀬

2017年3月 26日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

遊覧船からの宮ヶ瀬ダム

神奈川県の西部、愛川町、清川村、相模原市に存在する宮ヶ瀬湖は、2000年に完成した利水用のダムで、自分たちが住む神奈川県に多大なる恩恵を与えてくれています。

そんな宮ヶ瀬ダムに行こうと奥さんが提案し、天気の良い土曜に行ってみることにしました。

はじめは、ダムを見るだけでそこまで楽しむことはできないだろうなと思っていたのですが、帰る頃にはその考え方が180度変わるほど楽しむことができる場所であることがわかります。

ダムに関連するアクティビティの中心は宮ヶ瀬であり、お土産物やさんや、交流館、そして水の郷大つり橋などの見学、体験コースが完備されているだけでなく、遊覧船に乗ってダムまでいくことができます。お土産物やさんでは美味しいものをたくさん食べることができるので是非お勧めですね。

ダムサイトでは、水とエネルギー館で宮ヶ瀬湖について様々な体験をしながら楽しく学ぶことができ、名物ダムカレーも食べることができます。

ダムカレー

そしてダムの見学をした後、子供がいる家族にとって最大とも言える目的地であるあいかわ公園も、このダムサイトから行くことができます。

宮ヶ瀬ダム

あいかわ公園の駐車場は終日満車であることからも、その人気ぶりはわかるでしょう。子供たちはふわふわドームでぴょんぴょん跳ね回ったのちに、冒険の森と名が付いたアスレチックも満喫していました。子供の体力は本当に凄いなと改めて感じます。

冒険の森は、滑り台とターザンライドはもの凄い行列になっているので、うまくそこに行かないよう誘導しながら迷路やアスレチック、ネットで覆われた巨大ツリーで日が暮れるまで遊んでいました。

危うく帰りの遊覧船の時間を逃すギリギリまで遊んで、実に6時間も満喫することができました。

季節によって見せる景色もかえることができる宮ヶ瀬は、これから何度もリピートしそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダムに行こう! [ 萩原雅紀 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/3/26時点)

いざ鎌倉 お参り

2017年2月 19日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

穏やかな天気の中、昨年御利益のあったお守りをいただくため家族で鎌倉の鶴岡八幡宮に。

参道にあったギンナンはお約束ですね。子供と自分でぱくぱく食べます。

子供たちはこんぺいとう。75グラムで300円という一見安いと思える値付けに不安を覚えながらも、子供たちはがんがんこんぺいとうだけでなくラムネをとっていきます。そしてお会計は、1100円・・・

子供たちの輝く笑顔に負けました。。。

そして、お参り。

少し遅くなりましたがしっかりとお願いができました。

自分としては用事は済んだのですが、奥さんがここまで来たのだからと鎌倉観光を提案。

鳥居の近くにあるお箸やさんで子供用のお箸を購入し、鎌倉大仏へ。

大仏さまは、高徳院という仏教寺院にあります。その大きさに子供も自分たちもただただ呆然と見つめるばかり。

帰りは江ノ電にのって、息をのむほど綺麗な夕日に出会いました。眺めている間にもどんどん沈んでいき、とうとう見えなくなってしまいます。なかなか日の入りを見る機会のない子供たちは興奮気味に語っていました。

このような小旅行をたまにできれば、また色んな経験が出来て子供たちにも思い出を作ってあげられるなと改めて思いました。

みかんとは思えない甘さ 温故蜜柑

2016年1月 17日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

温故蜜柑

冬の季節暖かい部屋の中で食べたくなる果物といえば、ほとんどの人がみかんを想像するでしょう。みかんを漢字で書くと蜜柑と書きます。蜜のような甘みがあることが語源でありすでに室町時代にはこの表記がされていたといいます。

そんな蜜柑ですが、先日国東市のふるさと納税のお礼の品としていただいた岸田果樹園さんの「温故蜜柑」に家族中が衝撃を受けました。これまで食べてきたどんな蜜柑よりも甘く感じられ、果肉がしっかりとしていて噛みしめるほどにジューシーな感じがするのです。まるで缶詰の蜜柑を食べているかのような感覚さえありました。

下の子供はみかんがもの凄く好きなのですが、一気に2個ほど平らげてしまい、食べ過ぎで止めたほど。子供がそれほど喜ぶみかんは今まで記憶の中で無かったと思います。

岸田果樹園さんの方によると、自分なりに栽培方法の研究を重ね様々なおいしくする工夫を見いだし、納得の品質を得ることができたとして、その栽培方法を紹介されています。

その一つ一つがこれまで様々な試行錯誤を重ねて苦労されてきた結果得ることができたものであることがわかり、そういうことを知って食べる蜜柑というのはさらに美味しさを感じることができるのです。

最近、野菜などの農作物において生産者の顔がわかるような工夫がされていますが、この果樹園の方のように、どのような工夫をしているのかがわかると、普通に食べているものでも違った楽しみ方を感じることができ、それが付加価値に繋がるのではないかと思います。

国東のみかんは全国的にいえば、まだまだブランドとしては成長段階になるのは事実ですが、この方のようなみかんに対する情熱と、もの凄く甘くて果肉が食べ応えがある品質があれば、近い将来必ず全国区になると考えています。今回このような御縁でみかんを知った自分としては、今後もっと多くの人に温故蜜柑を知って欲しいと思います。