あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 坂の上の雲


坂の上の雲 最終回「日本海海戦」

2011年12月 25日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

3年にわたり圧倒的な描写とスケールによって、我々を魅了してきた坂の上の雲もとうとう最終回となってしまいました。原作はあえて読まずに余計な先入観を持たないように映像に集中するようにしてきましたが、それも最後なってしまうのがなんだか寂しく感じます。

前回の終わりから始まった日本海海戦。バルチック艦隊を東郷ターンと呼ばれる丁字戦法で、次々と打ち破っていきます。敵戦艦の前で急ターンするのは知っていたのですが、それによってどのようなメリットがあるのかは事前に「その時歴史が動いた」の第1回放送で予習ができていたので、それがビジュアル的な攻防を今回合わせてみることによって腑に落ちたような気がします。

東郷は、前回の日本海に行くか太平洋に行くか選択する際に、自分の意見が違ったとしても参謀の意見を取り入れる柔軟な姿勢を見せてくれました。それが、今回の丁字戦法でも秋山真之の意見を取り入れた結果、見事に勝利。有能なリーダーはうまく部下の意見を取り入れ最適解を導くという典型のような存在といえるでしょう。ちなみに東郷は、その後も大きな影響力を与え続ける存在になっていったといいます。

壮絶な日本海海戦ですが、このドラマではきちんと敵方の観点もしっかりと入れていて、ロシア側がどのように戦い抜いたのかも描いている点が、今までのドラマにないこのドラマの魅力だと思います。一兵士としてその他大勢として描かれることがほとんどなのですが、勝利後にロシア側に乗り込んだ秋山がみたロシア側の壮絶で悲惨な状況は、見ていて胸が苦しくなるほどでした。ロシアの人から見たときに、これが真実なのかどうか、それは分かりませんが、少なくとも一方的に日本勝利を描くのではなく、その裏側にあるロシア敗北という現実を描いてはじめてドラマに深みが出るんだと思います。

今回のドラマの最大の見せ場はなんといっても、秋山兄弟の母の死でしょう。満州で電報を受け取った好古は「淳は間に合ったかのう」とつぶやきます。この場面から、真之は間に合うのではないかと期待していたのですが、現実はギリギリ間に合わず、なくなった母に話しかけます。自分は少しは世の中のために役に立ったのかということを。今までやってきたことを認めてほしいのは母親だったのですが、その存在が居なくなって自分がやってきたことの正しさに悶々とします。

その閉塞感を打ち破ってくれたのが好古の釣りでの一言、「おまえはよくやった」ということでした。この後真之はなんか解放されたような表情を見せます。こういう細かい演出が素敵ですし、それを迫真の演技で固める阿部寛と本木雅弘はさすがでしょう。

この二人を中心に描かれているため、ポーツマス条約の状況や小村寿太郎の無念、日比谷焼き打ち事件といった内容が薄いのは仕方ないことなのでしょう。ここまで来るとそういったところも詳しく知りたくなってきますが、それは自学でまかないたいと思います。

好古や真之、そして乃木や児玉たちが口々に言っていた「この先の日本はどうなるのだろう」という思い。それを我々は知っているのですが、上のみを目指して登っていった先人のこういった思いは、歴史が示すとおりの結果となります。この結果は、彼らが望んでいたものなのか、それともそうでないのかは今ではわかりません。

今回のドラマを見ていると、1つ感じたことがあります。このドラマの完成度や人間模様はすばらしく、このようなすばらしい歴史作品に出会ったとき、その時代に興味がわき、さらにその周りに起こった色々なことも知りたくなるという広がりをみせるということ。このドラマから、明治を生き抜いた人々の生き様をもっと違った視線で見てみたくなりました。そんなきっかけを与えてくれたこの作品に、心から感謝したいと思います。

坂の上の雲 第12回「敵艦見ゆ」

2011年12月 19日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

3年の集大成となる日本海海戦に向けて、いよいよラストランを迎える坂の上の雲ですが、その中で今回は陸軍にとっての最大の見せ場がやってきます。それが奉天会戦でした。戦線が100キロに及ぶということでそのスケールの大きさをどのように表現するのだろうと思っていたのですが、さすがにそれを表現するのは難しかったようです。どうしても戦線が長くなるにつれて、単位面積当たりの人間の数は少なくなってしまうので、迫力という観点ではみせるのが難しかったのでしょう。

そんな中でも、第3軍を指揮していた乃木が本隊に合流し、今まで閉塞感が漂っていた前線にも活気がみなぎります。その乃木と共にロシア側の騎兵隊に立ち向かうのが好古でした。まさにぎりぎりの戦いで、好古自体も最後は精神論を述べていましたが、クロパトキンは多くの兵が攻めてきたといって退却します。見たところロシアの陸軍には参謀というものがあまり登場せず、クロパトキンの判断によって行動が決まっている感じがしますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

物語の中でも語られていましたが、兵力の面では日本側が完全に不利。戦術を駆使してようやく五分五分です。それをなんとか六分四分にもっていくことによって、世界的に勝利したとふれまわろうという戦略だったといいます。奉天を奪取した際の描写はすごくきれいで、それまでの好古や乃木の苦労を目の当たりにすることができるのですが、もう少し好古の活躍のシーンを多くしてもよかったのではないかと思います。物語の中で真之と共に主人公になる一人なんですが、次回は最終回の日本海海戦。ということは、コサック師団と打ち破るシーンはあまり多くが描かれずに終わりそうです。

そして次回へのつなぎという観点で、すでに日本海海戦が始まろうとしていました。まずバルチック艦隊が対馬を抜けてくるか、太平洋を抜けてくるかという大きな問題にぶち当たります。山本権兵衛も部下に指示出しするように迫られますが、あくまで東郷を信じる山本。このあたりの男の信頼関係はすごく気持ちがいいです。

東郷は、真之や参謀長から太平洋に移動する案を提示され、自分は反対の意見であったとしてもそれを受け止めます。この裏には、秩序とやる気、それと何か大切なことを真之たちに感じてほしいという思いがあったからなのかもしれません。最終的には、対馬で残ることを選択した三笠をはじめとした艦隊は、見事的中することになります。このあたりの渡哲也の堂々とした演技にひたすら心酔している自分、男としてかっこいいですね。

最後に真之が述べた「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」。ちょっと説明を受けないと分からないのですが、日本が有利であることを述べているといいます。船上でぱっと右を示した東郷。この戦術がどのようになっていくのか、物語はクライマックスを迎えます。

それと共に気になるのが、伊予松山で生まれた三人が最終的にどうなっていくのか。正岡子規は今回はあまり登場しませんが、三人を通じて作者が言いたかったこと、それを最後にしっかりと確認したいと思います。

3年の集大成となる日本海海戦に向けて、いよいよラストランを迎える坂の上の雲ですが、その中で今回は陸軍にとっての最大の見せ場がやってきます。それが奉天会戦でした。戦線が100キロに及ぶということでそのスケールの大きさをどのように表現するのだろうと思っていたのですが、さすがにそれを表現するのは難しかったようです。どうしても戦線が長くなるにつれて、単位面積当たりの人間の数は少なくなってしまうので、迫力という観点ではみせるのが難しかったのでしょう。

そんな中でも、第3軍を指揮していた乃木が本隊に合流し、今まで閉塞感が漂っていた前線にも活気がみなぎります。その乃木と共にロシア側の騎兵隊に立ち向かうのが好古でした。まさにぎりぎりの戦いで、好古自体も最後は精神論を述べていましたが、クロパトキンは多くの兵が攻めてきたといって退却します。見たところロシアの陸軍には参謀というものがあまり登場せず、クロパトキンの判断によって行動が決まっている感じがしますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

物語の中でも語られていましたが、兵力の面では日本側が完全に不利。戦術を駆使してようやく五分五分です。それをなんとか六分四分にもっていくことによって、世界的に勝利したとふれまわろうという戦略だったといいます。奉天を奪取した際の描写はすごくきれいで、それまでの好古や乃木の苦労を目の当たりにすることができるのですが、もう少し好古の活躍のシーンを多くしてもよかったのではないかと思います。物語の中で真之と共に主人公になる一人なんですが、次回は最終回の日本海海戦。ということは、コサック師団と打ち破るシーンはあまり多くが描かれずに終わりそうです。

そして次回へのつなぎという観点で、すでに日本海海戦が始まろうとしていました。まずバルチック艦隊が対馬を抜けてくるか、太平洋を抜けてくるかという大きな問題にぶち当たります。山本権兵衛も部下に指示出しするように迫られますが、あくまで東郷を信じる山本。このあたりの男の信頼関係はすごく気持ちがいいです。

東郷は、真之や参謀長から太平洋に移動する案を提示され、自分は反対の意見であったとしてもそれを受け止めます。この裏には、秩序とやる気、それと何か大切なことを真之たちに感じてほしいという思いがあったからなのかもしれません。最終的には、対馬で残ることを選択した三笠をはじめとした艦隊は、見事的中することになります。このあたりの渡哲也の堂々とした演技にひたすら心酔している自分、男としてかっこいいですね。

最後に真之が述べた「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」。ちょっと説明を受けないと分からないのですが、日本が有利であることを述べているといいます。船上でぱっと右を示した東郷。この戦術がどのようになっていくのか、物語はクライマックスを迎えます。

それと共に気になるのが、伊予松山で生まれた三人が最終的にどうなっていくのか。正岡子規は今回はあまり登場しませんが、三人を通じて作者が言いたかったこと、それを最後にしっかりと確認したいと思います。

3年の集大成となる日本海海戦に向けて、いよいよラストランを迎える坂の上の雲ですが、その中で今回は陸軍にとっての最大の見せ場がやってきます。それが奉天会戦でした。戦線が100キロに及ぶということでそのスケールの大きさをどのように表現するのだろうと思っていたのですが、さすがにそれを表現するのは難しかったようです。どうしても戦線が長くなるにつれて、単位面積当たりの人間の数は少なくなってしまうので、迫力という観点ではみせるのが難しかったのでしょう。

そんな中でも、第3軍を指揮していた乃木が本隊に合流し、今まで閉塞感が漂っていた前線にも活気がみなぎります。その乃木と共にロシア側の騎兵隊に立ち向かうのが好古でした。まさにぎりぎりの戦いで、好古自体も最後は精神論を述べていましたが、クロパトキンは多くの兵が攻めてきたといって退却します。見たところロシアの陸軍には参謀というものがあまり登場せず、クロパトキンの判断によって行動が決まっている感じがしますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

物語の中でも語られていましたが、兵力の面では日本側が完全に不利。戦術を駆使してようやく五分五分です。それをなんとか六分四分にもっていくことによって、世界的に勝利したとふれまわろうという戦略だったといいます。奉天を奪取した際の描写はすごくきれいで、それまでの好古や乃木の苦労を目の当たりにすることができるのですが、もう少し好古の活躍のシーンを多くしてもよかったのではないかと思います。物語の中で真之と共に主人公になる一人なんですが、次回は最終回の日本海海戦。ということは、コサック師団と打ち破るシーンはあまり多くが描かれずに終わりそうです。

そして次回へのつなぎという観点で、すでに日本海海戦が始まろうとしていました。まずバルチック艦隊が対馬を抜けてくるか、太平洋を抜けてくるかという大きな問題にぶち当たります。山本権兵衛も部下に指示出しするように迫られますが、あくまで東郷を信じる山本。このあたりの男の信頼関係はすごく気持ちがいいです。

東郷は、真之や参謀長から太平洋に移動する案を提示され、自分は反対の意見であったとしてもそれを受け止めます。この裏には、秩序とやる気、それと何か大切なことを真之たちに感じてほしいという思いがあったからなのかもしれません。最終的には、対馬で残ることを選択した三笠をはじめとした艦隊は、見事的中することになります。このあたりの渡哲也の堂々とした演技にひたすら心酔している自分、男としてかっこいいですね。

最後に真之が述べた「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」。ちょっと説明を受けないと分からないのですが、日本が有利であることを述べているといいます。船上でぱっと右を示した東郷。この戦術がどのようになっていくのか、物語はクライマックスを迎えます。

それと共に気になるのが、伊予松山で生まれた三人が最終的にどうなっていくのか。正岡子規は今回はあまり登場しませんが、三人を通じて作者が言いたかったこと、それを最後にしっかりと確認したいと思います。

坂の上の雲 第11回「二〇三高地」

2011年12月 12日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

今回は、乃木希典が指揮する第三軍による旅順要塞総攻撃がほぼ全編にわたって繰り広げられていました。この1つの戦いに1時間以上を費やしてじっくりとみせるのは、後にも先にもこのドラマだけなんだろうなと思うほど、内容が充実していました。戦争というものを肯定するつもりはありませんが、指揮官だけでなくその配下で必死になって戦っている将兵たちの生き様をこれでもかという位に目の当たりにして、これまでにない複雑な気持ちになります。

きっと、これに続く第二次世界大戦、太平洋戦争という場面では、もっと兵力が乏しい中でこれ以上の戦果を求められることになるのだと思いますが、自分にとってはこの戦いだけみても本当に戦争の悲惨さを感じてしまいます。

特に、三千百余人の白襷隊は、旅順要塞に対して人柱となって特攻していくのですが、その姿は後の特攻隊に重ねて見てしまうほどつらいものです。日本兵の観点から綴られている物語ですが、敵兵として描かれているロシア兵側にとっても、絶えず突進される日本兵との戦いは苦しいものだったでしょう。広瀬が亡くなって、ロシア側の観点から物語を語ることができなくなってしまったため、「日本にとってどうだったのか」という一方面からのみとなっています。

自分にとっては、この事実自体を詳しく知らなかったので、それを知るために今回の二〇三高地に関する内容はそれを十分すぎるほどリアルに描いてくれていて把握することができるのですが、それだけで終わらせるのではなく、ロシア側からみた日露戦争というものがどのように写ったのか、そのことを知ることによって両側面から物事を見ることができると思っています。

乃木は今まで正面突破をこれまでなくなった兵士のためだと表現していましたが、それを今回はもっとマクロ的に観て日本が勝つために、正面突破はあきらめ二〇三高地奪取に切り替えようとします。その二〇三高地は北海道出身の第七師団によって頂上を占拠しますが、それも一時的。このときの師団長の演技がものすごく迫真に満ちていて、演技に完全に飲み込まれます。

この二〇三高地は、実際のロケは北海道で実施したそうなのですが、スケールが違うと感じたのは山を駆け上る人の多さです。山一面を人がよじ登っていく姿は、本当の戦争を間近で観ているようで背筋が凍る思いで観ていました。おそらく多くの人がそう感じたのではないでしょうか。壕の間をかける兵士たちの表情を観ていると、生死は本当に紙一重のように思えます。

二〇三高地がすぐにロシア側に奪取された後に、第三軍を指揮することになったのが満州軍総参謀長・児玉源太郎でした。乃木と西南戦争の時の話をし、その頃から乃木にとって児玉は命を救ってくれた恩人であったので、いやな顔せずに指揮権を渡します。このあたり、人間ドラマですね。高橋英樹と柄本明の演技が光っていました。何も語らずとも二人の心が通っていることを感じさせます。

高橋英樹といえば、桃太郎侍だ、越後製菓だという人もいますが、このときの彼は、完全に総参謀長でした。彼の指示は的確で、見方の多少の犠牲に臆することなく、全体としての最適解を導いたことによって二〇三高地の制圧に成功します。このときに遠くに旅順港が見えることに歓声を上げる兵士と共に、自分も涙がとまりませんでした。

しかし、二〇三高地は戦争の1つの場面です。まだ秋山兄弟が登場するそれぞれの大きな戦いが2つ残されています。これらが、二〇三高地を制圧したことによってどのように変わっていくのか、次回へのフラグはすでに両方に張られています。二〇三高地からの旅順港への砲撃は停泊中の戦艦を何艘かに命中しますし、満州では大量のロシアによる増兵が確認されています。それぞれの戦いはまだまだ続きそうです。来週も見逃せません。

坂の上の雲 第10回「旅順総攻撃」

2011年12月 04日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

とうとう最終部となる第3部が始まりました。始まりの時間が7時半からでもう少しで見逃すところでしたが、時間が長い分映画を観ているかのような感覚になりました。その一つ一つの出来はものすごく、これが1年間続いてくれれば史上最高の大河ドラマになったのではないかと思えるほど。久々にわくわくしながら最後まで見ることができました。

1ヶ月ほど前から復習するための番組が放送されていてしっかり復習をしたおかげか、タイムラグをあまり感じることなく今回の旅順攻撃の場面に入っていくことができました。前回まででロシアと侵攻のある広瀬が亡くなり、さらに正岡子規もなくなったことから、第3部は日露戦争を描くことがほとんどになるのだろうと思っていましたが、今回のバランスを考えてもその通りであることが分かります。

物語のはじめは日銀副総裁の高橋是清が日露戦争の戦費調達を行うためにイギリスに滞在することから。当たり前の話ですが戦争を進めるためにはお金が必要であり、自国のお金だけでまかなえるものではないので、他国から融資してもらわなければなりません。この当たり前のことを、しっかりと描いているドラマを見たのは自分の中でこれ以外にありません。

日露戦争で戦っている人々以外にも日本を勝利に導くために必死になって戦っている人がいるのです。ユダヤ人の金融家が日本に融資しますが、それはロシアのユダヤ人に対する仕打ちがあまりにもひどいことが起因していて、そういったことを高橋是清は「世界は複雑だ」と表現します。今の時代に高橋是清がいたら、彼はなんと嘆くのだろうとつい考えてしまいます。

そんなお金を工面してくれたにも関わらず、陸軍が旅順で戦っている間はつねにお金がなく、玉がないと嘆きます。限られた予算を陸軍のこの第三軍にうまく渡せなかったのかもしれません。柄本明さんが演じる乃木希典は何の情報もないのに上からは期日だけは迫られ、正面突破を人海戦術で攻めるしかありませんでした。このドラマに出てくる俳優や女優はみなさん、うまい人ばかりなのですが、中でも柄本明さんの迫真の戦いぶりは、観ているこっちも息をのむほどでした。戦闘シーンで、どうしてこんなにリアリティがあるのだろうと不思議に思っていたら、NHKのWebページにその答えがありました。

それは、歩兵一人一人の表情がしっかり見えるということ。ご飯を食べて一息ついている場面や、決死の戦いをしている最中の表情、そのすべてがつぶさに写っているのです。こういうシーンでは、指揮官ばかりが注目され、兵はひとかたまりで表現されるのですが、このドラマではそれをよしとしないところに、クオリティの高さを感じます。

その旅順から離れた遼陽の近くに好古はいました。真之が感情の起伏をあらわにし、上のものから諭されていたのに対して、好古はほぼ完璧な振る舞い。さすがです。敵情視察の兵士をねぎらい、その報告にそってロシア陸軍を横から攻めて撤退に至らせます。危なげなく任務に当たっている好古をみると、昔からこのひとは弱い部分がないなと感じ、常に比べられる弟の真之に同情してしまいます。いつか必ずある失敗が命に関わる問題でないことを祈ってしまいます。

さらにそこから遠く離れた船上には秋山真之が、連合艦隊の一員として旅順港を常に監視していましたが、今回は弱い部分を思い切り周囲にさらけ出してしまいました。これも昔からの彼のキャラクターではありますが、正しいことをきちっと述べるいい面と、頭に血が上ってしまった時の突発的な行動には激しい落差があります。今回すごく感じたのは戦場で、1つ誤った判断をしてしまうと多くの兵士を失い、命もなくなってしまうということ。真之の冷静さを失う行動の裏に、多くの命がなくなるリスクを考えると、参謀長の島村の背負い投げも当たり前のことのように思います。

しかし、真之には周囲にあまりのも大人ですばらしい判断ができる上司がたくさんいるということが、安心材料ではあります。先ほどの島村を始め、東郷平八郎といった石原軍団の重鎮がきっちりと抑えてくれているので、きっと大丈夫でしょう。どうしようもなく厳しい戦いはきっといい方向に向かってくれるのではないかと期待させられます。

次回は、二〇三高地攻めです。一つ一つの話が独立していて、それらの関連性は非常に薄いのですが、過去の絡みを脳裏に浮かべながら、すべての関係者が登場し続け、どのように生きていくのかをチェックしながら観ていくと面白いと思います。

坂の上の雲 第9回「広瀬、死す」

2010年12月 26日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

帝国主義の思惑が錯綜する中、とうとう日露戦争が始まってしまいます。皇帝ニコライ二世が戦争を回避すべく日本に対して譲歩案を提示したのに対して、それを握りつぶして隠してしまった極東総督のアレクセーエフの行動が悲劇を生むきっかけとなってしまいます。毎回歴史にタラレバはないと戒めるのですが、ここで皇帝の指示がそのまま日本に伝わっていたのであれば、日露戦争は回避することができたのではないかと考えてしまいます。

日本の夜襲から始まった戦争は、ロシア側が丁度マリア祭の日であったことから意表をついた形となってしまいます。自分のために祝砲をあげてくれたと勘違いする婦人の痛い状況とは裏腹に、アレクセーエフはこれで叩きのめすことができると微笑む姿が恐ろしくもあり、ロシア海軍の強さを感じる一面でもありました。たしかにこの後、日本軍による夜襲の結果ロシア軍の軍艦数隻にダメージを与えたのみで、壊滅的な被害を与えることができなかったことからもわかります。

しかし、今回のメインである広瀬に対しては、確実に死亡フラグが立っていました。前回の予告および今回の題名からも広瀬が戦死することはわかっているのですが、それでもどこかで生きていて欲しいと願ってしまいます。それは広瀬という男がこれまで男気あふれる素晴らしい人間であるという描写をしてきているということから、自分は広瀬自身がそのような人物であると完全に思っていて、そのような人物を第二の故郷であるロシアと戦ってなくすのはあまりに惜しいと思ったからです。

作戦をたてた有馬良橘は旅順を閉塞してしまおうと考えそれが実現します。真之は以前この戦い方を見ていて犠牲者が多く出ることを知っていたので、反対するのですが最後は作戦の立案に協力することになります。昔の場面がこのようなときに役立つとはしっかりと後に使うことを考えていたのかもしれません。結果としてこの閉塞作戦は2回実施して両方とも失敗するばかりではなく、広瀬を亡くすことになってしまいます。

広瀬は仲間が見当たらないといってかなり探していたのですが、なかなか見つかりません。船内に浸水が進み、まるでタイタニックを見ているかのような錯覚までしてきます。緊急の船に乗って逃げ出したときには、もしかしてこれで逃げることができたのではと思ってしまいましたが、まず一人がやられたときに「あぁ、ダメだな」と感じてしまいました。その直後、アリアズナに語った朝日のことを思い出していた矢先に撃たれて亡くなります。この瞬間をみせなかったのはNHKのせめてもの敬意でしょう。

亡くなった広瀬をロシア軍は丁重に扱い、ロシア正教にならって葬儀を行ないます。このあたりは、広瀬や好古がいっていたように敵味方がなくなれば仲間だという気持ちが出ていて、せめてもの救いだったと思います。

このあたりの旅順付近の戦いの迫力は本当に凄かったです。メーキングによると、マルタ共和国に再現した福井丸の船体のセットを使って大爆発を起こしたそうです。CGだけでは伝わらない迫力も、これからどんどん増えていくのでしょう。日露戦争は秋山兄弟、そしてそれを支える女性たちの思いを飲み込みながら進んでいきます。この先はまた1年後。慣れたとはいえ、早くも次回が楽しみです。

NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX
(2010/03/15)
本木雅弘、阿部 寛 他

商品詳細を見る

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX
(2011/03/16)
本木雅弘、阿部寛 他

商品詳細を見る