あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな


河童の川流れ in 多摩川

2017/08/13 Category: 地域イベント

雨が降りしきる土曜日

NPO法人 多摩川エコミュージアムなどが主催する、「多摩川の流れを体で体験してみよう」というイベントに親子で参加してきました。

川での事故をよくニュースで報じられていることもあって、若干ドキドキでしたが、ライフジャケットとヘルメットを身につけ、さらに多数の指導者もついているという万全の体制の中だったので安心して望むことが出来ました。

完全につかると冷たい多摩川ですが、しばらくすると慣れてきます。

仰向けになって足を水面から上げるようにして、力を抜いて流されるのがポイント。

上の子はすぐに要領をつかみどんどん流れていきます。この辺りやはり子供の方が流れやすいようです。自分は腕にしがみつく下の子とともに体制をうまく取れずに四苦八苦。時に浅瀬の石にお尻を激突させ、激痛(!?)と戦いながら進んでいきます。

流れる全長は約1キロ。距離にすると長く見えますが、やってみるともの凄く短く感じます。

途中、自分でも足がつかない流れの速いところもあり、スリル満点でした。

いつもは外から眺める川の様子も今回は中から見ることができ、もの凄く新鮮な感じです。下の子供も後半は自分の力で進むことが出来るようになり、確実な進歩を感じました。

あっという間のイベントでしたが、参加者の間でも何とも言えない達成感と一体感をもつことができ、貴重なイベントとなりました。上の子供も楽しかったと目を輝かせていました。

主催者の方、ありがとうございました!!

(参考)http://www.seseragikan.com/ivento/17-07/kawanagare2017/kawanagare2017.html

おんな城主直虎 第32回「復活の火」

2017/08/13 Category: 2017年_おんな城主直虎

前回までで今川からその領地を没収されてしまった井伊家ですが、今回は一転してその今川家が窮地にたつことになります。これまで家臣の人心掌握に不安のあった氏真は、信玄に攻められるとともに家臣に離れられてしまったのです。

信頼という言葉は戦国の世の中にありながら、もの凄く大切な要素なんだなと改めて感じます。それを感じたのが政次でした。彼は井伊谷で主となったのですが、心の内としては直虎が真の主であり自分はそれを支える存在であることを家臣の目の前で公表します。家臣達もそのことはわかっていて、改めて今回政次が表向きでも裏表がない存在になった瞬間でした。

しかし、これまでの言動から政次のことを信用できない近藤重用は彼を罠にかけようとします。重用自身が井伊谷を乗っ取ろうとする悪者なのかどうかは分かりませんが、これまで他人に対しても誠実に対応することが難しい立ち位置にいた政次としては、こういう場面において圧倒的に不利な状況になるのでしょう。

おそらく次回は絶体絶命な状況となるのですが、そこで直虎たちがどのように政次に手をさしのべるのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 野田城跡

静岡県浜松市
 - 菅沼忠久の供養塔(龍潭寺)

知られざる すいか割りの公式ルールとは?

2017/08/06 Category: 日記

夏の風物詩ともいえるのがすいか割り。

街の至るところですいか割りが行われ、割った後のバラバラになったすいかを拾い集めて、滑稽な姿を肴にしながらすいかを楽しむのが醍醐味といえます。

そんなすいか割りですが、実は2つの公式ルールが存在するというのです。

・JAが設立した「日本すいか割り協会」が1991年に定めた「日本すいか割り協会版」
・「日本すいか割り推進協会」が定めた「日本すいか割り推進協会版」

これだけ見ると、すいか割り協会やすいか割り推進協会なる団体が2つもあること自体が驚きなのですが、日本すいか割り協会はキャンペーンの一環で作られた一時的なもので現在は存在しておらず、日本すいか割り推進協会のルールはJAみちのく村山のサイトで見ることができます。

気になるルールですが改めて見るとものすごく新鮮な発見があります。

<準備>
・日本国産すいかを使用すること
・棒は、直径5cm以内、長さ1メートル20センチ以内の棒とすること
・すいかと競技者(割る人)の間の距離は、5メートル以上7メートル以内とする。

国産すいかしか使ってはダメというのは、さすがJAが主導しているだけあります。

<審判になるための条件>
審判員となるには、すいかが大好きであることを条件とする。また、公正な道徳心を持つ健康な人であり、特に以下の設問に3問以上答えられる人する。
(1)すいかの一番甘い部分はどこか?
(2)すいかの水分はどのくらい?
(3)おいしいすいかの見分け方は?
(4)すいかの種ってどのくらいあるか?
(5)すいかの原産地は?

3問以上正解している自信がありません。審判になるのにも簡単ではないのですね。

<ルール>
・競技者(割る人)の持ち時間は1分30秒とする。
・すいかに当たらなかった場合、時間内であれば3回まで棒を振ることができる。
・以下の点数表を参考に審判員が点数をつける。
 - 空振り 0点
 - すいかに当たった 1点
 - すいかにひび割れができた 2-4点(ひび割れの程度による)
 - すいかの赤い果肉が見えた 5-10点

すいか割りが点数制であることを今回初めて知りました。すいか割りも大きな大会があるらしく、そういうものが開催される以上、オフィシャルルールは自ずと必要になるのでしょうね。そんな大会ではなく仲間同士で行うすいか割りは、ルールに縛られることなく、おもいきり楽しんで、割ったすいかをみんなでおいしく食べたいものです。

(参考)
 ・NEWS ポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20170806_602715.html
 ・JAみちのく村山 http://www.mitinoku.or.jp/tokusan/suika_wari.htm