あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな


いだてん 第1回「夜明け前」

2019/01/06 Category: 2019年_いだてん

自分が視聴していた中で最も現在に近い大河ドラマとなった今回のいだてん。箱根駅伝の大ファンである自分としては、その創設者である金栗四三さんがテーマの1人となるということで楽しみにしています。物語は、落語家の古今亭志ん生が寄席に向かう1959年から始まります。

これ以降初回ということ、さらに主人公が時代の違う2人であることから、次々と時代が行ったり来たりするので、話しについて行くのに精いっぱいとなってしまいますが、なんとかくらいついていきます。

今回は、柔道の創始者である嘉納治五郎が日本にオリンピックを根付かせるために悪戦苦闘をしながら、金栗四三という「いだてん」を見つけ出すまでの物語。役所広司さんは主人公ではありませんが、もの凄く熱く気合いの入った演技をしていて初めから飲み込まれてしまいました。ちょっと前に大手住宅メーカーのCMで恐竜に襲われそうになっていたイメージが大きかったのですが、今回でそのイメージは塗り替えることができました。

次回からは、金栗四三に関して深掘りしていくようです。ドラマ一作品で2人が主人公になるというのも新しい展開ですが、話としてうまく引き継いでいけるのか楽しみにしたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いだてん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/1/6時点)

西郷どん 最終回「敬天愛人」

2018/12/16 Category: 2018年_西郷どん

とうとう最終回を迎えました。西南戦争は最終局面を迎えており、敗走を続け鹿児島まで戻ってきます。もう勝ち目はないと分かっていても自分が最後の武士としてのシンボル的な人物であることを重々承知していている西郷は、最後の地である城山で政府軍の総攻撃に備えます。対する政府軍には西郷従道がいてこの戦を止めることはもうできないと糸たちに話します。西郷家が一丸となって生きて行く姿を夢見ていた従道ですが、これによって絶たれてしまうことになります。

一方で、政府の中枢である大久保は博覧会を成功させるべく奔走していたのですが、西南戦争のことが頭から離れません。総攻撃をする前に、大久保は西郷にあてて手紙を出します。それは降伏すれば西郷の命は救うというものでした。これまでの西郷の言動を考えると、この打診に対してYESとなるはずもないことは、大久保にも分かっていたとは思いますが、おそらく彼ができる最大限の譲歩だったのでしょう。

そして総攻撃の日。西郷軍は勇猛果敢に突撃し、政府軍と対しますが、最期の時を迎えます。西郷の最後は自刃ではなく、銃弾をあびてしまうことによって命を落とす描写でしたね。「もうここらでよか」という言葉を最後に残しながら。

個人的には、西郷亡き後の世界をもう少し見てみたかったです。物語の初めが上野の銅像からだったので、そこに戻ってきながら、従道や菊次郎がどのように過ごしていったのか日本がどのように変革を迎えたかなど。大久保は残念な命の落とし方をしてしまいますが、それまでの功績が脚光を浴びるいい機会になったのではないでしょうか。西郷と大久保が盟友であったものを引き裂いてしまった直接的な要因は大久保であるように今回も描かれています。史実なのかどうかわかりませんが、今回西郷が亡くなった際に号泣した大久保は最後の最後に吉之助と一蔵に戻れたのだと思います。

西郷隆盛についてはこれまで大河ドラマでも登場する人気キャラクターではありますが、鈴木亮平さんによってまた違った西郷を楽しむことが出来ました。一年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

西郷どん 第46回「西南戦争」

2018/12/09 Category: 2018年_西郷どん

政府に真意を問いただすとして薩摩から軍を進めていった西郷ですが、大規模に兵を進めることによって政府からどのように見られるかは分かっていたと思います。それでも西郷は不満が爆発した士族たちの思いを行動にしなくては、暴発してしまうことに対して危機感をもっていたのだと思います。

これまでも同じような認識で西南戦争を見ていましたが、その認識通りの状況なんだなと感じました。数日前に別な番組で田原坂の戦いについて深く考察していたものがありましたが、今回のドラマの中では非常にあっさりしていたように思えます。

敗戦を続ける中で西郷は軍の解散を宣言し、それぞれに自由に生きることを命じます。西郷が感じた思いは次回最終回に語られるようですが、なんとなくあっさりし過ぎていてあっけなさすら感じました。最終回は、大久保との思い、糸ととの思い、色々な感情の糸が静かにほどかれていくのだと期待したいところです。

■紀行■
・熊本県熊本市
 田原坂 三の坂
 JR「田原坂」下車 徒歩30分

・宮崎県延岡市
 西郷隆盛宿陣跡資料館
 JR「延岡」からバス「俵野」下車 徒歩5分