あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2010年_龍馬伝


龍馬伝 最終回「龍の魂」

2010年11月 28日 By: rainbow Category: 2010年_龍馬伝 1 Comment →

一年間このドラマをずっと見てきた思いを胸に始まる前から早くもくるものがありこの調子ではこの先どうなってしまうのか思いやられる状況のなか始まりました。歴史の中で自分たちは近江屋が暗殺の舞台になったということを知っているので、龍馬には早くその場から逃げて欲しいという思いがありましたが、龍馬はいつものように近江屋の周りで落ち着いています。

さらに近江屋を中心として、新政府綱領八策を書き上げ各藩に送り、越前にいる松平春嶽のもとに実際に行って説明までします。誰もが龍馬の書いた「○○○」に誰が入るのか疑心暗鬼になり始めます。ここまで龍馬の動きが気になるのは龍馬という存在が日本にとってかけがえのない大きな存在になっているからでしょう。薩摩や長州にも届いたのですが、今回土佐藩の山内容堂がどのように感じたのか最後まで分からなかったのは残念です。彼や後藤象二郎はどのように感じたのでしょうか。

その龍馬を暗殺しようとする面子の一人に市川亀治郎がいるのに驚きました。暗殺者はなんだか顔を隠してあまり目立たないのですが、なぜか露出が多いなと思っていたら亀治郎さんでした。風林火山の武田信玄以来の大河ドラマ復帰、といってもたった数十分の場面ではありますが。短いワンポイントといえども、弥太郎に思いを語る場面は思わず息を呑んでしまいました。さすが役者といえる演技で、顔の表情だけでこれまで抱いてきた無念を感じ取ることができます。香川照之さんと二人で濃密な迫真の演技の時間でした。

龍馬を暗殺した人に関しては様々な説があるようですが、今回は見廻組の今井信郎を中心とするメンバーによるものとして物語をすすめています。ほとんど即死だったという「その時」ですが、龍馬は思いの外意識をもって中岡と話をしています。自分ができることは十分できたという思いはどこかにあったのだと思いますが、その後のプライベートの思いをことごとく実現できなかったことが龍馬にとって心残りだったのだと思います。

そんな龍馬と物語の中で密接に関わってきた岩崎弥太郎ですが、最後に再び人情的な思いを龍馬にぶつけます。自分が龍馬を信じてしまったがために稼いでしまった5000両を龍馬に返すといいながらも、龍馬は弥太郎に自分にはできない日本一の会社を興して日本中の人々を幸せにするために使うように説得し、「達者でのう」と送り出します。それが最後でした。嫌な予感がして走って龍馬に会いに来る弥太郎は、やっぱり泥まみれになっていて最後もずぶぬれ状態。最後の回想シーンの後に亡くなるのですが、目も半開きで笑いながら逆さまになってなくなっていきます。すごい最期でした。始めから最後まで体当たり演技でした。香川さん、本当にご苦労様でしたといいたいです。次の坂の上の雲でももうすぐ亡くなってしまいますが、がんばってほしいですね。

この後、自分としては勝海舟と西郷の無血開城など龍馬に関わった人々がどのように龍馬の思いを受け継ぎながら明治政府を立ち上げ、時代を突き抜けていったのか知りたいという思いがありましたが、残念ながら実現しませんでした。その時歴史は動いた、ではないのですが、きっと多くの視聴者はそれを望んでいたのではないでしょうか。気になるので色々とこれから勉強していきたいと思います。

物語全体として、時代を駆け抜けていった坂本龍馬のそれぞれの場面での思いや影響を受けた人々の思いを知るいい機会となったことに対して、今回の大河ドラマに感謝したいと思います。自分としては大河ドラマの映像を全般的に光を抑えたようなものにするという斬新な手法も初めてで、新鮮な大河ドラマとなりました。

次回は、再び戦国時代に戻り浅井三姉妹の一人であるお江の生涯を描いた作品で、篤姫の脚本を手がけた田渕久美子さんのオリジナルとなるそうです。このあたりの時代を行ったり来たりしている印象がある大河ドラマですが、新たな物語を通して何を伝えたいのか、しっかりと見ていきたいと思います。

最後に、今年一年龍馬伝のつたない感想を読んでいただきありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

◆龍馬伝紀行◆
京都府京都市
 - 坂本龍馬・中岡慎太郎像(京都霊山護国神社)
 - 近江屋跡
 - 坂本龍馬・中岡慎太郎の墓(京都霊山護国神社)
東京都千代田区
 - 三菱一号館
東京都江東区清澄
 - 清澄庭園
東京都台東区池之端
 - 旧岩崎邸庭園
高知県高知市桂浜
 - 坂本龍馬像

 

 

龍馬伝 第47回「大政奉還」

2010年11月 21日 By: rainbow Category: 2010年_龍馬伝 No Comments →

龍馬伝最大にして最後の大きな出来事である大政奉還の時がやってきました。山内容堂の建白書を慶喜に提示する後藤象二郎の風貌は怪しさにあふれていて、特にもみ上げ部分については少し手入れをした方がいいんじゃないかと思わず感じてしまい程で、本編と関係ないところで気になってしまいます。

一度出してしまった建白書を慶喜がどのように受け取るかは分からないと落ち着いていた龍馬も、ただ何もしなかった訳ではなく永井玄蕃頭に直談判押してこれが功を奏し永井玄蕃頭から慶喜に対して大政奉還の進言をしてもらう結果となります。

今回、何度も思ったことではありますが坂本龍馬が大胆に行なった活動の1つ1つをとってみると、それだけで命を失った人が多いような行動だったにも関わらず、龍馬は無事に自分の考えを相手に伝えることに成功しています。もちろんドラマの演出の部分もあるとは思いますが、実際にあったことも多いことから運が強かったのか、相手に聞かせる能力を持っていたのかどちらかだと思います。

なんとなく、途中から最終回を意識したようなカットが増えてきます。例えば、膿で龍馬が一人で思い巡らしているシーンや、六分儀で空を眺めて将来の夢について熱く語るシーン、そして極めつけは勝先生の登場でしょう。やっぱり龍馬というと武田鉄矢を思い出すので、二人が並ぶとどっちが龍馬だか分からなくなる錯覚に襲われます。

久しぶりに見た勝麟太郎は、以前通り男らしくさっぱりした男でした。普通なら自分の役職を奪ってしまう行動をしている龍馬のことを憎むはずなのですが、実際には叱咤激励をするだけでなく龍馬の命を救うことまでします。日本を変える男は何か特別な魅力をもっているのかもしれません。

大政奉還が成立したその時、龍馬は大いに喜びます。その嬉しさは見ている方にも感動を与えるのかなと思っていたのですが、何となくロッキーを思い浮かべてしまいました。福山雅治さんと感情が自分にまで届く香川照之さんの違いについて改めて考えてみると、それは表情で演技ができるかどうかだと思います。香川さんは泥臭い役回りが多いのですが、その時々の表情によって見る側に感情を伝えます。それに対して福山さんは、演技はすごいのですが表情から感情がいまいち伝わってこないような気がします。1年間見続けてやがてそれもなくなるだろうと思ってきたのですが、最後までそれを感じてしまいました。きっと次回何らかの作品で登場する際にはもっと素晴らしい演技ができると思います。

その弥太郎ですが、言葉では龍馬のことを恨みながらもどこかで龍馬を信じている自分がいました。銃を大政奉還前にすべて売って利益を得たことに罪悪感を感じたことでしょう。それでも、しっかりと龍馬の存在が大きく影響を及ぼしていたことは間違いありません。次回の最終回で、直接話をする機会もあるようなので、どのように気持ちを表現するのか楽しみにしたいと思います。

いよいよ、次回は最後。今まで同盟同志だった薩摩の西郷や長州の木戸とも険悪なムードが漂い始め、まさに四面楚歌の状態になりつつあるなかで、龍馬はどのように後世に思いを残し、それがどのように実を結んでいくのかをしっかりと確認したいですね。

◆龍馬伝紀行◆
大政奉還ゆかりの地
京都府京都市
 - 二条城
 - 二条城二ノ丸御殿
 - 二ノ丸御殿大広間
 - 酢屋(海援隊京都支部)

 

 

龍馬伝 第46回「土佐の大勝負」

2010年11月 14日 By: rainbow Category: 2010年_龍馬伝 No Comments →

今回は、大河ドラマの良さを実感する素晴らしい内容となりました。歴史上の大きな出来事をその通りに描くのでは、そこに新たな発見はないのですが、歴史上大きな流れができるその直前や、状況が変わるときの裏側、そしてそれに関わる人々の思いがわかるのは、大河ドラマならではではないかと思います。そういう意味で今回の内容は十分それを満たすものでした。

時は薩長を中心に武力にて倒幕する流れ。それに対して大政奉還という歴史の事実にどのようにしてなっていったのか、それは土佐の役割が非常に大きかったのです。土佐に戻ってきた龍馬は、山内容堂にこれいからの日本のあるべき姿を臆せずに話し、それに容堂は応じ大政奉還の建白書を幕府に提示するのです。

始めは龍馬と会うことさえしたくなかった容堂の気を変えたのは、後藤象二郎の心からの訴えでした。自分の龍馬に対する嫉妬というものはあまり人には見せたくないものですが、それをあえて容堂に告白しそれでも情熱や日本のためにはやらざるを得ないという熱意に容堂は負けたのではないかと思います。そんな同志の熱いバックアップがあってこそ、土佐を動かすことができたのです。

もちろん、容堂を動かしたのは後藤だけでなく武市半平太の存在もあったことでしょう。下士であっても実力がある人のことを認めていた容堂はきちんと正しいと思うことに耳を貸すだけの大きな器がありました。それを龍馬は知っていたからこそ、今回のような直訴ができたのでしょう。そういう意味ではしっかりと武市さんの遺志もついでいるのです。

今回、特に大きな歴史上の出来事は起こりませんでしたが、容堂、後藤、龍馬たちのこれからの日本を変えようとする熱い思いと、どのようにしてその考えに至ったかがライブでわかる迫力ある内容でした。

そして、再び別枠の描写となった弥太郎についても、周囲に弥太郎のやりかたに従いたいという思いを持った人々が現れます。こういった人々が今後どのように活躍していくのか、おそらく物語としては多くを語らないでしょうが楽しみです。

そんな弥太郎を、未だ元気な酔っ払い弥次郎とおかんがしっかりと見張っているのですから、弥太郎もうかうかしていられません。とくにおかんは、回想シーンでも弥太郎に注意をしているくらいですから恐ろしくなります。

あと40日と、とうとう日にちでのカウントダウンが始まった龍馬の余命ですが、山内容堂が書いた建白書を携えて日本は大きく変わろうとしています。

◆龍馬伝紀行◆
坂本龍馬ゆかりの地
高知県高知市
 - 袂石
 - 中城家
 - 吸江庵跡
 - 竹林寺
 - 坂本家墓所
 

 

 

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

価格:2,980円(税込、送料別)

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

価格:3,800円(税込、送料別)

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ...

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ…

価格:13,500円(税込、送料別)

龍馬伝 第45回「龍馬の休日」

2010年11月 07日 By: rainbow Category: 2010年_龍馬伝 No Comments →

題名だけを聞くとまるで「ローマの休日」のように聞こえてきます。おそらくスタッフが完全に狙っていたもので、オードリー役はお龍ということなんでしょうね。内容的には残念ながらローマの休日とは関係がありません。

龍馬を取り巻く激動の動きの中で、今回はふと力を抜いた内容となりました。これまで夫婦といえども完全に放置状態になっていたお龍のもとに帰ってきた龍馬ですが、そのお龍は子供たちを相手にピストルの腕前を披露しています。密かにポイントだったのは、おばちゃんという言葉に反応し、「おばちゃんじゃない、お龍だ」と訂正するのを忘れませんでした。本当にこう言ったのかどうか分かりませんが、少なくともこの時の子供は完全に怯えていました。

もう一つ、今でもありそうな場面だったのは、龍馬の朝帰りでしょう。久しぶりに帰ってきた龍馬と夫婦水入らずで過ごしたいと思うお龍は、次々とやってくる龍馬と過ごしたい人の圧力に負けてしまい、飲みに行ってきなさいと承諾します。飲みに行った先でベロンベロンになってしまった龍馬は次の朝、隣に見知らぬ女性が眠っているのに焦ってダッシュで逃げるように帰り、寝ずに起きていたお龍に謝り倒します。

ここからは完全にお龍の独壇場でした。平手でひっぱたいた後に1曲歌うように要求します。ところがとっさに歌う曲が出てこずに、慌てる龍馬。なんだか微笑ましくなると同時に、歌う曲がなければ自分の曲でも歌えばよかったのに、なんて考えてしまいます。

そんな彼らも永久の別れになってしまうので、今回は1回分を割いて十分な時間を取って二人のひとときをしっかりとおさえておきたかったのでしょう。しかし、何らかのメッセージがそこからあまり見えてこないので、「あぁ、夫婦水入らずだな」と感じるに留まってしまっているように感じました。

時代はこの時でもどんどん進み、長州と薩摩はすでに大政奉還ではなく武力で幕府を潰す方法を選ぼうとしていました。もはや龍馬が何を言っても話を聞く状況ではありません。その状況を見れば、弥太郎が考えるように戦争が起きると予想するのはごもっともでしょう。

その弥太郎は、土佐商会を辞めさせられ自分で自由に商売をするように決意します。弥太郎は商売に身分や品など関係ない、稼ぐことができる人が勝ち、そうでない人は負けるという、今では当たり前のことを述べるのです。多分この時代においてはこんな考え方はないでしょうが、きっとこういった様々な壁を乗り越えて三菱が成功する礎がこうやってできたんだなと実感します。

さて、次回はとうとう龍馬が容堂と会って土佐を大きく方向転換させようとします。この勝負がどう出るか、あと2ヶ月をどのように描いていくのかタノシミしたいと思います。

◆龍馬伝紀行◆
お龍ゆかりの地
神奈川県横須賀市
 - お龍の胸像
 - お龍のお墓(信楽寺)

 

 

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

価格:2,980円(税込、送料別)

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

価格:3,800円(税込、送料別)

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ...

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ…

価格:13,500円(税込、送料別)

龍馬伝 第44回「雨の逃亡者」

2010年10月 31日 By: rainbow Category: 2010年_龍馬伝 No Comments →

だんだんクライマックスが近づいてきました。ここから龍馬が亡くなるまでのひとつひとつの出来事が非常に重要で大きい出来事になっていき、それぞれについて話を1回分ずつ割り振っている感じがします。そんな今回はイギリス軍艦の水兵が殺害されたことに端を発する龍馬への追求の手でした。

この事件自体は自分も知らなかったのですが、これによってこれまで順調に来ていた商売やお元、そして龍馬が苦難に直面することになります。もともと龍馬のことをよく思っていなかった長崎奉行はこの事件を海援隊の仕業だと決めつけ、その長である龍馬を引っ捕らえるつもりでした。この事件だけに特化して考えてみれば、弥太郎が言うように弥太郎やお元も完全にとばっちりを受けたのかもしれません。

ここで弥太郎が龍馬に対してこれ以上関わりたくないというセリフを残すのですが、これがきっかけでその後も龍馬に対しては厳しい口調で回想するようになってしまったのではないかと思います。確かに、この時だけみると弥太郎としては自分が直接関係ないところで、自分の商売の邪魔をされたことによって憤りを感じたのでしょうが、その商売の礎を作ってくれたのも龍馬なのではないかと考えると、もう少し冷静になってもよかったのはないかと思います。

今回の最大の山場はお元でしょう。今までキリシタンだということを隠し自分の心の中に龍馬のいうみんなが笑って暮らせる世界を夢見てきたのですが、長崎奉行によってその夢ははかなくも散っていくことになります。お元の身元を調査されキリシタンであることがばれてしまい、逃走の末で海岸で龍馬に見つかります。龍馬がなぜ広い長崎でピンポイントでお元を探し当てることができたのかはわかりませんが、きっとお元の携帯品に探知機がついていたからだと思うようにします。

その結果、日本からイギリスへお元は行くことになり、そこで新たな道を探すことになります。船に乗っていく最中に、昔どこかで同じ場面をみたなとデジャブを感じたのですが、あれは吉田松陰先生でしたね。あの時のように失敗するんじゃないかと冷や冷やしてました。蒼井優さん、そんなにニコニコしないで警戒しようよと親心的な感じで眺めてしまいます。

今回強く感じたのは、英雄になることと死は表裏一体であるということ。惣之丞が長崎奉行に単身出かけていって身の潔白を証言しようとしました。結果的に惣之丞は帰還し海援隊の英雄になりましたが、一歩間違えれば、殺されていたりもしくは拷問されたりすることになるでしょう。この時代では、小さいことでも大きな分かれ道がたくさん潜んでいるので、ある意味ギャンブル的な感じなのでしょうね。スリリングだけど面白い時代といえます。

そんな龍馬伝もあとすこし。カウントダウンが迫ってきました。

◆龍馬伝紀行◆
隠れキリシタンゆかりの地
長崎県長崎市
– 大浦天主堂
– 信徒発見のレリーフ
– サンタ・クララ教会(秘密教会)跡
– 長崎奉行所跡
– 浦上天主堂

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

「龍馬の水ぜよ」500ml×24本

価格:2,980円(税込、送料別)

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

戦国掛時計【龍馬伝・坂本龍馬】

価格:3,800円(税込、送料別)

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ...

2010年のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の坂本龍馬になれる!あなたの顔で坂本龍馬オリジナルフィギ…

価格:13,500円(税込、送料別)