あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ITテクノロジー


ボタンを押さなくても行き先階に停まるエレベーター

2016年5月 01日 By: rainbow Category: ITテクノロジー No Comments →

ビルによってエレベーターの運転状況は様々ですが、朝の始業時間帯に集中する人を上手くさばくことができずに長い行列になってしまったり、他の階に行こうとしている人の流れを遮ってしまうこともあります。こういう状況を見るとエレベーターの稼働方法は奥が深いなと感じます。

そんなエレベーターですが、なんと行き先階のボタンを押さなくても自動で自分が行きたい階にいってくれるという素晴らしいエレベーターが誕生しました。作ったのはエレベーターの大手である三菱電機です。

まず、利用者が入口のセキュリティゲートを通るときに、社員証などから利用者の情報を取得して行き先階を自動でシステムに登録します。利用者に応じて、エレベーターが割り当てられ、利用者がゲートを通過するときにどのエレベーターに乗っていいのか示されるので、利用者は迷わずにそのエレベーターが繰るのを待ちます。

なので、利用者は、エレベーターホールで昇り・降りのボタンを押さなくてもエレベーターが到着し、指定されたエレベーターに乗り込んだ後も、行き先のボタンを押す必要はありません。

こういった手間を取り除けるだけでなく、同じ行き先の利用者を同じエレベーターに集めることで、停止する階を少なくし、待ち時間や乗車時間の短縮にもつなげることができるという素晴らし効果も期待することができるのです。

これによって、行きたい階が同じ者同士が同じエレベーターに乗車することになるので、上の階に行くのに下の方から順番に停止することによる時間のロスと精神的なものを軽減することができるのです。

このように、ただ単に単調に動作するのではなく、ある目的を持って時々刻々かわる利用者の負担を考えながら取り除いてくれる仕組みこそが、ITの真骨頂といえるもの。今後の多くのビルで導入が期待されます。

もう少し早く会社に到着して、余裕のある行動をすれば、エレベーターも空いていて何の問題も無いというお言葉は、今回あえて聞かなかったことにしたいと思います。

(参考)ITmediaニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/08/news128.html

パソコンのファン回転音を抑える方法

2011年7月 04日 By: rainbow Category: ITテクノロジー No Comments →

夏が本格化し部屋の中も暑くなりつつあるなか、パソコンを使っていて困るのがファンの騒音ではないでしょうか。「ぶーん」と猛烈な音をだして、他のすべての音を打ち消してしまい不快感が高まるのですが、なかなかいい方法がなくて困っているという人も多いと思います。

自分も、パソコンを買い換える前はファンがものすごい音を出して回転し、液晶ディスプレイも縦線が増えていくし劣悪な環境のなかで利用していました。買い換えてからはそういうこともなくなりましたが、いつこのような状況になってもおかしくないように、ファンの回転音を抑える方法を紹介したいと思います。間違ってもパソコンをたたいたりしないようにしてください。

◆対策1: プロセスをチェック

ゲームなどのアプリケーションを起動しCPUをフル稼働させるとファンが狂ったように回転しはじめることがありますが、これは正常な動作です。しかし、そういったアプリケーションを使っていないのにファンが激しく回っている時は、過剰にCPUを消費しているプロセスがないかチェックしてみます。

・手順1: 「Ctrl + Shift + Esc」でタスクマネージャを立ち上げます
      (Macの場合「/Applications/Utilities」にあるアクティビティモニタ)
・手順2:  「プロセス」タブをクリックして、CPUパワーを異常に消費しているプロセスがないか探します。

プロセスが暴走すると、CPU使用率が100%近くになることがあります。ただし、System Idle ProcessだけはCPU使用率が高くても問題ありません。もしすべてのプロセスのCPU使用率が低いまま(20%以内)なら、CPUの暴走ではなく、ファン自体の故障の疑いがあります。

ビデオカードのファンが暴走している可能性もあります。その場合はドライバーを更新してみるとよいでしょう。可能性は薄いですが、試してみる価値はあります。

◆対策2: パソコンを冷やす

そもそもPCは熱くなりやすいのです。デスクトップPCの中は機器がぎゅう詰めになっていて熱がこもりやすいですし、ノートPCをずっとひざの上で使っていたりすると熱が逃げていきません。そうなるとPCがオーバーヒート状態になり、ファンが狂ったように回転するのです。

冷却シートなどパソコンを冷やすためのツールはパソコンショップに行くと売っているので、そういうものを利用して少しでもファンの回転をおさえます。また夏は直射日光に当て過ぎないことが大切です。ノートPCには耐熱限界があり、温度が限界に近づくとファンを含めて機器の誤動作が起きやすくなります。

◆対策3: ファンをお掃除する

ここまで試してだめなら、PCを開けてみるしかありません。オーバーヒートの原因となる埃を一掃しましょう。特にファンの埃は大敵なのですが、パソコンの中を開けるということをなかなかしないでしょう。家の中でパソコンに得意な人がいたらその人にやってもらいましょう。その際に外したねじは必ず元に戻せるように忘れないようにしてください。

うまく外すことができたら、エアーダスターを使ってたまった埃を取り除きます。それでもだめなら、ファンの取り換えを検討しましょう。ノートPCのファンはメーカーからの取り寄せが必要かもしれませんが、通常はパソコンショップで購入できます。

ファンの音がうるさくなったということは、少なからず何らかの対策が求められています。そのまま放置するとパソコン自体の故障の要因にもなりかねません。基本的に変な動きをしていないことを確認したら、速やかに冷やすことを考えるというプロセスをふんで対策を打っていくといいと思います。

節電対応などで室内温度は例年以上に高くなることが考えられる今年の夏ですが、パソコンを長く快適に使うためにも覚えておきたい方法といえます。

【参考】lifehacker http://www.lifehacker.jp/2011/07/110627-blue-fan.html

Lavieにおける文字入力時レスポンス遅延問題

2011年6月 22日 By: rainbow Category: ITテクノロジー 1 Comment →

6年間使ってきた東芝のパソコンQosmio G20がとうとう起動しなくなってしまいました。これまで数週間に1度の割合でディスプレイに消えることのない縦線が出始め、いつかは交換しないといけないと思っていました。この東芝の縦線問題は様々な人が経験している問題らしく、自分は購入して2年でこれが出始めたため一度3万円出して修理を行っていました。

しかし、すでに20本も出ている縦線を修理するのであれば新しく購入した方がいいという判断から、最近では粘れるまで使っていこうとしていた矢先、キーボード部分にジュースをこぼしてしまいとうとう起動しなくなってしまったのです。

新しくパソコンを購入するのはいいのですが、一番気になるのは保存している子供の写真が無事がどうか。そこに不安は集中しつつ、新宿の大手量販店2店舗を行き来して、購入したのはNECのLavie LL750/ES6というもの。東芝の故障で交換することになったので、違うメーカーにしようと思っていたのですが、やはり信頼できると感じたのはNECでした。キーボードの配置も斬新でかっこよかったので、以前から目をつけていたLavieを購入することにします。

店頭では、新しく始まったNEC DirectというWebによる直販もあって、Webページで自分が必要なスペックにカスタマイズできて、定価よりも30%程度安くなるサービスがあり魅力的だったのですが、納期が1週間から10日かかるということから、すぐにでも利用したい自分としては泣く泣く店頭に置かれているモデルから選ばざるを得なくなりました。なるべく安く、子供の写真やハンディカムの動画を保存できるBlu-ray搭載モデルという条件から選ばれたのがこのLL750/ES6というモデル。119800円で18%ポイント還元から、店員さんの好意でさらに2000円割引した価格で決着。出口まで段ボールを持ってくれるという手厚いサービスでルンルンで帰宅します。

そこから、深夜までセットアップ。壊れたパソコンのハードディスクを取り出して、新しいパソコンのUSBに接続して外付けHDDとして認識させるためケーブルをあわせて購入していたので、どきどきしながらそれを新しいパソコンに差してみると、しっかりと古いハードディスクからデータを読み出すことに成功します。奥さんと2人で泣きそうになりながら喜び、数時間かかってデータ復旧。こういうことがあるとデジタルの怖さを改めて感じ、しっかりとバックアップをとっておかなければと思います。

そしていざ使ってみると、一つの問題にぶつかります。キーボードで文字を入力するとそれが表示されるのですが、文字を打ってから表示されるまでのレスポンスが微妙に遅いのです。1秒にも満たない遅延なのですが書き込んでいてかなりのストレスになります。問題として考えられるのは以下の4通りだと考えました。

1. インストールしたEset Smart SecurityもしくはATOKが悪さをしている
2. コントロールパネルでの何らかの設定による
3. メモリが足らない
4. 仕様である

1については、アンインストールしても事象が回復せず、改めてOSから再セットアップしてみても、標準ではいっているIMEにしても変わらないことから関係ないと判断しました。2については、コントロールパネルからキーボードという項目を選択し、「表示までの待ち時間」「表示の間隔」という設定を最も速くしたにも関わらず変化がみられないので関係なし。3については、4GB積んでいて足らないはずはないのですがもしそうならMAXの8GBにする覚悟も持っていました。4については、Core i7の最高CPUを積んでいる最新モデルなのでこのような基本的な動作が遅い仕様はありえないと判断。

様々な調査を行った結果、ある一つの情報に行き着きます。その設定を行うことによって、この表示レスポンスが遅い問題は一気に解決に向かいました。その設定とは、NX PADと呼ばれるタッチパット部分の設定でした。ノートパソコンには必ずある手を置く部分にあるマウスの動作をするこのパッドはUSBマウスが差されると自動的に動作しないように無効化されます。

しかし、この「自動的」に落とし穴があったのです。おそらく、パッドに手が当たるたびに文字の入力プロセスに割り込み要求が発生しているのだと思いますが、パッドに知らずのうちに触れるたび文字入力が遅くなっていたのです。これを解決するために、「コントロールパネル」→「マウス」→「USBマウス接続時の動作」→「常時NX PADを使用しない」とします。これによって、文字の入力から表示までの時間を限りなくリアルタイムにすることができます。

これはどのマニュアルにも載っていないことであり、価格.com等でも広く取り上げられている問題です。この問題があるので、Lavieの購入を断念したと話している人もいることからかなりの機会損失だと考えられます。是非今後マニュアルへの掲載もしくはハード的に問題を解決してほしいと思います。

新しいパソコンを使うとなんだか心までも軽くなったような気持ちになります。これまでの苦労も今では快適に利用できていることから無駄ではなかったのかなと思えるとともに、いろんなことをこのパソコンでやっていこうと改めて思います。

■■!!新品・即納!!在庫有り■■NEC LaVie L LL750/ES6R PC-LL750ES6R [クリスタルレッド]

■■!!新品・即納!!在庫有り■■NEC LaVie L LL750/ES6R PC-LL750ES6R [クリスタルレッド]
価格:112,500円(税込、送料別)

サーバー移転計画の決行

2010年11月 09日 By: rainbow Category: ITテクノロジー No Comments →

この「あしたまにあーな」は、これまでさくらインターネットのレンタルサーバーを利用してご提供してきました。タイプは多くの人が利用している月額500円で10GB分のスペースを利用できるスタンダードプランです。さくらインターネットは大きな企業も利用しており、この業界では老舗中の老舗。サーバーの安定度は抜群です。


ところが、記事数の増加およびブログツールであるwordpressのプラグイン数の増加に伴って、記事投稿中や閲覧中に「HTTP 503 – Service Temporarily Unavailable」が表示されることが多くなりました。これはレンタルサーバの宿命で、多くの人で1台のサーバを共有していてあまり多く利用している人がいれば、一定以上のアクセスを制限して、全体として安定して運用する仕組みなので仕方ないのです。

しかし、閲覧している方が503のエラーで見れなくなっている割合が全体のアクセス数の5%以上もあることから、これ以上は無視することができないと判断し、サーバーの移転をすることにしました。記事を投稿してから完了するまでの時間が長いのも移転の要因の1つです。

新しいサーバーの要件は以下の通り。
・PHP5を使えること
・wordpressを使っている実績があること
・MySQLが使えること
・月額1000円以下であること
・なるべく容量が大きいこと

この要件に当てはまったのが、ABLENETです。様々なサイト上でも評判はそこそこ安定しており、それでいて、25GBまでで月額875円。それでいて転送量も無制限というのですからかなり格安でしょう。もちろん共有サーバを利用するので、アクセス制限はあると思いますが、今よりはかなりよくなると考え、早速移転することにします。

申込みをしてから、1日で完了メールが届き設定も完了していざ使い始めます。ドメインはそのまま利用するので、利用者から見れば何も変わらないのですが、その入れ物が全然変わっているのです。データベースの移行やファイルの移行など数時間の作業の後、今は安定して速度もかなり上がりました。

これで、閲覧してくれる人が少しでも見やすくストレスなく利用してくれるなら安いものでしょう。この移転がよかったと思えるように、これからも充実したサイト作りをしていきたいと思います。

※今、下記お客様紹介キャンペーン番号を申し込む時に入力いただき1年契約をすると、3ヶ月のサーバー無料期間が付いてきてお得です。是非ご利用下さい。
お客様紹介キャンペーン番号: a706140

JPG・PNG・GIFの使い分け方

2010年10月 27日 By: rainbow Category: ITテクノロジー No Comments →

アナログの時代において写真はカメラ屋さんで現像に出して入手するものでしたが、デジタル化が進んだ今そのほとんどがパソコン上でのファイルとして保管している時代となりました。だからこそ、現像した写真への温かみを感じてしまうのですが、これからどんどんこの流れは進んでいき、ほとんどすべての写真はファイルに取って代わるものと思われます。

そんなデジタル画像にはいくつかの種類があります。大きく、JPG、 PNG、 GIFという3つの形式があり、その他にもBMPなどがあります。デジカメで撮った写真のファイル名の最後にJPGなどと書かれているのを見たことがある人も多いでしょうが、それがファイルの形式になります。画像ファイルを作成する際にこれらの形式についてちょっとした知識があれば、より綺麗な画像を保存しておくことができます。

そこで、今回はデジタル画像の形式についてそれぞれの使い分け方について見ていきたいと思います。

◆JPG(Joint Photographic Experts Group)
JPGはジョイント・フォトグラフィック・エキスパート・グループがプロのカメラマンの標準となるように開発したファイルの形式です。画像ファイルをまずはピクセルと呼ばれる小さな四角に分解し、ピクセル内の微妙な色を単純化することによってデータ量を圧縮していきます。

JPG形式は、一度圧縮してしまうと元の画像に復元することができないという短所があります。元の画像をJPGにして、大きくして表示してみると凸凹しているのが分かると思います。これを元の滑らかな画像に戻すことができないのです。ぼやけたり、かすれたりすることがあるので、活字や線、またシャープな輪郭を含む写真にも向きません。

長所としては大きな画像をものすごく小さいデータ量にすることができるので、保存という観点で非常に優れています。なので、デジカメなどでは比較的標準のファイル形式として利用されています。

JPEGが表現できる色としては、24ビットRGB、CMYK、8ビットグレースケールの全てに対応しているので、用途によってカラフルなものから白黒まで対応しています。

◆GIF(Graphics Interchange Format)
GIFはJPEGと同じように古くからあるファイル形式です。GIFは写真以外の画像をサポートするのに使われていました。それはGIFという画像が表現できる色に関わりがあります。

GIFが表現できる色としては、8ビットカラーのファイルです。画像内で特定の256色しか使うことができないことから写真のようにカラフルな色を表現することができないのです。なので、JPEGなど他のファイル形式からGIFに変換すると色情報が失われて変な色になってしまいます。

そんなGIFの特徴としては、透明色が使えることに加えて動画を作成することができます。アニメーションGIFと呼ばれるもので、複数の画像を1つのファイルにまとめて、それを表示するとパラパラ漫画のようになるのです。

GIFは、デジタルデータの中で同じ配列の部分をまとめることによって圧縮しているので、もとのデータに戻すことができます。そのため、線をくっきり保つことができます。そこでフォントや幾何学的な形状を描くのに用いられます。

◆PNG(Portable Network Graphics)
PNGはGIFが使用している技術が特許の問題で論争を起こした時に、GIFに代わるオープンな技術として開発されました。

PNGが表現できる色としては、GIFのように8ビットカラー画像をサポートしていますが、JPGのように24ビットカラーRGB画像もサポートしています。またデータを圧縮前に戻すことができるので、画像の質を落とすこともありません。

PNGはGIFよりも透明色を用いた画像を作るのに適しています。しかしこれまでの3つのファイル形式の中ではファイルサイズが一番大きくなりがちで、古いブラウザではサポートされていない場合もあるので注意が必要です。

このように、ファイル形式には様々な特徴があり利用用途によって使い分けていくことによってデジタル画像を表現力豊かなものとして保存することができます。

その中でJPGは最高画質でもPNGファイルよりもファイルサイズが小さくでき、サムネイルのような小さい画像の場合は、JPGの非鮮明さは虫眼鏡で見るなどしないと気にならない程度なので、通常写真などの画像はJPGで保存し利用するのがベストといえるでしょう。

【参考】GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2010/10/jpgpnggif.html

世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録 世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録
(2007/05)
大室 はじめ

商品詳細を見る