あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2015年_花燃ゆ


花燃ゆ 最終回「いざ、鹿鳴館へ」

2015年12月 13日 By: rainbow Category: 2015年_花燃ゆ No Comments →

始まって以来様々な批評を受けてきた花燃ゆですが、とうとう最終回となってしまいました。オープニングの曲はすごく好きだったので、最終回でフルバージョンを見ることができなかったのが少し残念です。また、延長もせずにいつもの尺で終了してしまうのも寂しいですが、その分しっかり見たいとおもいます。

前回から話題になっていた群馬への鉄道敷設の話から物語は始まります。貴族や有力な実業家たちが毎夜社交の場として活用している鹿鳴館を利用して楫取たちは資金集めに奔走します。鹿鳴館での伊藤は昔の伊藤のままで伊藤博文というよりも劇団ひとりとして登場しているかのような軽い雰囲気なのが面白いところで、かえって人間味溢れる演技となりました。

その鹿鳴館の中で資金援助をすることになった決め手は今回もやはり美和でした。女性達に全ての人が教育を受ける権利持っていること、そしてそれを実践している群馬の人々の力で自分たちが今着ている服もできている可能性があるということを婦人たちに知ってもらい、彼女たちが実業家の人々へ後押ししてくれたことによって実現したものでした。

群馬への鉄道建設を終え、さらに就業率が全国ナンバー1になったことで、楫取は自分の引き際を考えます。そしてそれに付いていく形で美和も群馬の地を離れることに。残り時間も少ないことからこの辺りで群馬の先の話がどこまで進むのかちょっと不安になってきます。その予想は的中し、汽車に乗る二人の姿ばかりが映し出され、話は終わってしまいます。

その後の楫取や美和の偉業は、花燃ゆ紀行の中で詳しく話されるのですが、こういう重要な話こそ本編の中でしっかりと描いて欲しかったと思います。近年の大河ドラマではない、亡くなる間際シーンがないのは、老いた姿を見せることがないので比較的楽なのですが、彼らが晩年どのようにして過ごし、日本にどのような影響を及ぼしたのか、そのあたりに見せ場がないならまだしも、ちょっと調べただけでも数多く登場します。

こうして物語は終わってしまったのですが、最近大河ドラマはフィクションであり、歴史をそのまま描写しているものではないことから、楽しめる要素を数多く盛り込み、視聴者もそれを分かった上で楽しむことが望ましいと思うようになりました。

その中で、花燃ゆは前半は吉田松陰の生き様を、そして後半は楫取素彦の生き様を文(美和)という人物を通して見ていくことができました。しかし一方で幕末から明治という激動の時代は、見るものとしてはやはり命を削って生き抜く姿をダイナミックに表現して欲しかったと思います。

ホームドラマとしては良いのですが、そういったスケールの大きさがもう少しあれば、物語全体に厚みが増したのではないかと思います。

一年間、ありがとうございました。また来年も引き続き真田丸を楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県防府市

花燃ゆ 第49回「二人の再婚」

2015年12月 06日 By: rainbow Category: 2015年_花燃ゆ No Comments →

物語の前半は完全に楫取と美和のプロポーズネタでした。美和にとって大きな人生の転機になるだけに大きく取り扱いたいというのはわかるのですが、個人的には群馬県政なども気になっていたので、この次の展開を期待してみていました。

そして、めでたく結婚することになり、昔の面々も登場し祝福ムードになります。一つだけ気になったのが、婚姻届を出したという事実を職員が阿久沢たちにまるで号外かのように伝えに来る場面。一応婚姻届を提出する業務はプライバシーを守るべきものなのではないかと思うのですが、思い切り周知していることが今の時代ではないだろうなと思ってしまいます。

後半は群馬県政にとって大きな流れが登場します。それが前橋までの鉄道建設でした。ここで大きく影響力を持ったのが毛利家の面々。様々な資金面での相談にのりながら、自分たちだけでは厳しいとわかると鹿鳴館の舞踏会でのプレゼンをする機会を創出するなど、もの凄く助かる動きをしてくれています。この辺り、美和も結果的には奥の仕事を務めた事によって得られた人脈をフル活用しているといえます。都美姫も元気そうでよかったです。

さて、次回はとうとう最終回。夫婦になってもまだ20代の頃と変わらないような外見の二人が今後どのような結末を迎えていくのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
東京都千代田区
 - 鹿鳴館跡

山口県防府市
 - 旧毛利家本邸

花燃ゆ 第48回「富岡製糸場の危機」

2015年11月 29日 By: rainbow Category: 2015年_花燃ゆ No Comments →

今回は、富岡製糸場に関してというよりも、教育問題に心血を注ぐ美和と楫取という内容の比重が高かったのではないでしょうか。しかし明治になってこれまで教育をまともに受けられなかった層の人々が、今回のようにどんどんそういう場を作ってくれるのは、将来の世の中にとって本当にプラスになります。

花燃ゆで描かれている楫取のように、即断即決し周囲も熱意を持ってそれを支える姿、そして阿久沢が言っていたように将来のための政治というものが目に見える形で庶民に提供されること、そうした努力を政治家がすることによって、世の中はきっと良くなっていくと信じられるのではないでしょうか。そんなことを考えさせられた内容となりました。

終盤は美和と楫取の再婚に向けた周囲からのプッシュという若干プライベートな部分で興味が薄くなってしまいましたが、次回はそれがメインとなる模様。残りもあと少しなので、物語全般をどのように締めくくるのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県富岡市
 - 富岡製糸場

花燃ゆ 第47回「姉妹の約束」

2015年11月 22日 By: rainbow Category: 2015年_花燃ゆ No Comments →

群馬は徐々に様々ば取り組みが功を奏し、順調に物事が進み始めていましたが、その中で突如生糸の暴落が発生します。前回も同じような事が起こりましたが、前回は群馬の生糸に粗悪品が混ざったことによる信用劣化が原因でした。

しかし今回はグローバルな経済の流れの中での暴落であり、群馬の生糸だけではなんともなりません。そこで楫取達が考えたのがアメリカに渡っている新井領一郎に力を借りて直接交渉をすることによって大口契約を取り付けるというもの。この作戦が見事に的中し、確実な販路を手にすることができるようになります。

しかし、それもつかの間。今度は価格が急騰し、一生懸命作った販路を利用しなくても高く売りさばける状況になります。早速リチャードソンとの契約を反故にして売りまくろうとする阿久沢ですが、そこにまったをかけたのが楫取でした。ここでも楫取は100年後に安心して暮らせるような基盤を構築することが大切だと説得します。

今まであれれば阿久沢の意見に賛同する者が多かった県庁ですが、今では楫取に与する職員が増えたことによって、楫取の意見が採用され、リチャードソンとの契約を守ろうと奮闘します。初めは、反対した手前協力出来なかった阿久沢ですが、結果として妻の手助けもあり、ともに群馬のために力を貸すことになり、物語としては非常にハッピーエンドとなります。

この政治経済部分は非常に良かったのですが、妻の寿に関しては悲しい結果になってしまいました。これまで憔悴しきった演技をずっと続けていた優香ですが、今回とうとう亡くなってしまいます。亡くなるまでずっと若作りな雰囲気だったので、20代でなくなったのかと思っていたのですが、歳が40代ということで驚きました。

美和も相当歳をとっているはずなのですが、奥にいる頃からほとんど容姿を変えない状況にあります。一体どこで老けた雰囲気を出すのでしょうか。

残り少なくなってきましたが、次回は富岡製糸場が危機になるようです。今、世界遺産登録で湧いている富岡製糸場なので、話題としては十分。どのように人々は守っていくのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県前橋市/東京都港区
 - 臨江閣

花燃ゆ 第46回「未来への絆」

2015年11月 15日 By: rainbow Category: 2015年_花燃ゆ No Comments →

このドラマを見ていると人間関係に関するトラブルも時間と根気によってなんとかなると感じられてきます。おそらくこの時代において、結婚していない男女が同じ宿の同じ部屋で寝泊まりをするという行動は、もの凄く破廉恥な行動に見えたことでしょう。

それによって、楫取は公務に支障を来し、美和は周囲から白い目で見られるのですが、それもやがて収まっていき西南戦争で捕らえられた捕虜たちの話しになると何事もなかったかのように周囲に頭を下げて回ります。視聴者としてはさっきまであんなに悩んでいたこと、そして前回のメインテーマであった生糸の共同施設建設のことなどがどこに行ってしまったのだろうと若干置いてけぼり感がありましたが、それでも主人公達がこうして徐々にその土地に慣れていく様子を見るのは嬉しい限りです。

その捕虜達を受け入れるところで、楫取は捕虜達に自立した人生を歩んで欲しいと強く訴えます。こうした取り組みがやがて日本の各地に当たり前のように根付いていくのだと思いますが、それを先だって行った楫取の言動はもの凄く参考になります。こういった近代における著名人を扱う大河ドラマも悪くないなと思える一場面でした。

さて、残りも数少なくなってきて、お姉さんも次回無くなる見込み。美和と楫取の関係、群馬の行く末など見所が急に増えてきた感がありますが、楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県太田市/高崎市/前橋市
 - 新田神社/多胡碑/前橋東照宮