あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ブックレビュー


お金が貯まらない人に共通する10個の要素

2011年12月 20日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

ボーナスや給料が支給されても、すぐにどこかになくなってしまうという人はかなり多いと思います。自分も結婚するまでは、色々な物に無駄遣いしたものですが、結婚し子供がうまれると将来必要なお金というものが見えてしまうので、ある程度は貯めていかないとと思い始めてます。

マネーカウンセラーの田口智隆は、著書「「なぜかお金が貯まる人」がやっていること」のなかで、お金の管理は人生の管理だとして、自己管理能力とお金の管理を紐づけています。さらに著書の中で、田口さんはお金が貯まらない人に見られる10個の要素をまとめているので、それと自分の今の状況を比較してみるのも面白いと思います。以下、その10個を紹介します。

1.週に何度もATMでお金をおろしている
ATMで頻繁にお金をおろしていると、自分がどれだけ使っているかの感覚が麻痺してきます。

2.自分が悪くなくても謝ってしまう
「すいません」をすぐにいう人は、相手に流されやすいからので、お金は貯まりません。

3.いつも残業をしがちである
頑張って残業してもお金が稼げるわけではなく、疲労とストレスだけが溜まります。時間は有限なのです。

4.使いかけの調味料がいくつもある
使いかけの調味料はムダ使いの象徴です。

5.ランチで即決できない
優柔不断は自分にとって必要なものを見極められないということ。不必要なものに手を出してしまうことも。

6.店員に対して横柄な態度をとる
横柄な態度は自分の自信のなさの現われです。他人の気持ちを考えることができない人は、自分の気持ちをしっかりとコントロールできていないといえます。

7.三十歳を過ぎても親と同居している
若いうちからお金を貯められている人の多くは一人暮らしをして自己管理能力が養われている人です。

8.「夜ふかしは贅沢」だと思っている
深夜遅くまで起きている人はお金を貯められません。例えば、夜はタクシー代など割高になってしまいます。

9.気が付けば全然運動をしていない
運動は健康維持のために必要ですが、それが出来ていないということは、自己管理ができていないということ。健康的な体を維持することはお金の貯蓄にもつながります。

10.自分の会社以外のことに関心を持っていない
毎日が「会社一色」も悪い傾向です。会社に満足すると自分の現状に満足してしまうため、その後の自分の進歩が止まってしまいます。社外の人間と付き合い、世界を広げることが大切です。

こうしてみてくると、多少こじつけに感じてしまう部分もありますが、おおむね納得できるものもあることがわかります。1、4についてはお金や物への関わり方という面で貯金する行為に直結するため、意識しておきたいものといえます。

その他、2、3、6、10というのは、直接貯金には関係しませんが、そういった行動をしていることによって、いずれ多角的に人間が成長し、それに伴って収入が上がるというビジネス雑誌的な考え方でしょう。これだけを実践してもあまり意味がなく、複合的に自分を高める行動を積極的に取る必要があります。

その他の部分については、その真偽が怪しい面もあるので納得できるという方は実践してみるといいのではないでしょうか。大切なことは、お金に関心を持ち、無駄な出費をしないこと、そして収入を増やす努力をすること。それこそが王道であり、最終的な近道となるのではないかと思います。

【参考】新刊.JP http://www.sinkan.jp/news/index_2396.html

「なぜかお金が貯まる人」がやっていること 「なぜかお金が貯まる人」がやっていること
(2011/11/18)
田口 智隆

商品詳細を見る

賛否両論?! ジワジワ来るシリーズ

2011年10月 06日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

日頃ユーモアたっぷりで会社内でムードメーカー的な先輩から1冊の本を手渡されました。

その本のタイトルは「ジワジワ来る○○(マルマル)?思わず二度見しちゃう面白画像集」というもので、タイトル通り偶然にできた産物であるおもしろ画像を集め、そこに一言コメントを追加した写真集になります。

画像集に掲載されている画像を大きく分類すると以下に分けることができます。

1. 動物があたかも人間の振る舞いのような表情や仕草を見せる画像
2. 人間が作ったものだが、当初の目的以外の解釈をすることができる画像
3. 日常生活であり得ないシチュエーション

狙っておらず、かつ普通ではあり得ない状況というものに対して、面白さはうまれるので、まさに本1冊すべてがその笑いの壺を押さえた作品になっているといえます。

詳細は、本屋で立ち読みをするか購入して読んでほしいのですが、この本を借りた自分と女性の先輩は電車の中でこれを読み始め、自分は30ページほど、先輩は8ページで笑いをこらえきれず読むのを断念してしまうほどの破壊力を秘めています。笑ってはいけないという状況下に置かれているからこそ、余計ぐっと来たのかもしれません。

そんな面白画像集ですが、Amazonの評価では星が5個中2個半と非常に悪い結果となっています。ここまでおもしろい内容なのにどうして低評価なのだろうかと、レビューを見てみると一様に著作権に関する懸念が書かれていました。どうやらインターネット上に転がっている様々な画像を集めて、それにコメントをして出版している模様です。その状況に、様々な方面から批判が集中していることがわかります。

この問題が明確に違法なのかどうなのかは非常にグレーな部分だと思います。ネット上から作品を集めて一言コメントを書き足して自分の作品として出版する、法律的にはグレーなのですが、一般の人からの心情としてはやはり問題があるように思えてなりません。この画像集のなかに自分の作品が含まれているという人から見れば、非常に複雑な心境でしょう。

内容自体は、非常に面白くユーモアあふれる内容となっているので一見の価値はあると思いますが、それと読者に対するケアは別のもの。難しい問題を内在させていることは確かなようです。

ジワジワ来る○○(マルマル)?思わず二度見しちゃう面白画像集 ジワジワ来る○○(マルマル)?思わず二度見しちゃう面白画像集
(2011/07/12)
片岡K

商品詳細を見る

プロの残業術

2011年7月 20日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

ノー残業の推進は今や企業文化の一つとして当たり前になってきました。自分の会社でもノー残業デーという緊急案件がある人以外はなるべく定時で帰りましょうという日があり、ほとんどの人が帰っていきます。このように、残業をしないことが善であり、残業をすることが悪で非効率的であるという考えが浸透して、これを疑う人がほとんどいなくなってきました。

しかし、残業をしないで定時で仕事を終わらせることばかりが真なのか、自分の中で疑問が残っていたのも事実でした。確かに、効率的に仕事を仕様とするのは正しいことですし、無駄な時間をなるべく減らすことは重要です。ただ本当にするべき残業があるのであれば、それはしっかりとこなし将来の自分にとって効果をもたらすものでなければなりません。

では、そのような効果を生む残業とは何なのでしょうか。その疑問に対して一つの方向性を指し示している数少ない書籍がネバダ・ジャパン・コンファレンス代表の長野慶太さんによる「プロの残業」です。自分は、この本のなかで引っかかっていたもののヒントを得たような感じがしました。

それは、残業をせずに定時で帰ることが必ずしも精神的にプラスになるものではないし、ビジネスの中でも一様に有益であるとはいえないということ。この本から学んだ考え方は以下の通りです。

*****

1. 中途半端で終わらせるのではなく、方向性を決めてから安心して帰るべし

定時時間にとらわれて中途半端で仕事を終わらせると、精神衛生上もよろしくないばかりか、鉄を熱いうちに打てなくなります。また優先順位を決めて高いものから仕事をするというスキームがよく語れられていますが、これだと毎日優先順位の高いもの(緊急かつ重要なもの)が次々とやってくる状況の中で、優先順位の低いものに手をつけることができずに、いつまで経ってもアウトプットを出すことができません。

なので、一定のめどを一気に残業時間の中で出してしまうことが大切なのです。そのための方法として、BBB(幅広さをもっと追求すべき)、DDD(もっと掘り下げるべき)、AAA(可能性を追求すべき)といった略語を使って、いち早く完成させる方法があります。

2. 残業時間は自分自身を成長させるための仕事をせよ

残業時間は自分を成長させるためと考え、定時時間内ではできないような、深く考えたり、情報を収集したりして仕事の付加価値を追求します。そのため、定時時間中は、とにかく手を動かすことができる仕事に集中することができるようになります。

3. 空腹で仕事をしない

空腹で仕事をしていると、いつか健康を害してしまいます。なので、時間を見積もって遅くなりそうなら必ず肉まん一つでもいいのでお腹に入れてあげる事が大切です。抜け出しにくい職場ならトイレに行くふりをしてでも食べろと著者は言っています。自分の職場はそこまでではないので、自分で判断して空腹を避けたいと思います。

*****

このように、残業は長期的に見ると自分を高める有効な方法であることがわかります。もちろん、世の中にある残業をしない技術についても、無駄を排除して効率的に仕事をするというところはくみ取るべきところだと思いますが、本筆者も言っているように「考える」という行動に効率化はできません。じっくりと考えて結論を出すことができる環境は、静かで自分の仕事に集中できる時間しかないのです。

イギリスの歴史学者パーキンソンは、「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて使い切るまで膨張する」というパーキンソンの法則を示しています。つまり時間はあればあるだけ使ってしまうので、区切りが必要だということになります。

この考え方はすごく大切です。そのためにも「このくらいの仕事であれば、2時間でできる」という目安をあらかじめ立てることが重要だと思います。その見積もりを正確にたてるためにも、スキルやノウハウが必要であり、それはやってみるしかないのです。その経験の積み重ねが人を成長させるのです。

そう考えると、残業に関する考え方を少し変えてみる必要がありそうだと、思えるきっかけを与えてくれた著書となりました。

プロの残業術。 一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか? プロの残業術。 一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか?
(2009/08/22)
長野慶太

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方 雲の果て

2011年7月 09日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

すでに開始から15年以上が経過している村山由佳さんの「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズですが、このたびセカンドシーズンの5作目「雲の果て」が登場しました。

はじめは勝利が熱でうなされる場面から始まります。前回までの内容を踏まえているのですが、肝心の前回の話題を頑なに今回の内容に記述したくないのか、そこは「察しろよ」と言われているようだったので、あえて深く突っ込まないで読み進めます。

自分は今回の内容をすべて読み終わった後に、前回の「凍える月」の最後の場面を読んでみたのですが、この最後の部分と今回の始まりから全編にわたって漂う勝利の償いの気持ちには若干の行間があることが改めてわかります。

勝利は前回の「事件」のあと、単身で秀人さんが研究を続けているオーストラリアに向かいます。大学を休学して大好きなかれんとの関係をも断ち切ってまで日本を離れなければならないほど、勝利にとってその「事件」は大きなものだったのでしょう。かれんからの手紙が読まれることもないので、今回はまるで物語が変わってしまったかのように勝利のエアーズロックでの出来事が中心に書かれています。

おそらく勝利が出てこなかったら、全く別な話になっていたでしょう。これまでのおいコーを彷彿とさせるのは、わずかに登場する丈の手紙や勝利の回想くらいでしょうか。というわけで、文化人類学の研究に没頭し、少しずつオーストラリアでの生活になれつつある勝利の物語が始まります。

エアーズロックは、ウルル・カタジュタ国立公園という中にある一枚岩ですが、自分も数年前に奥さんとともに登ったことがあります。登ってみると360度のどこまでも続く地平線をみることができ、なんだか世界観が全く違って見えてくるのが不思議でした。さらに、現地のアボリジニであるアナング族の文化を知るきっかけにもなりました。

そんな自分が行ったことがある場所だけでに、読みながら「あそこの話ね」と想像することができたので違った楽しみ方ができました。話の中でそういったアナング族の生活や思いを伝えているところがあるのも、そういった文化と歴史的背景が深く心に刻まれてしまったからなのだと思います。おそらく行かれたことがある方は、このあたりは自分も同じようにみて感じた部分だと思える内容だと思います。

勝利は、研究をしながらも徐々に現地で働く女性から信頼されるようになり、プライベートな家族の問題にまで入り込んで仲介していくようになります。最後の場面でも同世代の女性との関係が続いた状態で終わったので、次回もこのあたりが進んでいくだろうなと想像できます。

自分としては、このあたりの内容からどうやってかれんや星野りつ子、マスターや丈といった関係者との話につながっていかせるのか、まだ先が見えないのでもどかしく思ってしまいます。おそらく、今は勝利にとって何かを乗り越えるための大切な試練の時なのだと思います。題名にあるように「雲の果て」には何があるのか、勝利には今、まだそれが見えていないのでしょう。あとがきで作者が最終的なイメージがわいたとおっしゃっていたので、そこに期待したいと思います。

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS) おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS)
(2011/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS) おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS)
(2010/05/31)
村山 由佳

商品詳細を見る

3日坊主にならないためのコツ

2011年4月 23日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

「新年」と名が付く季節に、人々は新たな目標を掲げます。例えば、1月。新年にお参りに行くと必ず一年の願いを伝え自分も「こんな自分になる」と心に誓うことが必ず1つはあることでしょう。そしてもう一つの新年は4月の新年度。学年が上がったり新しい生活が始まるときに、自分への目標を掲げます。例えば、大学で新年度にやる気がありあまって多くの一般教養科目をとるのですが、大体5月のゴールデンウィークを越えた当たりから、このやる気が急速にしぼんできて、どうしてこんなに取ってしまったのだろうと後悔する人もいるのではないでしょうか。

ゴールデンウィークまで続けばいいのですが、文字通り三日坊主となってしまう悲惨な状況もあります。一度決めたことを続けるための方法というものが求められる今、その方法を青木仁志さんの著書である「一生続ける技術」からみていきたいと思います。

◆「完璧主義」は継続の敵
新しい目標を立てたばかりの時というのは、ついつい決めたことを完璧にこなそうと思いがちです。短期的な目標ならばそれでもいいですが、長期的な訓練や努力を要する目標の場合、その完璧主義は重荷になってしまいます。その結果、その重荷が自分へのストレスとなって逃れたくなってしまい、続かなくなってしまうのです。あまり日々の取り組みに対して厳格になりすぎず、その日やろうと思ったことが達成できなくても引きずらないように心がけましょう。

◆毎朝その日のスケジュールを確認する
一日の始まりである朝に、その日のスケジュールを確認することで、目標達成に効果的な行動計画が磨かれます。例えば「英語を習得したい」という目標があるなら、毎日スケジュール作りで試行錯誤しているうちに、最も集中できて効率的な学習時間帯がわかってくるはずですし、毎日の中の無駄な時間を洗い出すこともできます。

◆自己正当化をしない
「言い訳」「自己正当化」「無責任」が三日坊主になったり、挫折したりする原因です。例えばキャリアアップのための学習なら、ついさぼってしまっても誰にも迷惑がかかりません。自分を監視する人間は自分しかいないのです。だから、さぼった言い訳や、さぼったことに対する自己正当化はいくらでもできます。毎日やると決めていたことができなかった日があったとしても、自分への言い訳を考えるのではなく、事実を受け止めて、またやり直せばいいのです。

以上のことは、決して自分へ甘く生きるということではありません。できない日が続くと次第にその目標自体が忘れ去られていってしまいます。それを防止するためには、どうしてその目標を立てたのか、それを実現すると自分にとってどんなにうれしいことがあるのかを手帳などに書いておくといいと思います。そして目の届く場所でそれを定期的に眺めることによって、初心を思い出すことができると思います。せっかく志を高くもってたてた目標なのですから、振り返りの際に実現できたらいいですね。

【参考】新刊JP http://www.sinkan.jp/news/index_1894.html?top_menu4

一生続ける技術 一生続ける技術
(2011/03/01)
青木仁志

商品詳細を見る