あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 男のレシピ > かぼちゃソース焼きそばの悲劇


かぼちゃソース焼きそばの悲劇

2012/07/08 Category: 男のレシピ

嫌いという人はおそらくいないのではないかと思う料理の一つとしてソース焼きそばがあります。各地のB級グルメでも常連として登場しているソース焼きそばは老若男女が好物であると認める一品でしょう。

さらに、その作りやすさも人気を支えている要因でしょう。様々な具材を炒めて、そこにそばを入れてさらに炒めると完成というシンプルな料理法は迷うところもありません。

今日の夕食は奥さんが忙しいこともあり、自分が「焼きそばなら簡単に作れるから、やっておくよ」と立候補。意気揚々と作り出します。

焼きそばの具は、豚肉、キャベツ、そして残っていたかぼちゃ。かぼちゃは炒めただけでは火が通らないだろうということでレンジで数分加熱した後にフライパンの中に。さらに豚肉とキャベツを入れて炒め、そこにそばを投入します。

ここまでは、比較的スムーズに事が進むのですが、ここでまず一つ目の失敗。それは水を数十cc多く入れてしまったのです。規定量を超えた水分は、その量がわずかでも悲しい状況を作り出します。結果、ねっちょりと固まったソース焼きそばになってしまいます。水分の分量は正確に、これが教訓の一つ目。

さらに、かぼちゃが麺に絡まるに従って、姿が見えなくなっていきます。嫌な予感がしたのですが、時は既に遅く、麺の表面がソースよりもかぼちゃの味しかせず、それが口の中でぱさぱさとなる悲劇が生まれます。ソース焼きそばにかぼちゃはNG、それが2つめの教訓でした。

一つの料理で2つもの教訓を知ることができたことは大きいのですが、家族には冷ややかな目で見られ、奥さんも「大丈夫だよ」と慰めてくれつつも、目は笑っていません。子供は正直で「なんか酸っぱい」と意味不明なことをいいながら、南アルプスの天然水をジョボジョボと焼きそばに投入して食べています。

次回こそは、ソース焼きそばを美味しく作ると心に誓いながら、自分で作った悲しいソース焼きそばを責任をもって食べ続けました。





コメント

*



トラックバックURL