あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



幼児の車内放置の限界時間が明らかに

2011年8月 09日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

暑くなってくると、必ずニュースで話題になるのがパチンコなどで小さな子供を車内に長時間放置した結果、熱中症で死亡させてしまうケース。放置した親側に世間から非難の声が集まり自分たちも子供を死なせてしまった後悔に人生が狂わされる残酷な事件なのです。

パチンコ業界も、放置したままパチンコをしないように客側に呼びかけを行っていますが、パチンコだけでなくスーパーなどでの買い物時など同様のケースが発生する機会が多いことから、最終的には小さな子供を持つ親一人一人が注意を払っていなければ防ぐことはできません。

このニュースを見ていて気になるのが、長時間放置するという際の「長時間」がどのくらいの時間をさすのかということ。この時間概念を正確に把握しておくことで認識の誤りを正し事件の再発防止にもつながります。その時間について名古屋工業大学と金沢医科大学の研究グループが分析を行った結果を発表いたしました。

それによると、日が差し込む気温45度の密閉された車内において、3歳児ではわずか13分で熱中症になってしまうというのです。同条件において大人は1時間以上大丈夫だったのに対して、子供は大人の感覚以上に短時間で熱中症になってしまう危険性をデータを持って実証したのです。

一般に体温の上昇や発汗に伴って、体内から体重の約3%の水分が失われると熱中症になるといわれています。小さい子供は大人と比べて体温調節機能が不十分であるため、大人としては耐えられる環境も、過酷な状況に居なってしまうのです。

実験では、気温が45度の時と40度の時でそれぞれ水分が失われる時間を調べた結果、3歳児の場合45度では13分、40度でも17分であったことが示されています。いずれも大人では1時間以上かかっていることを考慮すると、子供がいかに熱中症になりやすいかわかるででしょう。

車内温度状況(JAF調べ)

実際には、JAFによると気温が23度程度であっても車内温度は48.7度にまで上がることが報告されており、23度以上になっていることが普通となっている現在、車内温度は上記の実験にある車内温度45度を大きく上回っている状況になっていることでしょう。つまり、実際には13分よりもはるかに短い時間で子供は熱中症になってしまうということになります。

そう考えると今回の実験結果は、数分でも放置することは危険であると改めて認識すべきであることがわかります。悲惨な事件を起こさないようにするためにも一人一人の親の心がけが大切なのです。

【参考】
・日本経済新聞 夕刊 2011/08/09
・JAF http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail1.htm

YMCA 夏の体操教室

2011年7月 26日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

猛暑が続き、なかなか子供を日中に外で遊ばせるのが不安なのですが、子供にしてみれば幼稚園も夏休みに突入し、有り余る体力を室内で十分消費することができないのでストレスもたまりがちになります。

そこで奥さんがとった作戦は、体操教室に通うこと。しっかりとした指導のもとに正しい運動をすることができ、体力もいい感じに消費してくれ、親も楽をすることができるというまさに一石三鳥にもなるすばらしい作戦です。

早速子供と一緒にYMCAの幼児体育というプログラムに参加するためにYMCAに向かいます。行く途中は「行きたくない、家にいる」と抵抗をみせるも、家を出るとノリノリで自分の手を引っ張って走っていきます。

YMCAの前に到着すると、思い出したかのように「おうちに帰る」と涙目になりますが、お友達もたくさんいるなかで泣くのは男のプライドが許せないのか、ぐっとこらえて中に入っていきます。こうやって覚悟を決めたときの彼は本当に強く、これ以降泣き言を言ったりはしません。

しばらく待つと、インストラクター(ここでは、リーダーと呼ぶそうです)に導かれ教室の中に入っていきました。大人は階段の隙間からこそっと様子を見ることができる程度で、何人ものお母さん方が我が子を見つめていました。自分もその列に並び子供の様子を眺めます。

プログラムは、10人ちょっとのクラスで4人のリーダーがいるという手厚さで、準備体操から始まります。楽しく体を動かしているリーダーを見ていると子供たちも自然と笑顔になっていくのがわかります。体操の楽しさを十分伝えてくれているのだなと感じます。

その後は、マットの上をごろごろしたり跳んだりはねたり、リレーをしたり、鉄棒をしたりしながらあっという間の1時間のプログラムが過ぎていきます。比較的ハードな運動だと大人ながらに思うのですが、へたっている子供もおらず、終始楽しいオーラが出ていて、リーダーの方のおかげなのだと感じます。

そんな運動にしっかり付いていく子供を見ると、なんか成長したなとつくづく思います。しっかりと指示を受け止め、その通りにできたり、隣の子供とにこやかに談笑していたりする様子を見ると、社交的なスキルを確実に身につけていることがわかって嬉しくなります。こういうちょっとした成長を感じることができると、見に行ってよかったと思えてきます。

終わった後、「体操楽しかった」と笑顔で話す子供。自分ができる精一杯の気持ちを込めて子供に「よく頑張ったね、すごかったよ」と言ってあげると、恥ずかしそうにはにかみます。

家に帰った後は、よほど疲れたのか、こてっと眠ってしまいました。体操のスキルが付くことも大切ですが、子供が楽しく続けられるように大人ができる限りサポートしてあげることによって、もっともっと子供も楽しくなって興味が広がっていくのだと思います。そんな子供の成長を感じた休日でした。

親子でうきうきスキンシップあそび〈42〉0~3歳児編 親子でうきうきスキンシップあそび〈42〉0~3歳児編
(2007/08)
皆川 尚子

商品詳細を見る

幼児の牛乳飲み過ぎは体に悪いのか

2011年1月 04日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

3歳の子供は昔からすごく牛乳が好きで、1日に500ミリリットル以上は飲んでいました。朝起きた時から夜寝る前まで牛乳をコップに入れてレンジで少し温めてから飲むというのが彼のお気に入りなのです。

一方で、朝昼晩の三食はあまり食べることなくご飯でいうと数口口に入れるだけでおしまいということも珍しくありません。ご飯をあげてもあまり食べることなく、甘いパンであれば少し食べる程度。好んで食べるものとそうでないものを差がどんどん激しくなっていきます。

この牛乳と食の問題について、相互関係をあまり考えることなくこれまで過ごしてきましたが、気になって調べてみると多くの幼児が牛乳を飲み過ぎてしまい、あまりご飯を食べないという問題に直面していることがわかります。中には鉄欠乏性貧血になってしまう危険性を指摘する人までいるとのこと。

すべてが専門的な議論ではないのですが、思い当たる節があることから最近子供に牛乳をあまり飲ませないようにすることにしました。まだ数日しか経過していないので結果は出ていませんが、このまま様子をみたいと思います。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所のサイトによると同様の質問が来ており、回答者は未だに牛乳の過剰摂取の問題は報告されていないとしながらも、1日平均200ミリリットル程度の牛乳摂取が妥当としています。

なので、これ以上であると過剰摂取ということになるのですが、それ以前に牛乳は100グラムで約60キロカロリーのエネルギーをもっていることから、500ミリリットルで300キロカロリーものエネルギーになり、ほぼ幼児の一食に匹敵します。牛乳だけですべての必要な栄養を摂ることはできないことから、確実にこのままでは栄養が足りない状況になり、子供の成長に関わる問題になりかねません。

今後、幼児への牛乳摂取という課題が科学的に明らかになるのを待ちつつも、目の前の子供に毎日のご飯をおいしく食べてもらい、元気に成長するにはどうしたらいいのかを第一優先に考え、まずは牛乳への取り組みを行なっていきたいと思います。

【参考】
・独立行政法人 国立健康・栄養研究所 http://www.linkdediet.org/
・仙台やすらぎの杜整体院 http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/gyunyu.html

牛乳の飲みすぎに注意しましょう!―牛乳神話完全崩壊〈2004年版〉 (危険警告Books) 牛乳の飲みすぎに注意しましょう!―牛乳神話完全崩壊〈2004年版〉 (危険警告Books)
(2004/04)
外山 利通

商品詳細を見る

なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書) なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)
(2010/08/06)
フランク・オスキー

商品詳細を見る