あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな


西郷どん 第7回「背中の母」

2018/02/18 Category: 2018年_西郷どん

龍右衛門が亡くなり、西郷家では不穏な感じになります。その後母である満佐も血を吐いてしまい、そのことによっていよいよクローズアップされるのが吉之助の嫁問題でした。西郷家を切り盛りしていく人がいなくなってしまうことを恐れた吉兵衛は、吉之助に嫁をとるように強くお願いします。父親が頭を下げるというのはそれなりの覚悟をもっておこなったことなのでしょう。その思いに吉之助は応えます。

そして、やって来たのが伊集院家より須賀でした。いつの時代の今の若者は、、、と言われることがありますが、きっと須賀も当時の大人からはそう見られていたのでしょう。愛想があまりよくなく、旦那様に味噌造りを任せてしまおうと提案したり、当時から見ると殻破りだったのかもしれません。それでも吉兵衛は一生懸命須賀を盛り立てます。そして満佐への愛を語った次の日になくなってしまうのです。この後満佐も亡くなってしまうのですが、その扱いがあまりにも違いすぎるので、風間杜夫さんももう少し、最期の言葉を述べたかったのではないでしょうか。

母の満佐は、桜島を一望できるいつもの場所で、吉之助の背中で思いを語った後に静かになくなっていきます。最愛の母親が亡くなるということは、吉之助にとってどんなにつらいことだったでしょう。これによって、大黒柱となってしまった吉之助、そして、一家を1人で切り盛りしていかなければならなくなった須賀。きっと立て続けになくなった西郷家にやってきたばかりの須賀に対して世間の目は厳しいものになると思いますが、周囲がどのようにケアをしていくのか気になるところ。次回に期待しましょう。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 西郷家の墓
 JR「鹿児島中央」からバス「かけごし」下車 徒歩3分

西郷どん 第6回「謎の漂流者」

2018/02/12 Category: 2018年_西郷どん

前回、御前相撲で優勝し斉彬も破ってしまった吉之助は牢屋に入れられるところから物語は始まります。牢屋の中で出会ったのが今回の中心人物である謎の漂流者。初めのオープニングロールでも「謎の漂流者」と書かれていたのですが、劇団ひとりが登場するとなんだかそれだけでウキウキしてしまうから不思議です。

なにかやってくれるのではないかと思っていたのですが、結果的に彼はジョン万次郎でした。そのセンセーショナルな登場の仕方は彼ならではではないでしょうか。

それにしても、吉之助がなぜ牢屋に入れられたのか今でも謎です。釈放された際も特に要因を説明する場面もなく、何事もなかったかのようにおつとめをしていたところを見ると、一時の感情からお家の人たちが一方的に入れてしまったのではないかと思いますが、もう少し説明が欲しかったです。

ジョン万次郎との関わりの中で、浮かび上がってくるのが「Love」でした。糸は吉之助のことが好きにもかかわらず、全然気付いてくれない吉之助。嫁がなければならない状況が差し迫るなかで、糸は結論を出していきます。自分は間に合わなかったが、誰とでも好きな人と夫婦になれる世の中を作って欲しいと吉之助に切望します。まだこの2人がそのような状況になる日までしばしグッバイですね。

さて次回からは、吉之助に様々な挫折と覚悟が訪れる見込み。藩政に次第に関与していく若手がどのような活躍をするか楽しみにしたいと思います。

西郷どん 第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」

2018/02/04 Category: 2018年_西郷どん

早くも5話目に突入した西郷どん。前回までで猛烈な存在感を発揮していた鹿賀丈史さん演じる斉興が隠居することになり、今回から誰がその座に座ることになるのかと思って見ていたのですが、残念ながら今回はそこまで穴を埋められるほどの人はいなかったような気がします。

最有力であった渡辺謙さん演じる斉彬ですが、当面は斉興の政策を継承するとし、家臣を把握するために主催した相撲大会ですが、最後に勝ち上がってきた吉之助と戦って負けるとそのまま立ち去り吉之助を牢屋に入れてしまいます。優勝したら藩の状況について直訴しようと言い続けていた展開を完全に台無しにしてしまうかのような状況に、若干追いついていけませんでした。

この相撲大会での見所は後の篤姫になる於一でしょう。以前に篤姫を演じていた宮崎あおいさんを思い出しますが、そういった過去に演じた人たちの面影をなくすほどの演技に期待したいです。さて次回は、糸と正助、そして吉之助の間に広がる恋愛模様になる雰囲気です。大河ドラマと恋愛という結びつきには若干苦い思い出があるので、バランスのいい展開になるといいなと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 旧集成館(尚古集成館)
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)