あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > アイドル


意外に多い潜在アイドルオタク

2012年3月 28日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

職場で飲み会が増えるこの時期は、別な道を歩む人を送別し、新しくくる人を歓迎する大切な意味合いがあるのですが、それ以上に飲み会の楽しさは、日頃仕事をしている時とは全く違った性格や趣味などを知ることができることにあります。先日の送別会もまさにそんな要素たっぷりなものとなりました。

いつもは仕事以外の話をあまりしない方と飲んでいたときのことでした。とある人が一発芸が得意だということを暴露し、先日仲間にマルモリダンスを宴席で披露したのですが、完全に外してしまったらしく周囲はどん引き。彼はその日のために一生懸命練習し、自分は福くん、奥さんに愛菜ちゃんをお願いしたそうなのですが、冷たい視線で断られたそうです。仕方がないので一人で踊りの特訓をし続けたのですが、結果は惨敗とのこと。非常に残念な話ではありますが、次回のリベンジに是非自分も同席することで約束を取り付けました。

その人の話をきっかけに、自分の趣味を暴露する人が続出します。その中でもっと盛り上がったのがAKB48でした。周囲はすべておっさんにもかかわらず、推しメンは誰かと真剣に議論しているのです。最近彼女たちは様々な話題があるのですが、当然そんなニュースもすべて把握済み。ここまで熱くなれるのは本当にすごいと思います。

さらに、秋葉原でつんくがプロデュースしているアイドルと会えるお店に通っているという人もいたりして、握手会に参加するよりも、500円で数分間一対一で話ができる優位性をとくとくと語ります。日頃はそんな趣味などおくびにも出さないような人だけで、そのギャップには新鮮さを覚えずにいられませんでした。

このように、飲み会での話題がさらに日常の仕事の中で場を和ませる要素として活用することができるのであれば、飲み会自体の価値も高まるのです。もちろん、持ち出していい話と胸の中に静かにしまっておくべき話もあることから、時と場合によって使い分ける必要はありますが、改めて飲み会のすばらしさを感じたひとときとなりました。

一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方 一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方
(2009/04/01)
難波義行

商品詳細を見る

アイドルDVDイベントはどこまで行くのか

2012年3月 25日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

ずいぶん昔のことですが、会社の先輩に連れられて向かったのは東京・秋葉原にある石丸電気の建物の中でした。会場となるスペースの一つ下の階にあるDVD売り場でDVDを購入するともらえる1枚のチケット、それこそが求めるものである握手会イベント参加券でした。

会場に着くとすでに異様な熱気に包まれ、前から数列は明らかなアイドルのファンらしい人々で埋め尽くされています。手には、どこまで望遠して取ることができるのかわからないくらいものすごいカメラを持っていて、普通のデジタルカメラを持っている自分は完全に場違いな様子。怖じ気づく自分ではありますが、何とか気持ちを立て直しイベント開始です。始めにトークショーがありその後に握手会という流れだったのを思い出します。

時は経ち、アイドルの新作DVD発売イベントはその頃とかなり様子が違っているといいます。サインや握手、それにプラスしてその状況を写真にとってくれるサービスは当たり前であり、ある程度名前の売れたアイドルでないと他と差別化して人を呼ぶことができなくなっているそうなのです。

DVDの売り上げがほぼそのイベントでの売り上げと同じになってしまうというアイドルの場合、上記のようなオーソドックスなイベントではもはや人は来なくなっていて、さらに過剰なサービスが求められるようになっています。以下にそんなサービス例を示します。

・ アイドルの私物を賞品としたじゃんけん大会
・ アイドルが後ろから抱きついてくれるサービス(写真撮影付き)
・ アイドルの膝枕サービス
・ 手作りチョコサービス
・ おにぎりイベント

あるプロダクションの関係者によると、作品としてDVDの中身に興味があるファンは少なくなっているのが現状で、もはやDVDはイベントに参加する入場券といった位置づけになっているといいます。つまりイベントを今後もっともっと充実させていかないと集客することができないという厳しい世界になっていくことになるのです。
DVDやCDに価値があるわけではなく、その周辺のイベントに価値がある。AKB48で広まったこの考え方は、よりニッチな世界であるアイドルDVDの世界で、より過激さを求めてその先に何があるのか分からないまま突き進んでいくことになりそうです。

【参考】NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20120325_97129.html

ラーメンができる3分間アイドルを独占

2012年1月 24日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

その昔、先輩に連れられていった秋葉原のとあるメイドカフェは自分にとって衝撃的なものでした。飲み物は至って普通の値段であり、入り口で注文するとメイド風の女性が飲み物を提供してくれます。メイドカフェに行ったことがない自分は、このようにちょっと風変わりなウェイトレスさんが飲み物を出してくれるサービスを提供してくれるのがメイドカフェなんだと理解していたのですが、実際にはそれだけではありませんでした。

見知らぬ隣の人を見ると、メイド風の女性に500円を渡し、トランプゲームをしていました。そのゲームは1回限りなのですが、それでもその時間はメイド風のウェイトレスさんを独占することができます。これ以上ないくらいにこやかな表情を浮かべ店員さんとゲームを楽しんでいる客が印象的でした。

そんなメイドカフェはその後、秋葉原の代名詞にまで成長し様々なサービスが登場していますが、その秋葉原に現役アイドルがお湯を注いでくれる史上初のカップラーメン屋が登場したというのです。現役アイドルに会えるというのはAKBで有名ですが、このカップラーメン屋では、カップラーメンの代金800円を支払い、できあがるまでの3分間、現役アイドルと会話することができるのです。カップラーメンだけ見るとものすごく高いのですが、独占料金を考慮すると800円という値段は相応の金額といえるでしょう。

このカップラーメン屋「ヌードルカフェ」では、若槻千夏、木下優樹菜、小倉優子といった有名芸能人が所属する芸能事務所・プラチナムプロダクショングループの現役アイドルがもてなしてくれるといいます。アイドルを身近に感じることができるというコンセプトは、まさにAKBのモデルと似ており、彼女たちが全国区になったことから、「ヌードルカフェ」を通じて、ファンがたくさん付きいずれ有名人になることを彼女たちは夢見ているのだと思います。

それを応援するファンとしても、胃袋を満たされるだけでなく、身近なアイドルが知られる存在になる優越感を感じることもできるので、まさに双方にメリットがあるビジネスモデルだといえるでしょう。秋葉原という街から、身近なアイドルというキーワードのお店は、つんくも提供する予定だということから、今後どのような携帯が生き残っていくのか、静観したいと思います。

【参考】oriconグルメ http://gourmet.oricon.co.jp/2006116/full/