あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2009年_天地人 > 天地人 第37回「家康への挑戦状」


天地人 第37回「家康への挑戦状」

2009/09/13 Category: 2009年_天地人

関ヶ原の戦いに向けて導火線に火が付けられる時がやってきました。家康から謀反の疑いがあるというので上洛して申し開きをせよという内容なのですが、上杉からみると完全に言いがかりとしか言いようがない内容のものでした。道路を整備し、武具を集めて、城を築くことが謀反に当たるというのです。

上杉としては、都から会津へ帰るときにすでに分かっていたことなんですよね。逆賊の汚名をきせて上杉を攻めるシナリオはすでに家康の頭の中では固まっていたことで、それを口実にしようとしただけなのかもしれません。あとはいかに誰の目から見ても明らかな理由を付け加えるか、そのタイミングを見ていたのです。城を築いて武具を集めるという行為はその真相が違うところにあるにせよ、他の関係ない大名からみると「豊臣家に謀反を起こし、天下を奪おうとしている」と言われても仕方ない行動に見えることでしょう。

きっかけは些細なことでも、その火の粉が広がると天下分け目の戦いに変わっていくことになります。その戦いを読んでいた兼続たちは白河の革籠原に巨大な防塁を築き、家康の進軍を待つことになるのですが、三成が立ったことを知った家康は西へと引き返していきます。このタイミングは、非常に微妙でした。兼続としては革籠原で家康を一網打尽にすることができると考えていて、再現VTRまで夭死して家康を打ち負かしていたのに、三成の挙兵によってその機会を失ってしまったのです。歴史にタラレバはないのですが、もう少し三成が様子を見て遅く挙兵していたら、家康はどうなっていたのでしょう。

引き返す家康に対して、久々に兼続と景勝が意見を衝突させます。後を追うべきだとするみんなに対して景勝は義に背くとしてNOと言い続けます。景勝は兼続に斬られてしまうかという一触即発な状態を、兼続がふてくされなのかよく分からないのですが諦めるような仕草。最上が攻めてこなかったら完全に納得せずにしこりを残していたかもしれません。

次回からはとうとう関ヶ原の戦い本編です。結果については日本人であれば誰でも知っているようなものですが、その経過と上杉家の生き様をしっかりと見たいと思います。

□■天地人紀行■□
福島県会津若松市/白河市
 神指城跡
 高瀬のけやき
 白河関所
 小峰城跡
 南湖

NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2 NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
(2009/08/26)
大島ミチル

商品詳細を見る




コメント

*


コメント(1)

  1. こんばんは。TB、有難うございました。

    中々、見ごたえのある、13日の放送でしたね。

    上杉景勝は、もの凄く冷静な武将ですね。

    できれば家康軍を追い詰めてほしかったけれど・・・。

    Comment by mikimoi | 2009/09/14 02:36



トラックバックURL