あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



街の香りにみる季節の移ろい

2011年12月 13日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

本格的な寒さを迎え、コートが手放せない季節を迎えました。秋という季節はその導入から冬へとバトンタッチする最後の時まで実に様々な香りを、その時々に応じて届けてくれます。

例えば、秋の初め。今まで暑かった季節も、朝晩が急激に涼しく感じられるようになる頃に街の中に香りが漂うのがキンモクセイの香りです。決して見える範囲にはないのに、どこからともなく漂うキンモクセイの香りと共に、本格的な秋が始まるのだと感じられます。

秋も深まると、落ち葉が地面を敷き詰めるようになり、踏んづけられた落ち葉から秋の香りがします。特に銀杏の黄色い葉は独特の香りがするので、特徴的と言えるでしょう。今年は12月を迎え、落ち葉もどんどん増えていくようになり、近くの公園で子供と二人で落ち葉の山を作って遊びました。

この遊びは、比較的多くの子供たちがやっていて、大きな山になるにつれて注目も浴びるようになり、みんなで山を大きくしようとする人や、山を崩そうとする人でせめぎ合いが起こります。これも秋の風物詩といえると思います。

そして、色々あった一年を締めくくる冬が到来し、街からはどのような香りが漂ってくるのでしょうか。料理や人が作ったもの以外の自然の香りに注力してみるのも面白いのではないでしょうか。

簡単にホクホク焼きいもができるホイル

2010年11月 24日 By: rainbow Category: グルメ No Comments →

石焼きいもが本当においしい季節になりました。最近ではかなり減りましたが街の中で石焼きいもを売っている車の声がすると、無性に食べたくなってしまいます。サツマイモを焼くだけなのですが、プロが作ったものが食べたくなるのは、なかなかあの味を家で引き出すことができないからではないでしょうか。

そのプロが作る石焼きいもを、とあるアイテムを利用するだけで簡単にできるとしたらこんな嬉しいことはありません。それを実現してくれたのが東洋アルミエコープロダクツの「石焼きいも黒ホイル」です。

アルミホイルの片面に黒いインクが印刷加工してある他は、普通のアルミホイルとほとんど変わりありません。このアルミホイルの黒い面を外側にしてサツマイモをしっかりとくるんで、オーブントースターで約20分焼くだけという手軽さで本物志向の石焼きいもを作ることができるというのです。

普通のホイルで作るのと比較して熱が伝わりやすいということのほかに、甘み成分である麦芽糖が多くできるというので、おいしさも格段に上がっているのです。

普通のホイルよりも短い時間で甘くてホクホクした焼きいもを簡単に作ることができるこのアイテム、秋も深まるこの時期に必須のアイテムとなるかもしれませんね。焼きいもだけでなく、焼トウモロコシや焼なすなど様々な焼いて食べる料理にも応用することができそうです。

【参考】日経Plus1 2010/11/20

あなたの秋を感じる瞬間は?

2010年10月 03日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

雨が降り続き、ようやく晴れるとすっかり秋の気配を感じるようになりました。日中帯に子供と遊んでいてもすごく気持ちよく、朝晩は肌寒いくらいにまでになっています。

そんな秋ですが、みなさんは秋をどのような時に感じるでしょうか。escala cafe調べによると、20代女子が「秋を感じる瞬間」ランキングは以下のようになっているといいます。

第1位 「日が落ちるのが早いと感じたとき」(28.1%)
第2位 「半そでが寒くなったとき」(20.1%)
第3位 「空が高くなったとき」(15.7%)
第4位 「紅葉を見たとき」(9.6%)
第5位 「季節の食材が店頭に並んだとき」(8.9%)
第6位 「季節の昆虫の存在を感じたとき」(8.0%)
第7位 「落ち葉を見たとき」(2.6%)
第8位 「冷房を使わなくなったとき」(2.2%)
第9位 「秋らしい植物を見たとき」(1.6%)
第9位 「メディアで秋という言葉を聞いたとき」(1.6%)

20代女子という限られたセグメントに対する調査という点はあるにせよ、この中に1つはあなたの秋を見つける瞬間もみつけることができるのではないでしょうか。

ちなみに、自分はこのランキングのなかで第2位の半袖が一番しっくりきます。クールビズも最後の9月末、いつも通りYシャツで会社に行くために家を出たときに、「あぁ、今日は違うな」と感じました。こうやって秋も深まっていくんですよね。

この他自分が最も秋を感じる瞬間は、キンモクセイの香りが街中に漂い始めるときでしょうか。あの香りは何となくセンチメンタルにさせる要素があるような気がします。

これから、秋からすぐに冬に向かって季節は過ぎていきます。その季節のなかで過ごした出来事が充実していれば、毎年違う思い出を残していくことができるのあと思います。

【参考】escala cafe

 

 

四季咲きキンモクセイ(金木犀)

四季咲きキンモクセイ(金木犀)

価格:2,625円(税込、送料別)