あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 健康食品


マテ茶の魅力を探る

2012年5月 02日 By: rainbow Category: グルメ No Comments →

最近、自動販売機で売り始めたコカ・コーラから発売されている「太陽のマテ茶」を、隣の先輩がすごく美味しそうに飲むので少し頂いてみるとものすごい味がし、久しぶりに特徴のある味に出会ってしまったような気がしました。

先輩は「久しぶりにアタリのお茶に出会ったような気がする」と目を輝かせているのですが、自分には、まったく分かりません。個人的には「久しぶりにのどを通らないお茶に出会ったような気がする」のですが。

そんなことではいけないと、マテ茶についてもっと知るところから始めようとして調べてみることにします。そもそもマテ茶の「マテ」とは一体何者なのかなのですが、南米のアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルを原産とするイェルバ・マテという葉や小枝を使ったお茶のことで、ビタミンやミネラルが多く含まれることから「飲むサラダ」といわれ、野菜が採れにくい南米では貴重な栄養源になっているすごく貴重なものだそうです。

日本の緑茶のようにアルゼンチンではマテ茶が生活に馴染んでいて、マテ茶にシナモンを加えると「愛してる」、はちみつを入れると「結婚しよう」という意思を表すといいます。

以前から日本でも広く普及活動をしていたというマテ茶ですが、世界的にみるとなんとコーヒーや紅茶に並び世界三大飲料の一つに君臨する代表的な飲み物なのです。日本マテ茶協会なる団体も存在し、マテ茶についてマテ茶キャラクタなど色々と知ることができます。

マテ茶にはカフェインが入っているのですが、含有量はコーヒーの約1/4、紅茶の約1/3、緑茶の約1/2程度と非常に少ないです。母乳をあげている人は少量であれば問題ないですが、飲み過ぎには注意する必要があります。

味は、健康という冠がつくと、多少は「そういうもの」であり健康飲料であると割り切ることもできます。美味しいという人とそうでない人がはっきりと分かれるお茶ではありますが、今後激しいお茶商品の争いにどこまで生き残っていけるかが勝負といえそうです。

【参考】
・日本マテ茶協会 http://www.matecha-kyokai.jp/
・Techinsight http://japan.techinsight.jp/2012/05/matetya-cm-model20120502.html

納豆はかき混ぜる程おいしくなるのか

2011年9月 04日 By: rainbow Category: グルメ No Comments →

一時期スーパーで品切れ続出だった納豆も最近では徐々に解消されつつあり、以前よりも多くの種類の納豆をなベル事ができるようになりました。なかでもなかなかお目にかかることができない京都の黒豆納豆は、今までにない食感と風味を楽しむことができてお得な気持ちになったりします。

そんな納豆の基本的な食べ方としては、付属のたれとカラシを入れてかき混ぜて食べるというものですが、かの美食家である北大路魯山人は、かつて「納豆は混ぜれば混ぜるほど美味になる」と述べていたといいます。食べ方としては、まず305回混ぜ、後にショウユを入れ、さらに119回混ぜ、それから薬味とカラシを入れて食べるのが最適だというのです。実に424回も混ぜることになるのです。

確かに、納豆は混ぜるにしたがって泡のような白いもので豆が覆われていき、この泡が味をまろやかにしているような気もします。自分はいつも20回程度しか混ぜていないのですが、このあたりは個人の味覚にもよるものが多いようです。

ちなみに納豆メーカーのタカノフーズによると、納豆をたくさんかき混ぜるとたしかにまろやかにはなりますが、味がおいしくなるとか、栄養価が高まるということは無いとのこと。このまろやかさが「おいしくなる」と感じる要因なのでしょう。

この課題はネット上でも様々な人が議論していて、まぜる回数もまちまちでした。とある有名番組では、納豆を冷蔵庫から出して常温に戻した後、50回をめどに混ぜてからたれ等をいれるといいと紹介しています。

そのまま食べるのもいいですが、何かをトッピングするのもいいでしょう。自分は納豆臭さがなくなるのでネギを入れて食べるのが好きですが、卵を入れるという人もいます。卵を入れることによって納豆菌が繁殖するのだとか。

世の中には納豆について徹底的に調べて、その結果を照会してくれる「納豆学会」なるものまで存在していることを今回発見いたしました。納豆を混ぜて食べる、たったそれだけのことなのですが、単純なものゆえ奥が深いということなのでしょう。

一番大切なのは食べる人が一番おいしく食べることができるということ。自分の一番の食べ方を探してみるのもおもしろいかもしれません。

【参考】
・excite NEWS http://www.excite.co.jp/News/bit/E1314683583522.html
・納豆学会 http://www.nattou.com/