あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2013年_八重の桜 > 八重の桜 第9回「八月の動乱」


八重の桜 第9回「八月の動乱」

2013/03/03 Category: 2013年_八重の桜

先週、奥さんが購入してきてくれたのが八重の桜にちなんだ商品で、「八重のこころざし」という桜ブッセです。

八重のこころざし

しっかりとNHKエンタープライズの承認シールが貼られている正規ものであり、さくらんぼのクリームが口の中でふわっと広がって非常においしく仕上がっています。4個入りで、その大半が子供達によって食べられてしまい、自分が食べることができたのは、その中で数切れ程度。それでもしっかりと桜を堪能することができるので、1個丸ごと食べることができたら、さぞかし最高でしょう。

そんな胃の中まで八重の桜に浸りながら迎えた今回。京都守護職を全うしている会津は天皇からも頼られまくっていてもはや抜けられず、前に突き進むしかない状況になっていました。周囲の人たちは容保に付き従うもので固められ、頼母のような存在はもはや遠ざけられてしまいます。

ひたすらに天皇を守る、いつのまにか徳川家を守るということがすり替えられてしまっているような気もしますが、忠義という言葉だけがつながっていて、京にうずまく思惑や陰謀に引きずり込まれていく会津。長州を御所から追い出してしまったのも、薩摩の進言がきっかけでした。真偽のほどもよく分からない状況の中で、簡単に信用してしまっているような気がしてなりません。そのうち、会津は誰かに利用されるのではないかと不安に思ってしまいます。

そのような状況の中で、会津では照姫の右筆選びで八重が最有力となっていたのですが、残念ながら落選。落ち込んだ八重にたいして、尚之助の感情のぶつけ方はすさまじいものがありました。あなたの代わりはいない、その言葉にメロメロになる八重は、少しずつ尚之助へ心を傾けていく、そんなきっかけになった回でした。おそらく次回以降、少しずつではありますが進展していくのではないでしょうか。

次回も池田屋事件と京での話題が中心になっていきますが、おそらく会津にとっていいものではないでしょう。苦境に立たされつつある会津をどのように八重が絡んでいくのか、そろそろ期待し初めてもそさそうです。

◆八重の桜紀行◆
京都府京都市
 - 八木邸

八重の桜 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー

八重の桜 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー
価格:1,100円(税込、送料別)





コメント

*



トラックバックURL