あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2009年_天地人 > 天地人 第4回「年上の女(ひと)」


天地人 第4回「年上の女(ひと)」

2009/01/25 Category: 2009年_天地人

今回は、樋口兼続とお船の恋愛模様を中心に話が進んでいきます。昨年の篤姫あたりから大河ドラマも固い感じではなくお茶目な部分を多く出すようになりましたね。兼続はお船のことをすごく気にしながらも、女性に慣れていないせいかまともに話すことさえできません。ずいぶん腰が低くお船に接する姿は、風林火山での平蔵に似ている気もします。

兼続が、雨宿りをするといった小屋でもお船が意味深な言葉を投げかけ兼続の心はドキドキ。この先もあり得るのか、いやNHKのドラマなだけにこの時間帯ではないだろうなどと、こっちまでドキドキしてしまいました。実はお船は小さい頃与六と一緒に遊んだ中でその頃から気になっていたという筋金入りの幼なじみだったのです。これでは景勝を含めたほかの男は近寄ることさえできないでしょうね。残念です。

もう一つのイベントが織田信長でしょう。今回の吉川晃司が演じる織田信長は、これまで描かれていた信長像そのものといった感じで、それを支える秀吉役の笹野高史が思い切り「猿」という感じが出ています。その信長から送られてきた洛中洛外図という挑発に対してなびかない謙信はさすがですね。貢ぎ物など謙信には全く通じないのではないでしょうか。もっと気持ちを揺さぶるような策があれば、謙信を動かすこともできたんでしょうね。

最後に信長の使者として登場したのが、長澤まさみ。始めに登場した服装はまるで水戸黄門のお銀のような限ぢふうな服装だったのが気になるところです。この先どんな服装がみられるのだろうと思っていた矢先、戻りの船の中では普通の着物でした。残念です。これでもかというくらい旬の女優や俳優を次々と投入していますが、長澤まさみもちょい役ではなく長く登場してくれるといいなと思います。

次回は、兼続と信長の対面ですね。今後この対面がどのように働いていくのか、人間関係を構築する上でのキーポイントとなりそうです。

□■天地人紀行■□
山形県米沢市
?米沢市上杉博物館

天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー) 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2008/12)
火坂 雅志小松 江里子

商品詳細を見る

天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック) 天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)
(2008/12)
不明

商品詳細を見る




コメント

*


コメント(1)

  1. トラックバックありがとうございました。
    私も小屋のシーンはどきどきしました。常盤貴子ファンなので、心の中で兼続行くな行くなと叫んでしまいました。
    長澤まさみは、功名が辻でも女忍者を演じて好評だったのですが、途中でいなくなりました。天地人では、長くでるのでしょうか。
    ではまた来ます。

    Comment by haru | 2009/01/26 22:08



トラックバックURL