あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ヘルスケア > インフルエンザ対策に湿度を


インフルエンザ対策に湿度を

2008/12/17 Category: ヘルスケア

すでに本格的な寒さが到来し、コートやマフラーが手放せない状況になりました。それと共に流行しだすのがインフルエンザですよね。今日の新聞にも大きく新型インフルエンザの流行に備えて、社会的に基盤となるような企業に対していつでも特別体勢をとって社会生活が止まらないように考えているとのことで、流行したときの影響をみんなが真剣に考え始めています。

インフルエンザについては、その予防法を色々ご紹介してきましたが一番大切なのは湿度と温度です。なるべく温かくして湿度も高く設定しておくことによってかなりの予防効果を得ることができるのです。

そこで我が家でも大活躍しているのが加湿器。チャイルドロック機能が付いてる加湿器なんですが、この機能がなかったら今頃ジャンク品になっていたことでしょう。子供がボタンを押しまくるは、給水タンクを取り出して部屋中を水浸しにするはで大変な目に遭いましたが、チャイルドロック機能とガムテープによって加湿器は元気に動いてくれています。

そんな加湿器も、ただ普通のではなんとなくつまらないし、インテリアとしてもうまく活用したいですよね。そこで見つけたのが「缶湿器」です。なんの名前のひねりもないその名の通りの缶でできた加湿器です。加湿器とは見えないそのビジュアルで、超音波式の水を空中に巻き散らしてくれます。電源はUSBから取ってこれるので、家の中だけでなくオフィスでも使うことができそうです。

しかしこの缶、どこかで見たことがあるようなデザインです。まるで、伊右衛門のような気がしないでもないのですが、誤って中の水を飲んでしまうこともあるかもしれません。また、オフィスにおくときに気になるのがその威力です。大きなオフィスでいくらこの缶湿器が頑張ってくれたとしても、モイスチャーな環境にはなってくれないでしょう。なので、手っ取り早く自分だけでもモイスチャーになるために、これとマスクをくっつけてはいかがでしょうか。缶湿器から出てくる霧をそのまま装着しているマスクに流し込み、その勢いを保ったまま、体の中へダイブ・・・

素敵なシナリオです。そうすれば、「ちょっと今日はお茶な気分だな」と思ったときには水ではなく伊右衛門のお茶を霧状にすることによってひと味違った楽しみ方もできるでしょう。インフルエンザも防げるし、まさに一石二鳥の装置といえると思います。ただし欠点は、あからさまに怪しいということでしょうか。それさえクリアできれば、快適なオフィスワークを実現することができるかもしれません。

【参考】Gizmodo Japan
http://www.gizmodo.jp/2008/12/post_4732.html

USB 超音波加湿器 缶湿器 緑 USB 超音波加湿器 缶湿器 緑
()
日本トラストテクノロジー

商品詳細を見る




コメント(2)

  1. 初めましてm(_)m

    ブログへのTB ありがとうございました♪

    こちらのブログを拝見し、とても ためになる情報 &密度の濃さに

    感心させられております^^

    見習わなければっ!

    これからも、ぜひお邪魔させてくださいませ(=^・^=)

    Comment by サプリメント管理士 | 2008/12/28 17:06

  2. TBありがとうございました。
    ワクチンの話は昔から指摘されていました。結局人ごみの中に行かないことが一番の予防です。うがい手洗いの励行もかなり効果的です。これからもよろしくお願いいたします。

    http://econewss.seesaa.net/

    Comment by けい | 2008/12/29 19:47