あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ニュース > 京急の駅メロが決定しました


京急の駅メロが決定しました

2008/11/19 Category: ニュース

以前のブログで紹介した、京浜急行で募集していた駅に流れる音楽「駅メロ」がとうとう市民の投票により決定しました。駅で流れる音楽は、まさにその駅の顔となるわけですから、京急の駅長を始めかなり真剣に選択をしたんでしょうね。

では、京急のWebページから採用曲を紹介したいと思います。

■品川
赤い電車
→羽田空港駅で採用する「赤い電車」を別アレンジにて使用します。また、羽田空港駅行列車到着時に流れる案内放送に空港ターミナルで広く使用されているチャイム音を使用します。

■青物横丁
人生いろいろ
→品川区出身である島倉千代子さんの代表曲

■立会川
草競馬
→立会川駅近くにある競馬場(大井競馬場)を連想させ、誰もが聞いた曲である

■平和島
いい湯だな
→都内の温泉施設のさきがけとなった平和島温泉をイメージさせるデューク・エイセスの楽曲

■京急蒲田
夢で逢えたら
→ラッツ&スターのメンバー(鈴木雅之さん・桑野信義さん)が大田区出身であり、ラッツ&スターの代表曲

■羽田空港
赤い電車
→羽田空港からのアクセスを意識した歌詞が含まれ、従来から空港駅の曲として親しまれている。なお、楽曲の制作にあたり、くるり・岸田さんに譜面を書き起こしていただきました。

■京急川崎
上を向いて歩こう
→川崎生まれである坂本九さんの、世界的に有名な曲

■横浜
ブルーライトヨコハマ
→横浜の代名詞ともいえる曲で、老若男女問わず馴染め、親近感をもってもらえる

■上大岡
夏色
→地元出身のアーティスト、ゆずのデビューシングル

■金沢文庫
MY HOME TOWN
→金沢文庫出身の小田和正さんが生地を想い、歌った曲

■金沢八景

→EXILEのリーダー、HIROさんの母校が金沢八景にあり、「卒業」をテーマとして親しまれているEXILEの楽曲

■新逗子
LIFE
→逗子出身話題のアーティストであるキマグレンのヒット曲

■横須賀中央
横須賀ストーリー
→山口百恵さんが、横須賀を歌った著名な歌

■堀ノ内
かもめが翔んだ日
→横須賀・堀ノ内出身の渡辺真知子さんが歌った有名な曲であり、また駅ホームから、わずかだが海が望める

■浦賀
ゴジラのテーマ
→たたら浜(観音崎)にゴジラが上陸したことに由来

■京急久里浜
秋桜
→くりはま花の国のコスモスを連想させる、さだまさしさんと山口百恵さんの著名な曲

■三崎口
岬めぐり
→三浦半島(三崎地区)が舞台となった山本コウタローとウィークエンドのヒット曲

みなさんは駅のイメージと歌が一致したでしょうか。意外なものもあれば、予想通りのものもあったと思います。ちなみに自分の予想は以下の通りでした。

・横浜駅: 赤い靴(数年前まで西口出口に赤い靴広場がありました。今はないかな)
・羽田空港駅: 浪漫飛行(定番でしょう)
・金沢文庫駅: 友達の唄(地元ゆずが妥当でしょ。正確には駅が違うけど^^;)
・平和島駅: ココロが止まらない(競艇の街と言えばモンキーターン)

残念ながら全てが外れてしまいましたが、ゆずの曲が入ったのは嬉しいですね。でもまさか上大岡だとは思いも寄りませんでしたが。その他、横浜は絶対に赤い靴の方が良かったんじゃないかとも思うのですが、やはりヨコハマという言葉が入っていた方が良かったんでしょうね。蒲田のようにJR側に蒲田行進曲を取られてしまったところもありますね。

これからが数十年後にも駅の顔となるような駅メロを奏でてくれるといいなと思います。、そして、そこから自分の駅、自分の街のことをもっともっと好きになっていける人が増えれば、この京急の企画は大成功といえるのでしょうね。

【参考】京浜急行
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/081114.shtml


山手、中央線と並んで首都圏の大動脈となっている京浜東北線の駅メロ目覚時計 / 蒲田行進曲など…



◆関連する記事◆



コメント

*



トラックバックURL