あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 環境問題 > インカの秘薬が地球を救う


インカの秘薬が地球を救う

2008/06/15 Category: 環境問題



南米ボリビア、アンデス山脈で代々、独特な治療法を口承で受け継いできた伝統的な医者“カヤワヤ”。彼らの先祖は、はるかインカ時代まで遡り、赤いポンチョをまとっています。

その一人であるオルティスさん。彼の住むチャラサニという街は、古くからカヤワヤが住む街として知られています。

この街は3種類の気候が存在し、それによって200種類を超える豊富な生命力の強い薬草が育っているといった地の利があるのです。雨季から乾季に入る4?5月には、アンデスの豊かな植生から得る薬草を収穫しながら、病気やけがを治療して回ります。まさに大地は大切な薬箱なのです。

カヤワヤは病気や傷が完治するまで報酬を受け取ることはしません。また、その報酬も予め決められているわけではなく、患者が払える分だけ。

科学的な研究が進み、現代医学からも注目されるようになりました。カヤワヤが日常的に使っているエバンタの樹皮が、リーシュマニア症という皮膚が溶けてしまう難病にきくかもしれないとして、現在懸命に研究が行われています。これによって、150万人の命を救うことができるとされています。

しかし、カヤワヤの命ともいえる薬草が近年次々と枯れ始めていました。

それは、気候の変化が原因とオルティスさんは言います。豪雨による被害、干ばつといった近年南米を襲う気候変動による被害が薬草にも及んでいるのです。オルティスさんの息子、ホセくんの時代には薬草はないかもしれない。人間が地球に大きな負荷をかけている。カヤワヤは大地に祈り続けます。

100年後200年後を生きる人たちのために、自分たちが今何をできるか考えなくてはいけないとオルティスさんは言います。

大地と人間の関係がきしみ始めているいま、彼らの教えを今こそ後世に残していく必要があるのかもしれません。

【出展】素敵な宇宙船地球号 6月15日放送

南米セレクション

★痩せ方が想定外!体脂肪率を1ケタにしてしまった「南米のやせ秘薬」!?スリムリアライズ1st

優れたパワー、なのに飲みやすいパロアッスル健康茶 120g(4g×30包) DW200205

 イペ茶




コメント

*



トラックバックURL