あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2008年_篤姫 > 篤姫 第24回「許すまじ、篤姫」


篤姫 第24回「許すまじ、篤姫」

2008/06/15 Category: 2008年_篤姫, ドラマ

なんだか穏やかではない題名ですが、そのことがわかるのは後半部分です。

ハリスがとうとう将軍家定と謁見することが決まり、どのように将軍の威厳を保つかが重要な鍵となっていました。それに対して、篤姫は散々思案したあげく畳を高く積み上げることによって、立ったままのハリスよりも高い位置で会うことによって、威厳を保ったのです。

この考え方、すごい視点だと思います。江戸時代にあって、このような発想をすることができる篤姫はやはりただ者ではないことがうかがい知れます。

篤姫にとって、次期将軍に慶喜を推すことが至上命題となっており、このハリスとの謁見についても慶喜を同席させるよう、家定にお願いし、受け入れてもらうことになります。そのことに対して逆上する本寿院は、篤姫にくってかかります。

それにしても、本寿院の考えは全く感情的で、この人の意見を聞いていると本当に良くない方向に行くんだろうなと思ってしまいます。慶喜が嫌いな理由は、水戸の徳川斉昭が大奥に対して倹約を支持したことが反対の理由というのですから、なんだか悲しくなってきます。

それに対して、同じく慶喜が嫌いな家定の方が、まだ理由が一貫しているような気がします。徳川家を守り、天下をおさめるんだという気合いを感じることができないという直感ということで、まつりごとに力を出し始めた家定にとってみれば、至って当たり前の理由だと思います。

篤姫も、家定の感想を聞いて納得することになります。今回の出来事によって家定は、より篤姫に精神的に頼っていくことになる機会になったのではないでしょうか。

ただし、本寿院の動きが段々怪しくなってきていて、恨みがかいま見えてきました。どのように篤姫が切り抜けていくのか、そして倒れる家定が見えましたが、どうなってしまうのか、さらに自分だけ世の中から取り残されてしまったと感じる大久保正助がどのような判断をして行動するのか、楽しみをいくつも残しながら来週まで待ちたいと思います。


■送料無料■TVドラマ サウンドトラック CD【篤姫】 08/2/20発売



◆関連する記事◆



コメント

*



トラックバックURL