あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



紳士服下取りの意図とは

2012年3月 06日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

先日、ずっと着用してきたスーツのズボンのおしりの部分がすり減ってしまったことから、新しいスーツを購入しようと紳士服売り場に行きました。ちょうどフレッシャーズフェアと題して新入社員向けのスーツを積極的に販売している中、それ以外の紳士服はそれよりも割高で売られていたので、「自分はフレッシャーズには見えませんか?」と店員に質問してみます。すると苦笑いをしながら「転職するので、新入社員ですよね」と問いかけた人がいたことを教えてくれました。見た目の若さって重要だなと改めて実感します。

出鼻をくじかれた形にはなりましたが、気を取り直し紳士服選びにうつります。今のトレンドは2ボタンだということで、逆に2ボタンは胸の部分が開いてしまい気持ち悪いと思っていた自分にとっては新鮮で軽いカルチャーショックを受けたものです。この数年で3つボタンは絶滅してしまったようです。

そのなかで一つ気になる表示を発見します。そこには「不要になったスーツ 下取りします」という文字。一定以上の金額の商品を購入することによって、1着20000円で下取りしてくれるというのです。これは利用者から見るとものすごく嬉しいサービスで、もう着られなくなってしまった紳士服をこんなに高額で下取りしてくれるなら、新しい商品を購入する足しにもなります。

しかしこのサービス、いったいどのような意図を持って行われているのでしょうか。下取りするからには何らかの意図があるからに違いありません。そこで有名紳士服専門店の例を見ながら、この紳士服下取りサービスについて見てみたいと思います。

大手3社であるコナカ、青山、AOKIを見てみると、CSR(企業の社会的責任)の一環として不要になった紳士服の中に含まれるウールを回収、加工して再び自動車の吸音材、手袋やモップなど生活用品、フラワーポットなどにリサイクルされたり、土にかえし羊が食べる草を育み再びウールとなって帰ってくる循環型リサイクルをも実現しています。

こういった中長期的なCSRの観点が示されていますが、一方で短期的な企業へのメリットもはるのではないかと考えています。それは多くの紳士服専門店が他社で購入したものを含めて下取りをしてくれ、その代わりに2万円引きの商品引き替え券をもらえます。この2万円というのが絶妙なのです。

多くの紳士服は上下で安くても定価で4万円台から始まります。つまり、2万円引きとは50%オフということになるのです。原価を考えると、おそらく4万円もしないでしょうから紳士服店としては十分利益を出すことができます。さらに、ズボンの手直しや名前入れ、ワイシャツの追加購入などプラスアルファのモノやサービスを購入します。これによって客単価を結果的に押し上げることに成功しているのです。

さらに一度でも購入してくれたら、その紳士服店は定期的にそのお客様に訴求することができるようになるため、さらなる購買を期待することができる機会を得ることができます。このように、短期的にも企業として十分メリットを得ることができ、中長期的なリサイクルというCSRによって企業イメージのアップにも貢献しているのです。

利用者の立場から見た場合、いい物を安く購入することができるバリエーションが増えるのは大歓迎であり、双方にとってメリットがある施策こそ、長続きするサービスとして残っていくのだと思います。

【参考】
・コナカ http://www.konaka.co.jp/item/pickup/recycle/top.html
・青山 http://www.aoyama-syouji.co.jp/eco/about/product.html
・AOKI http://www.aoki-style.com/campaign/tradein/

個人でもCO2排出権取引ができる時代に

2010年11月 25日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

日本は2009年の二酸化炭素排出量が前年比で11.8%削減することができました。景気が低迷したことも要因としてありますが、環境立国を世界に指し示す上で先進国の中でトップレベルの削減量を達成したのは非常に意義深いと思います。ちなみに他の国について見てみると、アメリカが6.9%減、ドイツが7.0%減となったのに対して中国が8.0%増、インドが6.2%増と新興国の排出量が軒並み増えたことによって世界全体の排出量は前年比で1.3%減にとどまったそうです。

人々の関心も高く、エコへの取り組みについては日常生活の中に定着しつつあるといえます。このような社会的な盛り上がりを受けてとうとうCO2排出権取引を個人でもできるようになりそうです。システムを開発したのは凸版印刷、日本ユニシス、国立情報学研究所で、システムの内容としては排出権を付加した「カーボンオフセット(相殺)」型の商品を購入すると、ポイントのような感覚で排出権を得られ、寄付したり売却したりできるようになるのです。

これまでもカーボンオフセットをセットにした商品は数多くありました。しかしそれらはメーカーが国などに寄付するという約束だけであり、購入した個人は排出権を自由に扱うことはできませんでした。メーカーとしても社会貢献活動の一環という要素が非常に大きかったのです。今回個人が排出権を得て、自由に扱うことができるようになることから、今まで以上に高い関心をもって接することができるようになると思います。

排出権の流れですが、まずメーカーは排出枠の規模などの情報をICタグやQRコードとして商品に表示します。消費者は小売店の店頭で排出権取引口座を開設し、購入した商品についているICタグやQRコードを読み込むことによってメーカーから口座に振り込まれる仕組みです。

この仕組みは早ければ2011年2月から実証実験を開始し、2012年度には実用化される見通しとなっています。これによって、社会貢献活動として参加していたカーボンオフセット商品の購入も、実利を伴って積極的に参加することができるようになることから、まさに一石二鳥の施策といえるのではないでしょうか。早期に実現して欲しいと思います。

【参考】日本経済新聞 2010/11/25

図解よくわかる排出権取引ビジネス (B&Tブックス) 図解よくわかる排出権取引ビジネス (B&Tブックス)
(2008/10)
みずほ情報総研

商品詳細を見る