あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



女子会に続けるか?「男子会」の不思議な盛り上がり

2011年1月 26日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

2010年の流行語トップ10にもノミネートされた「女子会」は、それまで婚活など男性と女性が交流しようとする努力とは一線を画すものとして、女性の間で瞬く間に広がり、今や当たり前のように催されるようになりました。自分の会社でも女子会が企画・実施されているのをみると、自分は絶対に加われないという禁断の世界だからなのか分かりませんが、羨ましいなと感じます。

きっとそういう男子が多かったから、という訳ではないと思いますが、今それに対抗するように「男子会」も動き出しをみせているといいます。女性向けの有名情報雑誌であるHanakoにも「東京男子部」という名の連載が始まっていることからも、決して一部の数人で盛り上がっているものではなさそうです。

一体何歳までを男子と呼ぶのかはここでは置いておくとして、男子会とはどのような企画なのでしょうか。気になるその中身について考えてみたいと思います。

◆男子会のポイント1: 集まる目的
女性は初対面同士でも比較的気兼ねなくお互いに話ができるといいます。なので女子会では主に参加者同士の会話が中心となり、鍋やお酒などは付属的なもの、きっかけに過ぎないような感じさえ受けます。

それに対して、男子会では女子会ではきっかけだった、「何をするか」ということこそが目的となりがちです。ラーメンを食べること、ジムで汗をかくこと、旅行に行くこと。それらがすべて目的であり、その間の参加者同士の交流は二の次になります。

<主な男子会の目的>
・スキー旅行
出かけると現地で解散し、ひたすら滑る。集合は昼ご飯と帰りのリフトであり、そこまではただひたすら個人で滑る。
・ラーメン屋めぐり
ラーメン通の人が様々な美味しいお店に連れて行く。原則現地集合現地解散であり、食べ終わった人から帰る。飲みのオプションがあっても軽く飲んで帰る程度。
・麻雀
果たしてこれが男子会と言えるのか謎ですが、朝まで男子4人でひたすら麻雀。朝の日差しとすがすがしさに逆に罪悪感を感じてしまう。
・パワースポット巡り
男子も心身をリフレッシュしたいので、お寺やパワースポットを数多く巡る。コンプリートすることが重要なので、その周辺のそういったスポットはすべて巡る。

◆男子会のポイント2: ストイック
男子会は、目的を同じくする人が集まり、ひたすらにその手段を達成するために努力する傾向があります。極論するとその間の会話はなくてもやりたいことができていれば満足なのです。そういう意味でストイックに目的を達成させるために集まった集団ともいえるでしょう。

気が合う男子同士だと会話で盛り上げようと気にする必要もなく、自分がやりたいことを気兼ねなくやることができるというのがあります。この気兼ねないという部分は女子会に共通しているかもしれませんが、実際に会話が重要でないというのが女子会との大きな違いなのです。

昔からあるような集まりの呼び名が変わって新たに登場したという気もしますが、それによってこれをひとつのきっかけとして、今までにない斬新な集まりや企画もしやすくなっているのも事実です。

「男子会」が2011年の流行語に選ばれるのか、ニュースに取り上げてもらえるほどの世間を賑わすものなのか、そのインパクトに欠ける気もしますが、確実に裏ではこの動きが広まっているのは確かなようです。

【参考】Excite News http://www.excite.co.jp/News/bit/E1295255875792.html

女子会 東京 女子が選んだ女子のためのお店ガイド 女子会 東京 女子が選んだ女子のためのお店ガイド
(2010/05/20)
女子会推進委員会

商品詳細を見る

男のための自分探し 男のための自分探し
(2008/08/04)
伊藤 健太郎

商品詳細を見る