あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 父母参観日


初めての父の日のプレゼント

2011年6月 05日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

幼稚園の授業参観日は、梅雨の季節を考慮した6月の第1週に設定されているようで、そのおかげもあって天気のいい日曜日に。いつも子供がどのような姿でお友達と遊び、そして一緒に何をしているのかすごく興味があったので、心の中ではずっと楽しみにしていた日です。

その日は、父の日のプレゼントをくれるという嬉しいイベントもあるようで、幼稚園の予定表に前々から「父の日のプレゼント作成」と予定が書かれていたことと、その日の夜に子供が「ボクね、パパのためにプレゼント作ったんだ」と言っていたことから、早くもネタバレ状態だったのですが、それを贈呈してもらうというのは又違った嬉しさがあると思い、テンションも高く子供と出かけます。

いつもは、母親がメインになる様々なイベントも今日は父の日という背景があるからか、どのご家庭も父親が子供と一緒にいます。自分もご多分に漏れずに子供と一緒に運動をしてお遊戯をして遊ぶことに。

元気よく返事したり、歌を歌ったりしている子供をみると、ほんの数ヶ月前までの子供とは思えないほどの成長ぶりに思わず感慨深いものがあります。

そして一番期待していた子供からのプレゼント。始めて子供から自発的にもらったプレゼントは、貯金箱でした。一生懸命作ったんだよといい、照れながらそれを渡してくれる子供をみると、思わず涙ぐんでしまいます。周囲に泣いている親はいないので、必死にこらえたのですが、こうして自分のために何かを作ってくれる子供のことを思うと、嬉しさがこみ上げてきて、今までの苦労も無かったかのような感じになります。

園長先生のいう、感謝の気持ちを家庭でも育てていけるように、子供にも「ありがとう」と気軽に言い合えるようになっていきたいと改めて思います。家に帰ると、自分から掃除をしたりティッシュの交換をする子供、それは自分たちが感謝の言葉を伝えてあげているからなのかなと微笑ましく眺める思い出深い休日となりました。

ちなみに、子供は持って帰ってきた貯金箱を早速取り出し、私から財布を取り上げ中の硬貨をすべて拾って貯金箱のなかに嬉しそうに入れていました。おそらく、これからは子供が財布を見つけ次第、硬貨を取り上げられる毎日になりそうです。