あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 市村正親


江 -姫たちの戦国- 第6回「光秀の天下」

2011年2月 13日 By: rainbow Category: 2011年_江 No Comments →

信長が亡くなったあと、命がけで伊勢に向かっていた家康と江は、野武士たちに襲われながらも何とか伊勢に到着することに成功します。途中、家康と野宿をしながら色々とかたりあう姿から、いずれはこの二人は縁があるのだろうなというフラグを感じずにはいられませんでした。北大路欣也のように武士もののドラマになじんでいる人は、本当に見ていて安心します。

そして今回のメインでもある明智光秀ですが、信長を討って天下人になったにもかかわらず、なぜか死相が出ているというかこれからがんがんいくぞという雰囲気がありません。本当にそういう人だったのかどうかわかりませんが、結果ありきの演出に見えて仕方ありませんでした。おそらく彼としても色々と感じるものがあり、自分で信長とは違う天下を作っていこうという思いはあったはず。それを感じさせずに終わってしまうのはなんだかもったいない気がします。

その光秀の思いをなんとか表に出そうとしたのが江でした。ドラマの主人公が江なので、こういう演出になるのは仕方ないのですが、あまりにも江に依存しすぎているような気がします。信長の最期に影響を与えたのも江でしたし、光秀から考えを聞き出すのも江でした。さらに光秀が最期に思い描く人も江。ここまで連続すると、これから亡くなっていく歴史上の人物である秀吉などの最期も江と関連させるのだろうなという創造が容易にできるでしょう。

光秀を最期に追いやったのはその秀吉でした。歴史上有名な「中国返し」を実行することになるのですが、岸谷五朗の秀吉役はまだ実感がわかないのが現状です。ふざけた姿で転がり回ったりするのは、天地人で秀吉を演じた笹野高史さんの方がまだ脳裏に焼き付いているせいからかもしれません。岸谷五朗さんを猿と呼ぶには顔が整いすぎているのだと思います。そうだからなのか分かりませんが、山崎の戦いで「日暮れまでに勝負をつけてやる」といったりりしい姿は本当に似合っていました。

信長が亡くなったときに、家臣の分布として柴田勝家が越中、羽柴秀吉が備中、滝川一益が上野、織田信孝が堺で、織田信孝が最も光秀に近かったのですが、結果的には羽柴秀吉の勝ち。戦況を冷静に判断し、すぐに駆けつけて討ち果たした方が後の後継者争いで絶対的優位に立つということを瞬時に秀吉は理解していたのでしょう。その頭脳と実行力は天下人と呼ぶにふさわしいと思います。

今後、お市や江たちは秀吉を中心とした世界の中で生きていくことになるのですが、こういった表舞台に翻弄されながらも自分というものをしっかり持ち、生きていく姿を見ていきたいと思います。

◆江紀行◆
滋賀県大津市
 - 比叡山
 - 坂本城跡
 - 明智光秀像
 - 西教寺
 - 明智光秀の墓

江 -姫たちの戦国- 第5回「本能寺の変」

2011年2月 06日 By: rainbow Category: 2011年_江 1 Comment →

歴史上この事件を知らない人はいないのではないかと思えるほどメジャーな本能寺の変が今回登場します。教科書の中だけでなく様々なドラマでこの場面を演じてきた役者がいますが、彼らに共通しているのは以下の3点。
・最期は美青年である森蘭丸を引き連れていること
・矢で応戦するもやられて寺の奥へと引き下がること
・人間50年・・・という歌を歌うこと

ご多分に漏れず今回の豊川悦司も同じようにしっかりと演じていました。ただし、今までにない場面が1箇所だけありました。それは亡くなる間際に江の思念体が登場し、なぜか冷たい顔をして振り返って行ってしまいます。信長にとっては最期まで江に言われた「自分を神になるなんて最低!」という言葉にひっかかっており、それを晴らすことなく亡くなってしまうことに未練があったということを示したかったのかもしれません。

その江は、家康に招かれて京へ向かいます。三姉妹のなかで江だけが家康に呼ばれるということから、すでに運命の方向性は定まっていたのかもしれません。家康は妻と嫡男を失ったことに対して江が言葉をかけてくれて心に染みいったことを理由に挙げていますが、それだけ理由が大きく人生を動かすことになるんだなと改めて感じます。そのあと、家康と江は生死をかけた逃亡を行なったことからも、絆というものが深まったのではないでしょうか。

そして、なんと言っても今回の主役である明智光秀について書かずにはいられません。今までも信長に思いっきりおしかりを受けて手を震わせながらじっと耐えていたのですが、脅しのつもりで家康が発した謀反でも起こしてみるか、という挑発に思いっきり乗ってしまう形になります。信長の本意として光秀に自分の跡を継いで頑張って欲しいという気持ちは光秀には全く届かず、むしろ逆になったしまったのです。なんとも無念といいますが、相手に自分の気持ちが伝わらないというのは、命を落とす結果にまで至ってしまうのが悲しいところです。

そして、みなさん、そのときがいよいよやってきます。天正10年(1582)6月2日、お約束となっている「敵は本能寺にあり!」というセリフと共に見慣れた襲撃。このあたりは特に目新しさはありませんでした。

今回の大河ドラマらしいのはむしろその後でしょう。襲われていた江の背後に突然信長が現れ、「おぬしは生きよ」と江に伝えます。この言葉で信長は死んでしまったと悟った江は、家康と共に叫びながら馬を駆け巡らします。言葉尻だけですが、前を向いて生きていかなければならないと感じた江は、これまでよりも成長した一面を魅せるように演技が変わって行きました。

出だしの大きな事件となりましたが、江にとってこれからもっとつらく厳しい状況はやってくるでしょう。その時にどのように生きるか、それを信長というおじさまから感じ取って受け継いでいくのだろうと思える内容であり、本能寺の変から自分たちもそれを常に感じて今後も見ていかなければならないと感じました。

◆江紀行◆
京都府京都市
 - 本能寺跡
 - 本能寺 (信長公廟)
 - 二条殿跡
 - 大雲院
 - 信長・信忠親子の碑

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2010/12/18)
NHK出版、 他

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ) NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ)
(2010/12/24)
NHK出版

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK) NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK)
(2010/12/18)
NHKサービスセンター

商品詳細を見る

江 -姫たちの戦国- 第4回「本能寺へ」

2011年1月 30日 By: rainbow Category: 2011年_江 No Comments →

物語は、お市と3姉妹のお香体験教室から始まります。まだ話全体の作りについて理解できていないので単純に3姉妹がじゃれ合っているようにしか見えず、ただただ微笑ましい姿だと思ってみていました。しかし、今日の話の流れを考えながら見ていったときに、このオープニングシーンにはものすごく今日の出来事の重要な要素をしっかりと自分たちに伝えていたのではないかと思うようになりました。

茶々や初は浅井長政の愛用のお香を自分にとって一番の香りであると感じるのですが、江にとってどれが自分にとって一番の香りなのか分かりません。クシャミのシーンは余計ですが、悩んだ江に答えを与えたのが信長でした。信長が与えた貴重なお香こそ江にとって一番の自分の香りとなったのです。これは今後も何らかの羅針盤になって行きそうなメッセージが込められていると感じました。

そんな中で、今回の題名にもある本能寺を舞台とした悲劇の主人公である明智光秀にとっては段々厳しい状況になりつつありました。この重要な役どころに市村正親さんを配置したのは正解だと思います。難しい感情の表現を舞台俳優らしく素晴らしい表現力で演じているので、真っ直ぐに光秀の無念を感じることができます。ちなみに市村正親さんの妻は篠原涼子なんですよね。

明智光秀に信長は馬揃えなどの重要な仕事を与えるのですが、お互いのコミュニケーションがうまく取れていなかったように感じます。思ったことをどんどん言うことで信頼を寄せる人もいれば、自分がへりくだることによって逆に相手に不快感を与えるしまう人がいる。なんだか難しい世界です。馬揃えとは今の言葉で言うとまさに軍事パレード。それを見事に成功させた光秀だったのですが、その後の処遇はなぜか冷たいものになっているのは、相性が悪かったとしか言いようがなかったのでしょう。反発心が高まっていく様子は見ているこっちまで緊張してきます。次回の爆発に向けて、ドキドキしてきます。

そんな信長は、武田などこれまでの宿敵をどんどん打ち破っていきます。今回のドラマの主題ではないので、10秒くらいで武田勝頼は打ち破られてしまいますが、凄い大きな事だったと思います。信長の本心を知ることができるのは江との絡みだけだったのですが、今回はお市との兄妹での絡みで知ることができます。それは、天下太平のために自分一人ですべてを背負い込んでいるということ。自分がどう思われようと、自分の力を恐れる気持ちをうまく使って天下をおさめていこうという信長の真意を知ったお市は、信長と共に生きることを選択します。

それまで、神宣言していた信長に反発していた江も、心から謝りたいと180度方向転回します。謝りに再度信長の元へ向かうことができるのか、そして有名な本能寺の変から江が何を感じ取っていくのか、次回は出だしのキーポイントとなりそうです。

◆江紀行◆
京都府京都市
 - 総見寺
奈良県奈良市
 - 東大寺

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2010/12/18)
NHK出版、 他

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ) NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ)
(2010/12/24)
NHK出版

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK) NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK)
(2010/12/18)
NHKサービスセンター

商品詳細を見る