あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



壁に塗るだけで太陽電池に

2011年7月 22日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

今や、エコエネルギーの代表格として世の中の注目を一手に浴びているのが太陽光発電。家庭に取り付けることによって、助成金などを利用することによって約10年程度で元を取ることができるという世帯もあり、普及期に入ろうとしています。発電状況を見ることができることから、達成感があるというのもうれしいところだと思います。

そんな太陽光パネルですが、このたび三菱化学が「塗るだけで太陽電池」になるという画期的な物質の実用化にめどを立てたといいます。これによって、今まで平面であるがゆえ置くことができなかった場所にも「塗る」だけで発電することができるようになるといいます。2013年の春頃に世の中に量産型として登場できるよう準備がすすめられているそうです。

これまでも、世界中で開発が行われてきたのですが、一番の課題がエネルギー変換効率でした。原材料のエネルギーから電気に変換することができる割合は、実用化されているもので以下の通りだといわれています。

・ 通常の太陽光発電: 約15%から20%
・ 火力発電: 石油燃焼熱の約35%から40%
・ 風力発電: 風の運動エネルギーの最大30%から40%
・ 原子力発電: 33%

これを見てもわかるように、元々あるエネルギーのうち3分の1程度のエネルギーのみを使用しており、残りの3分の2は使用できていないことがわかります。この割合を上げるために現在様々な機関で研究が続けられているのです。

今回、塗るだけで太陽電池になる物質の変換効率が10.1%と世界で始めて10%超えに成功し実用化にめどが付いたといいます。現在太陽パネルに使用されている結晶シリコン系の約15%から20%の変換効率には及ばないものの、薄型として市販される一部の太陽電池のレベルには追いついた形となります。

この物質をこれまで設置できなかった煙突や高速道路の屋根など丸みがある物のほか、衣服など曲がる素材にも使うことができるといいます。また、厚さも1ミリ以下となり既存製品よりも圧倒的な薄さと軽さを実現していることから、これまで場所の制約によって導入できなかった場所にも利用が進み、発電量が飛躍的に伸びることが期待されています。

現在、太陽光発電の課題は広い場所に敷き詰めたとしても、火力発電や原子力発電と比較して一般家庭をまかなうだけでの十分な発電ができないことが挙げられています。

このような専用の敷地という考え方だけでなく今回の「既存の場所に塗る」という方法を用いることによって、有効活用することができることから設置する側として大きな負担なく最大限の効果をもたらすことができるのではないかと思います。実用化までにエネルギー効率がもっと上げられれば、太陽光発電が他の発電手段よりも優位になる日も近いかもしれません。

【参考】asahi.com http://www.asahi.com/business/update/0719/TKY201107190319.html

送料無料!【 ソーラーパワー1500 】どこでもソーラー発電ができる!(災害、停電、節電)

送料無料!【 ソーラーパワー1500 】どこでもソーラー発電ができる!(災害、停電、節電)
価格:122,850円(税込、送料込)