あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > デングオン


伝言メモも印象の時代です

2011年5月 30日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

電話があったことを伝える際によく利用される伝言メモは、新入社員の必須アイテムです。いつ、誰からどのような要件であるか、そして相手がどうして欲しいと思っているかを簡単に記して残すのが手段であり、それら必須項目を予め穴埋めにしてあるようなものをよく利用します。

そんないたって普通の伝言メモですが、先日自分の机の上のキーボードに刺さっておかれていた伝言メモのインパクトは最大でした。なんとこの木何の木、で登場するような木の形をした伝言板に、用件が書かれておかれていたのです。見た目のインパクトだけでなく、そのメモは今まで便利さが追求されてきた時代を逆行するようなインパクト重視のメモ帳だったのです。

幹の部分は、完全に細くなっていてまともに字を書けるような状況ではありません。メモを残していただいた方はこういったメモ帳を数多く所有されていて、こういった書きにくい場所も有効に活用し、縦書きにしながら伝言を残していました。普通のメモにはないインパクトと、なぜか書いてある連絡すべき宛先にすぐに連絡しなければならないという強い思いがこみ上げてくるようです。

このメモ帳は「デングオン」というもので、パソコンのキーボードのキーのすき間に挟んで立てかけられる伝言メモなのです。多くの人は机の上が散らかっているのですが、そんな中でもしっかりと存在感を出してくれ、見る人に用件を伝えてくれます。メモは見てくれる人に注目してもらわないと本来の目的を果たしているとは言えません。注目してもらいさえすれば、用件はおのずと読みづらくても読んでくれるのです。そういう意味で、今までにない斬新な目的を確実に実現してくれるツールといえるでしょう。

20枚綴りになっていて、その種類も豊富なのが驚きです。値段も数百円で購入することができるので、お手軽だといえます。すでに自分のデスクの周囲ではこのメモ帳がブームになっていて、集め出す人まで登場しています。今後これがどんどん普及すると、自分の机の上が動物園になっていく日も近いかもしれません。その前に1つ1つの書かれた内容を処理する方が先なのですが。