あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > イクメン


「おとうさんといっしょ」 はじまる!?

2013年1月 27日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

毎日小さな子供を持つ親にとって欠かすことのできないNHK Eテレの番組である「おかあさんといっしょ」に、とうとうおとうさんバージョンが登場します。その名も「おとうさんといっしょ」で、2013年3月24日からBSプレミアムで事前特番として始まり、2013年4月から本格的に放送するといいます。

NHKのサイトを見ると、この番組は3歳から6歳の子どもとその家族向け「いっしょパワー全開!」の総合幼児番組であり、「一緒」と「遊び」を2つの柱に、おはなしや、親子あそび、うた等で構成する、愉快な音楽と笑いで彩られているといいます。

イクメンという言葉が普及し、お父さんも育児に参加するようになって久しくなりましたが、その環境の変化や男女で固定観念となるようなネーミングをなくそうとする動きもあって、今回の番組が登場したものとみられます。

しかし、このBSプレミアムというあたりが、まだまだNHKとしても「そこまで需要があるのか」という疑問に対して懐疑的であることがうかがい知れます。とはいっても、やるからには「おかあさんといっしょ」に並び超えてやろうという心意気を「主なコーナー」から見て取ることもできます。以下、それぞれのコーナーについてNHKのサイトに紹介されている内容をもとに見てみましょう。

◆ おはなし「レオレオれーるうえい」
故障ばかりの蒸気機関車DD51がのんびり走る鉄道会社レオレオれーるうえい。終着駅では、ふしぎないきもの「シュッシュ」と「ポッポ」が毎日賑やかに暮らしています。そんな日々にちょっとヘンテコな出来事が巻き起こり、シュッシュとポッポの冒険がはじまります。「ドタバタな日常」と「ちょっと不思議な出来事」を、ユーモアと音楽たっぷりに描く楽しい物語です。

きかんしゃトーマスを彷彿とさせる内容ではありますが、これによっておとうさんといっしょのなかでの看板番組になるだけでなく、それを超えたメジャー作品になってくれるといいなと思います。

◆ 親子でいっしょ!「イチジョウマン7」
週末のお父さんを応援する新ヒーロー誕生!「遊びたいエナジー」満タンで全国の親子のもとへ駆けつけるのが「イチジョウマン7」です。ダイナミックな身体あそびや自然の中での冒険、ボールあそびで、いっしょパワー全開!親子であそぶヒント満載のコーナーです。

ネーミングの由来をイマイチ理解することがまだできないでいますが、週末のおとうさんというイメージがそもそも何なのか、そしてそのお父さんを応援することと、ダイナミックに遊ぶことがどのようにリンクするのか、様々な疑問が生まれますが、それを解消するためには見てみるかなさそうです。

◆ いっしょ!に歌おう「駅の音楽会」
駅の待合室では、元気なこども達と音楽会♪童謡や手遊び歌や「おかあさんといっしょ」で人気の歌、番組のオリジナル楽曲も続々登場する音楽会のスタートです。

おかあさんといっしょの熱心な一視聴者としては、どのようにそれがアレンジされて登場するのか楽しみです。

おかあさんといっしょのたくみお姉さんやだいすけお兄さんと同様、おとうさんといっしょでもうたのお姉さんとお兄さんが登場するといいます。たくみお姉さんのインパクトが強く、世の中のパパの心をわしづかみにしている状況の中で、お姉さんの人選をどうするのかについても注目すべき点でしょう。

いずれにせよ、目が離せない番組になることは間違いないでしょう。子供以上に熱心に見てしまうことにはならないよう気をつけたいと思います。

【参考】「おとうさんといっしょ」 NHK キッズワールド
http://www.nhk.or.jp/kids/program/otousan.html

おかあさんといっしょ スペシャルステージ みんないっしょに!  ファン ファン スマイル [DVD] おかあさんといっしょ スペシャルステージ みんないっしょに! ファン ファン スマイル [DVD]
(2012/11/21)
横山だいすけ、三谷たくみ 他

商品詳細を見る

2011年おもしろ福袋の中身は?

2011年1月 04日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

新年の最大の楽しみが福袋だという人はかなり多いと思います。日頃は買わないような物であっても破格の割引で購入することができるのでちょっとした優越感に浸ることができるのが人気の理由だと思います。

デパートに出かけてみると、あるわあるわ、至る所に福袋が積まれていて福袋を取り扱っていないお店などないのではないかと思うくらい。中には中身をしっかりと確認するために引き裂かれたものまであり、壮絶な福袋争奪戦が繰り広げられた形跡まで残っていました。

そんな福袋ですが、それぞれの売り場では工夫を重ねて「こんなものまで?」と驚くようなものを丸ごと「福袋」という名の入れ物に放り込んだ商品が数多くあります。今回はそんなちょっと珍しい福袋を紹介したいと思います。

◆おうちでのんびり女子会なう。(プランタン銀座)
限定20袋、10500円。家での女子会を楽しむための福袋。友達を自宅に招き、4人で鍋パーティーを開催する際のホステス役の女性をイメージしていて部屋着から鍋物までトータルでプロデュースしています。

◆イクメンパパデビュー福袋(西武池袋本店)
限定10袋、21000円。だっこひもや哺乳瓶、赤ちゃん用のおもちゃなどが入っており、育児するパパの強い味方になりそうなものが揃っています。

◆1日駅長(小田急百貨店新宿店)
2組限定、10000円。ロマンスカーの出発合図や駅施設のバックヤード見学など、1日駅長体験ができ、さらに体験終了後は小田急百貨店新宿店レストラン街「なだ万賓館」でランチも付いています。

◆プロ野球始球式福袋(日本橋三越本店)
少年・少女野球チームや小中学校の部活動チーム(1チーム9人)1チーム限定、88000円。プロ野球・巨人の公式戦の始球式と観戦をセットにした福袋で、野球少年・少女の最高の思い出になるのは確実といえます。

◆小湊鉄道福袋(そごう千葉店)
15組30人限定、10000円。練習線路内とはいえ、約150メートルの車両運転と実際に運行している列車内での車掌業務を体験することができます。

◆夜の水族館(小田急百貨店)
3組限定、20000円。「新江ノ島水族館 家族みんなで夜の探検隊!夢袋」と題し、閉館後の水族館に宿泊し、普段見られない夜の生き物の観察や、プールにいる動物の様子を飼育員が解説してくれるナイトツアーを体験することができます。

◆魚の福袋(北海道白糠町・道の駅「恋問館」)
2000円。地元でとれたエビやホッケなど6品の魚介類、およそ4000円分が詰められています。さらに、用意された250個のうち30個にはお年玉として毛ガニも入っているという特典付き。

◆就活応援福袋(東武百貨店)
20袋限定、10900円。女性用のリクルートスーツや履歴書用の写真撮影など、4万円相当のものがセットになっています。厳しい就職戦線でなるべく必要経費をなるべく安く抑えてくれる味方です。

◆新築一戸建て福袋(大丸京都店)
2011万円(建物本体のみ)。三井ホームと連携し、オール電化、瓦一体型太陽光発電システムを採用した住宅を用意しました。これは果たして福袋といえる代物なのか謎は深まります。

◆ダイヤモンド入り福袋(楽天)
限定1個、1000万円。中身は2000万円以上のダイヤモンドが入っていて、それが1000万円。ということは半額以下でしかもそのディスカウント額は1000万円!もはや声も出ません。

こうして今年の福袋を見てくると、モノを売るというこれまで当たり前だった商品の他に、「権利」や「体験」という目に見えない思い出をパッケージ化して商品にするという方法が増えてきたように思います。こうすることによって、売り手としても今まで利益をうまなかったものを新たに商品としてお金を生み出すチャンスを得ることができるようになったのです。原価もそんなに多くないことから買い手だけでなく売り手にとっても美味しい福袋といえます。

この他にもおもしろ福袋はたくさんあると思います。そんな1つ1つの福袋には、購入しなくても「これを買ったら、こんな風にして使いたいな」という夢を与えてくれる素敵な宝箱なのです。でも実際に買うのは、実利があるものなんですが。

【参考】
・MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/lifestyle.htm
・asahi.com http://mytown.asahi.com/areanews/saitama/TKY201101020164.html
・プランタン銀座 http://www.printemps-ginza.co.jp/

理想のイクメン像と求められる姿

2010年9月 18日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

最近、にわかに積極的に子育てに参加するイケメンパパのことをさす「イクメン」という言葉が世間を賑わせ始めています。雑誌やテレビなどでファザーリングジャパンの安藤哲也さんが登場し、パパが積極的に子育てに参画しようとする動きが活発化しているといいます。2010年6月からは厚生労働省によって男性の子育て参加や育児休暇の取得促進を目的とした「イクメンプロジェクト」も発足していることからも分かるように、国レベルでイクメンに対する活動が広がっているのです。

そんな中、オリコンが「イクメンだと思う男性タレントは?」というアンケート結果を公表しました。そのランキングから、世間が認めるイクメンに必要な要素とママから求められる理想のパパ像について、改めて把握し今後の子育ての参考にしたいと思います。

◆◆イクメンだと思う男性有名人TOP5◆◆
1位: つるの剛士
2位: 照英
3位: 杉浦太陽
4位: 土田晃之
5位: 薬丸裕英

このランキングから分かることは、子供が多くいてテレビなどで子供と一緒に色々遊んでいる様子を楽しそうに話す人や本や雑誌、テレビ、Webなどで子育てに必要な情報を提供している人が多くランキングしているような気がします。

例えば、1位のつるの剛士さんは「つるの剛士の読み聞かせ絵本 ぴっぴっぴー!」など育児書を執筆し、子供のために育児休暇を取得していることが話題になりました。世間からも、子ども同伴の結婚式が素敵だったことや、育児休暇に対してイクメンとして最もふさわしいという意見が多く寄せられたようです。

また2位の照英さんは、NHKの「すくすく子育て」で楽しそうに育児状況を話しその体型からは似つかわしくないほど、子供に対してメロメロになった姿を見せてくれるところが好感度大なのでしょう。親として自分の子供を見るときの目というのはプライベートでは少なからずこうなるのですが、それをテレビという場でも隠さずに出すということに、イクメンとしての素質を感じます。

ランキングからわかるイクメンとして大切なことは、やはりママのサポートをしてあげることができる最低条件をクリアした上で、自分の子供がかわいいという自分をさらけ出し、その上で一緒に遊ぶことに楽しさを感じることなのだと思います。子供を見ているだけで嬉しくなるし、一生懸命話をしている姿もかわいいですし、そんな子供と一緒にいたいという気持ち。いつまでも感じていたいものです。

◆◆妻が 「イクメン」に求めることTOP3◆◆
1位: 子どもの相手をしてくれる (90.8%)
2位: ぐずっている子どもをあやしてくれる (84.8%)
3位: お風呂に入れてくれる (80.0%)

また、奥さんが夫に求め子どもとの関わり方ランキングでは、家事を手伝うことは意外にもランキングにはなく、子供と積極的に関わって欲しいという願いが強く出ています。仕事でどうしても帰りが遅くなってしまうこともあり、日頃は奥さんがやってくれていることが多いのですが、それでもずっと一緒にいると気分転換も必要です。そんなときに可能な限り子供の相手をすることによって、少しでもストレスの緩和につながれば、結果的に家族が楽しく過ごせることにもつながるのだと思います。

大切なことは相手をするという何となく上から目線での考え方ではなく、「一緒に楽しむ」という風に考えること。自分が一緒にいてつまらなければ子供にもそれは必ず伝わってしまうものですし、自分も長続きしないでしょう。いつもできることではありませんが、少なくともそういう風に考えるように意識したいものです。

また、ぐずっている時は必ずたくさんあり、多くの場合ママの方に子供は向かいます。父親の力のなさを痛感する一場面なのですが、それもいつもいつもでは奥さんとしては精神的に参ってしまうでしょう。そんなとき、自分も違った形でぐずる子供の気分転換をかってするのがいいと思います。機嫌を直してくれるかどうか分かりませんが、奥さんとしてはぐずられる矛先が自分から離れるので、精神的にずっと楽になるはずです。

このように、子育ては夫婦の間でうまく役割を分担しつつも、時に奥さんの負担を少しでも軽減してあげ子供と一緒になって遊ぶのは理想のイクメン像の1つの形なのではないかと感じます。何事も楽しくすることができれば、いい思い出もそこからたくさん生まれるし、自分たちも人間的にも成長できるのではないでしょうか。

【参考】oricon life http://life-cdn.oricon.co.jp/news/80021.html

つるの剛士の読み聞かせ絵本 ぴっぴっぴー! つるの剛士の読み聞かせ絵本 ぴっぴっぴー!
(2008/11/14)
つるの 剛士

商品詳細を見る