あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > アロハシャツ


環境省が推奨する驚きの「超」クールビズ

2011年5月 13日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

この夏は、先の震災によって日本全国で電力が不足することが予想されています。特に企業では、今まで以上の節電が求められるようになり、自分の会社でも蛍光灯の本数が減らされたり、空調温度が28度と設定を上げたりして、少しでも電力を減らそうと努力しています。

社員としても、少しでも協力できるならと率先して電気を消したり、パソコンを省電力モードにしたりしているのですが、昨年の猛暑のことを思うと、今年の夏に向けて大丈夫なのか不安の声をよく聞きます。

昨年は室温の設定を27度にしていたのですが、パソコンから出る熱風や西日によって室温は30度を超える状況に。さすがにそこまで行くと頭がぼーっとしてきて休憩せざるをえなかったのですが、今年はより一層の努力が求められるのです。

そんなサラリーマンの苦労に配慮して頂いたのかどうかは分かりませんが、環境省が素敵な発表を行ないました。それはノーネクタイや半袖シャツなどで過ごす従来の「クールビズ」よりも、夏の軽装化にさらに踏み込んだ「スーパークールビズ」の普及啓発を6月から強化するというもの。

これだけではよく分かりませんが、ネーミングだけみるとワクワクしてきます。

なんかすごい活動なんだろうと予測するのに十分な名前です。クールビズとはご存じの通りネクタイを外し、通気性のよいYシャツやスーツを着ようというものですが、それ以上に涼しくなる格好とは何だろう、そんな妄想が広がります。

スーパークールビズでは、昨年までのクールビズであまり一般的に認められなかった、もしくは一般的ではなかった

ポロシャツ

アロハシャツ

かりゆし

を、今年からはOKにしようというのです。

さらにサンダルや無地のTシャツも執務室内であればOKで、ジーンズも破れてだらしないものでなく節度ある着用であれば問題ないというカジュアル色が一層濃くなった形となります。

ポロシャツは、今までもカジュアル服を着てくる社員の中にはいましたが、さすがにアロハシャツはいませんでした。問題ないといわれても、家にアロハシャツがあるという人は少ないでしょう。

また、その格好で満員電車に乗って会社に来る勇気も今のところ自分にはありません。今後それが当たり前に世界が来るのかもしれませんが、当分はこそりと周囲の状況を確認し、みんなの動向を見守ることになりそうです。

【参考】環境省 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13775