あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 朝バナナダイエット


ダイエットブーム後もバナナが売れる理由

2010年1月 31日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →


2008年、とある雑誌から火が付いた朝食にバナナを食べるダイエット法は瞬く間に世の中に普及し、その後はバナナをスーパーなどから手に入れることは難しくなってしまう事態が発生しました。子供もすごくバナナが好きだったのでバナナを探し求めていくつかのスーパーを渡り歩いたものです。

しかし、日本人の特性というのかしばらくするとブームも一気に落ち着きお店でバナナを購入することが簡単になります。自分はここでバナナの消費自体が少なくなってきたためだと考えていたのですが、そうではなくバナナ自体の輸入量が増え安定供給ができるようになったという背景と共に、実は新たな需要があったのです。

それはマラソンやジョギングなどのランナー人口がここ数年で急激に伸びていることがバナナの消費の下支えに大きく影響を及ぼしていたのです。今年の東京マラソンでもドールが約6万本ものバナナを提供するように、ランナーの中でエネルギー補給で最も効果があるとされ食べられているのがバナナなんだそうです。とあるアンケートではランナー400人中300人が走る栄養源としてバナナを食べると答えています。東京マラソンだけでなくその他の大会の多くでバナナが配られているという現実を考えても、ランナーだけでなく主催者側もバナナに対しては同じ思いがあることが分かります。

ランナーの間で好まれるバナナは、高地産の甘いバナナよりも疲労回復に効果があるとされている酸味があるバナナが好まれるといいます。バナナの1世帯当たりの年間消費量は約23キログラムで、果物ではダントツの1位で2位のリンゴの1.7倍もの開きがあります。これは、ブームが去ってもランナーへの栄養補給と共に、その手軽さから朝食として食べるライフスタイルが確立して来たことも挙げられるでしょう。

最近、スーパーでもバナナコーナーに目を向けるとその他の果物コーナーよりも倍近くのスペースが割かれていることに気がつきます。そして週に1回は特売で一房100円をきることも珍しくなくなっています。かつてバナナは、高くて手が出せないあこがれの果物であったといいますが、今では完全に誰もがおいしく食べることができる大衆果物としての地位を確立しました。例えマラソンもブームとして去っていったとしても、確実に食べることができるものとして今後も残っていってくれると思います。

【参考】日本経済新聞 2010/01/31

知るほどなるほどバナナのチカラ!! 知るほどなるほどバナナのチカラ!!
(2010/01/08)
山吉 久雄

商品詳細を見る

朝バナナダイエットブームの終焉

2008年11月 06日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

これまでもブログで、いかにバナナがなくなっているかをご紹介すると共に、いかに困っているかを訴えて参りましたが、ようやくそのブームも終焉の時を迎えたようです。近くのスーパーでも今週くらいから、仕事帰りに立ち寄ってみても山のように積まれて残っていて、バナナを購入するのに苦労しなくなりました。

バナナダイエットはネットのクチコミで広がり、「ミクシィ」がその火付け役と言われています。さらに書籍も登場し、勢いに拍車を掛けたのがTBS系で08年9月19日に放送した情報番組「ドリーム・プレス社」。タレントの森公美子さんが「朝バナナダイエット」に挑み、1か月半で7キロのダイエットに成功した様子に密着したところから、転倒にバナナを買い求める人が続出したといいます。

いなげやの担当者によると、「作られたブームですから短期間に終了するのでは、という見込みでしたが、普段はお買いにならないお客様がワーと押し寄せて、毎日のように品切れが起こり、継続して買ってこられたお客様に大変なご迷惑をお掛けしました」とのことで、一様にホットしている様子。

財務省が発表した08年9月の貿易統計(速報値)では、輸入果実の7割を占めるバナナが、今回のブームで前年比25%増となったという数値も出ていますが、ブームが落ち着いた08年11月以降については、10?20%増に抑えるそうです。

気になるのは、今回のダイエットで本当に効果がでたのかどうかということになります。廃れてしまったということは、あまり効果がなかったことが想像できますが、「ミクシィ」の「みんなの朝バナナダイエット」コミュには「何キロ痩せました?」というアンケートがあり、以下の結果となっているそうです。
・5キロ以上減:8%
・3キロ減:10%
・1キロ減:24%
・減らない:22%
・太った(!?):7%

ここから分かるのは、一定の効果を得ることができた人も多いのですが、1キロくらいであれば変動の範囲内という考え方もあります。1回がっつり食事をすれば簡単にそれくらい太るでしょう。森公美子さんのようには簡単にはなれないことから諦めた人が続出した結果として、ブームが終了したことが考えられます。

できたら、次のブームは日頃食べない(もしくは食べられない)ようなものだったり、ふんだんにあるものを使ったものにしていただけると助かります。例えば、メロンや宮崎産マンゴーなどの高級果物や、水しか飲まないといった水ダイエットなどがいいかもしれません。

【参考】J-CAST
http://www.j-cast.com/2008/11/04029746.html


ゴッドハンドエステティシャン★高橋ミカさん発案!!セレブや芸能人の間で大ブーム!美味しい美容…

朝バナナダイエットってなに?

2008年7月 04日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →



朝バナナダイエットというダイエット方法をご存知ですか?

なんでも、mixiで広がったダイエット方法らしく、書店に行っても山積みになってこの紹介本が売られています。

でも、そもそもこの朝バナナダイエットってなんなんでしょうか。もしかして知らないのは自分だけなのかもしれませんが、少し調べてみたいと思います。

バナナには、ダイエットの天敵である脂質や糖質の代謝を促すビタミンB群、腸を刺激して便を出しやすくする不溶性食物繊維が豊富に含まれているそうです。

また、むくみを解消して血圧降下に働くカリウムなど、ダイエットに効果がある成分が豊富で、極めつけは必須アミノ酸のヒスチジンが含まれており、この成分は食欲抑制の効果があるそうです。

ここまでダイエットに効果的なものが入っていたんですね。驚きました。では、どうやって食べればいいのでしょうか。

1.朝食はバナナと水だけにします。
2.昼食は普通でOKです。
3.三時のおやつもOK!(食後のデザートは控えましょう)
4.夕食は普通でOK。できるだけ早い時間に食べましょう。
※お酒も適量ならOKです。飲み物は常温の水。できるだけこまめに飲みます。

こんなにも簡単にできるもんなんですね。文字通り朝にバナナと水だけをとるダイエットのようです。これで昼間で持つのかどうか分かりませんが、ビジネスマンでも30代?40代の50%がメタボの疑いがあるとのことなので、この際実行してみるといいかもしれません。

朝バナナダイエット 朝バナナダイエット
(2008/03/01)
はまち。

商品詳細を見る