あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ヒアルロン酸


目が疲れたら遠くを見よう

2011年4月 14日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

家でも会社でもパソコンのディスプレイをみる機会が増え、さらに携帯電話やスマートフォン、ニンテンドーDSなどの携帯型ゲーム機など目が疲れたり視力を悪くしてしまうものがすごく増えています。自分も以前は裸眼で1.0以上はあったのですが、徐々にそれが下がっていき今では遠くを見るときにはメガネが必需品となってしまっています。そんな疲れ目対策を自分で簡単にできる方法があるというので以下にまとめてみたいと思います。

◆「目が悪くなる」とは?
多くの場合、遠くの物が見えなくなったときに「目が悪くなる」と表現しますが、梶田眼科の梶田雅義院長は一概にそうではないと話します。人の目には自然にピントがある最適な距離があって、その距離感でものを見ているときには目の負担が小さいのです。つまり近視の人にとってパソコン作業による目の負担はあまり多くないのです。

◆調節力の負担を抑える方法
といってもなかなか、最適な距離感でものを見続けるのは難しく、目は必死になってピントを合わせる調整機能を駆使しています。その負担を少しでも抑え目の疲れを予防する方法として以下が挙げられます。

・10分に1回、1秒から2秒ほどパソコンから2,3メートル遠くに目線を外す
・近い距離を見やすくするための作業用メガネをつくる
・近視の人はメガネやコンタクトの度数を落とす

◆ドライアイが目の疲れの原因の可能性も
長くパソコン操作をしていると集中しすぎて瞬きが少なくなりがちです。目を閉じてしばらくして目を開けて10秒間開け続けられない場合にはドライアイの可能性があるといいます。ドライアイも目の疲れの原因となるのです。

◆ドライアイを防ぐ方法
・パソコンの画面を見下ろす位置に置き、目の開きを抑える
・ソフトレンズを使用している人は、防腐剤不使用の使い捨て目薬をこまめに差す
・パソコン作業が多いときはなるべくメガネをする
・加湿器を使い乾燥を防ぐ
・ドライアイ用のヒアルロン酸を含んだとろみのある目薬を使う
・目を温め涙を出にくくする原因となる目詰まりを防止する

今を生きていく上で、電子機器の使用を控えるということは困難だと思います。だからといってなんの意識もなく無理して利用することによって目はどんどん疲れていってしまい、様々な体の症状となってあらわれる恐ろしいものであると今回わかりました。自分の日頃の簡単な努力で目の負担を抑えることができるのなら、やらない手はないと思います。

【参考】日経Plus1 2011/04/09

保湿でかゆみを防げ

2009年3月 30日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

赤ちゃんの肌は、触っていて本当にすべすべしていて気持ちいいものです。ところが、お風呂上がりなどに、しばらくすると急速にカサカサしてきます。お風呂という水分たっぷりの所にいたにも関わらず、ものの数十分で乾燥してしまうのは肌表面のバリアになってくれていた皮脂がなくなってしまい、水分が抜けやすい状態になるからだといいます。

これによってかゆみも出てきたりしますよね。肌が乾燥すると表皮の細胞から生理活性物質が出て、かゆみを感じる神経が活発になるそうです。こんな時は薬で鎮めるよりも保湿することによって再発を防止した方がいいとのこと。それくらい保湿というのは大切なことなんです。

九州大学の古江増隆教授によると、乾燥して生理活性物質が出やすい肌は老化しやすく色素沈殿を起こしやすいといいます。そのために保湿は必要で、自分の体にあった保湿クリームを使うといいそうです。最近では様々な物質が配合されていますが、自分の肌が荒れやすいかどうがで使うものは変わってくるというので、自分の肌がどうなのかをきちんと理解する必要があります。以下に簡単に保湿クリームに含まれる成分と働きについて示します。

・脂質セラミド
角質の細胞の隙間で水分をつなぎとめる。花王の「キュレル」などに配合

・ワセリン
皮膚を保護して水分蒸発を防ぐ。粘着力が大きい

・尿素
皮膚の水分をつかまえて保持する。角質を柔らかくする。興和の「ケラチナミンコーワ20%
尿素配合クリーム」や資生堂の「尿素10%クリーム」などに配合

・コラーゲン
皮膚を保護する。水と結びついて保湿する

・スクワラン
肌を守る膜を形成する。スクワレンが原料

・ヒアルロン酸
皮膚や関節に含まれる成分で保水力に優れる

また一日のうちで使うタイミングですが、最もいいのは入浴後からだが湿っているときにぬるのが一番効果的。乾いているときには湿らせてから塗りましょう。

かゆみや肌荒れによる痛みは、本当につらいものです。乾燥しやすい時期はとくにそうですよね。そうなる前に男女、大人子供問わずお風呂上がりにクリームを塗るといいでしょう。もしかしたら子供のような肌になれるかもしれないので、自分も早速子供に塗っているクリームを塗ってみようと思います。

【参考】日経Plus1 3月28日


【2個分の価格で3個買えます】バリアバランス保湿クリーム 2個セット(1個追加サービス) 

エチゼンクラゲがひざの回復に効く

2009年2月 01日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

ここ数年、日本海側で大量発生して漁業被害を出すやっかいものとして漁業関係者に悩みの種だったエチゼンクラゲを覚えていますでしょうか。その大きさは傘2メートル、重さで言うと150キログラムにもなるといわれる巨大クラゲなんですが、どうせ嫌われるなら有効活用できないかと様々な研究が進められてきました。食用として必死に調理していた人はその当時ニュースにもなったほどです。

そして、とうとう東海大と理化学研究所が大変有効な効果を発見しました。エチゼンクラゲなどから抽出したたんぱく質を、高齢者のひざに多い変形性関節症の治療に使われるヒアルロン酸に混ぜると、治療効果が約2倍に上がることが分かったのです。

このたんぱく質は「ムチン」と呼ばれるものだそうですが、ウサギを使った実験でひざ関節の軟骨がすり減った変形性関節症と同じ症状のウサギの関節にムチンを混ぜたヒアルロン酸を注射したところ、10週後にすり減った軟骨がほぼ正常に回復したのです。これは、ヒアルロン酸だけを注射したウサギに比べ、回復率は1・6?2・6倍も高かったそうで、その効果が実証された形となります。

エチゼンクラゲから抽出された「ムチン」というたんぱく質は、関節では軟骨を保護、修復する役割があるとされていて、今後エチゼンクラゲの有効活用が期待されています。

ところが、そのエチゼンクラゲが昨年から激減しているそうで、すぐにでも何とかしないといけない問題ではなくなってしまいました。それはそれで漁業関係者としては喜ぶべきことなのですが、次に大発生した際に備えて、この研究をいかし低コスト、低スキル化を実現し、いつでもすぐに利用できるようにしておくことが求められます。

【参考】読売新聞 1月31日


エチゼンクラゲの粉末入りクッキー
えくらちゃん