あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2018年_西郷どん > 西郷どん 第30回「怪人 岩倉具視」


西郷どん 第30回「怪人 岩倉具視」

2018/08/12 Category: 2018年_西郷どん

今回はなんと言っても岩倉具視オンステージでしょう。笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視はこれまでのイメージを完全に覆すいい意味でのおじさんでした。かつては和宮と将軍徳川家茂の縁談を見事にまとめあげたというその手腕は完全に見る影もなく、蟄居生活が続いていました。

その岩倉に対して切り込んでいったのが吉之助でした。本音がどこにあるのか謎なところも多い言動を繰り返す岩倉に対して、丁半ばくちの代償で御庭番として働くことで返済していた吉之助は、岩倉の家の中で自分のめざす日本の姿と完全にかぶるような思想を持っており、まだ表舞台にのぼる野望を持っていることを知ります。

その吉之助とは対照的に一蔵は、金銭的に返済を行い薩摩と岩倉の関係を終わらせようとしていました。ちょうどその時、吉之助は薩摩藩士と岩倉具視の子供を引き連れてその知識を教えて欲しいとやってきます。

一蔵と吉之助は、最後に無言で頷きあっている様子を見て取ることが出来ますが、完全に狙ってこのような動きをしているのだとしたら驚きです。途中まで一蔵は吉之助がやってきたときも驚きをみせていただけに、この2人の関係と、演出として2人をどのように見せていきたいのかが分かりづらい場面だったなと思います。

さて次回は、吉之助、龍馬、桂といった役者が徐々に揃ってきて、なじみ深い幕末の世の中が繰り広げられていきそうなので、楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・京都府京都市
 岩倉具視幽棲(ゆうせい)旧宅
 地下鉄烏丸線「国際会館」からバス「岩倉実相院」下車 徒歩3分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美




コメント

*



トラックバックURL