あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ニュース > ひまわりが残したもの


ひまわりが残したもの

2015/08/23 Category: ニュース

夏の季節に一番似合う花と言えばひまわりを思い浮かべる人が多いでしょう。

ひまわりの花言葉をご存じでしょうか。それは「私はあなただけを見つめる」というもの。もの凄く情熱的なネーミングだと改めて感じます。そんなひまわりの花言葉にふさわしいお話をご紹介しましょう。

アメリカ ウィスコンシン州に住むBabbette Jaquishさんはある日ガンを患い闘病生活をしていました。そんな彼女を励ますため、夫であるDon Jaquishさんが400エーカー(約162万平方メートル)の畑一面に彼女が大好きなひまわりを植えます。

2人はさらにBabbette’s Seeds of Hopeという会社を設立し、収穫した種を販売、その利益でがん患者の支援を行っていました。その4年後、Babbetteさんは天に召されてしまうのですが、Donさんは事業を継続し妻の顔写真をプリントしたパッケージに種を詰め、販売を行っているといいます。

Babbetteさんが亡くなってから4ヶ月後、Donさんは妻が残したノートを見つけました。そこには・・・

「毎日をしっかりと生きて。あなたが朝の空気を感じるとき、目覚めたとき、コーヒーを飲むとき、私はそばにいる」

どこまでも続くひまわり畑は、永遠を誓った2人の愛のシンボルとなっているのです。ひまわりの花言葉にぴったりなお話だと思います。

残り少ない夏の季節。そんな逸話に思いをはせながら、ひまわりを眺めてみるといいかもしれません。

(参考)
・ISUTA http://isuta.jp/65054/
・Babbette’s Seeds of Hope http://www.babbettesseedsofhope.com/





コメント

*



トラックバックURL