あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2012年_平清盛 > 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」


平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」

2012/05/13 Category: 2012年_平清盛

後白河天皇が突然誕生し、なぜそのような決断をしたのかを明らかにしないまま、鳥羽法皇は心が穏やかではない日々が続きます。物語の中では、信西の陰謀によって完全にコントロールされたらしいことが説明されていましたが、鳥羽院の口からはひたすら謝罪の言葉しか出てきません。視聴者が知りたいのは、なぜ後白河天皇を選んだのかということなのですが、残念ながら今回話がなかったので、次回以降は闇に葬られてしまうことでしょう。

これによって、一躍権力者になった信西ですが、自分で実権を握ったと述べていることから、自覚は思いっきりあるようで、これから裏でどんどん活躍していくことでしょう。力を握るためにはどんなことでもするという姿は、「宋をお手本にした世の中」を作るという理想からはほど遠いものに見えてしまうのは自分だけではないでしょう。これから、彼に思いのまま操られる人が増加傾向にあるものとみられます。例えば、鳥羽院に忠誠を誓う誓紙を提出するように武士に言い渡し、自分の手のひらで転がそうとしたり、次回以降繰り広げられる保元の乱に向けて色々画策したり。この男をどのように描きたいのか、今のところまだわかりません。

そんな世の中が分裂しそうな勢いの中で、平氏や源氏それぞれで分裂する要素を大いに含ませる内容となりました。まず源氏の棟梁のしるしである友切を奪い取った義朝は、この勢いで完全に父親と決別する動きをします。親や一門を大切にする流れの中で、この動きはそうとう大きなものであったでしょう。さすがにこれについて行けないという家臣は次々と去っていきます。

また、平氏に至っても結束が高かったと考えられてきました。はじめは、、清盛の館に時子の妹・滋子がやって来て、成海璃子さんがぶいぶい言わせて「私、好きな人とじゃなきゃ結婚しないの」と今時な台詞をおっしゃった後、あっかんべ―するなどもはや大河ドラマの内容とも思えない振る舞い。ちょっとびっくりしました。

こんな仲良い一門ですが、火種になりそうなのが忠正と池禅尼さん。この2人はちょっと怪しいフラグが立っていて、平氏の中での打ち合わせの後に、池禅尼さんが忠正を呼び止め、「何かあったら、忠盛の遺志をついで平氏一門を導いてほしい」と言っています。この何かあったらというのはどういうことなのか全く不明ですが、清盛を差し置いてこの指示はちょっとあり得ません。この先、きっと彼らは平氏にとって分裂の要素となることを明示的に示しているものとみられます。わかりやすいんですよね、このドラマでのフラグって。

色々と上皇と法皇の関係をもう一度結ばせようとする清盛ですが、最後の最後にそれは逆になり、法皇を訪れる上皇に対して剣を向けるというあり得ないシチュエーションの末、「ちょっと遅かったな、オレはもう法皇側につくと決めたんだ」という思いから上皇を追い返します。さっきまで仲直りしてよ、と言われていたので、それを真剣に聞いて、父親のもとに行ったのに、手のひらを返すようなこの仕打ち。この上皇はこういう役回りなのでしょうか。井浦新さんもつらい状況でしょうね。この人が笑っている姿を見たのは、もう随分前のような気がします。

さて、次回はとうとう戦の前触れ。義朝が願っていた世界です。どっちに付くことによって自分、そして一門を反映させられるか、その勘どころと度胸が勝負となります。色々と視聴率が低迷していたり、脚本が怪しいと言われたりしていますが、自分は大河ドラマがやっぱり好きなので、この時間を楽しみにしたいと思います。

◆清盛紀行◆
京都府京都市
 -鳥羽離宮跡
 -安楽寿院
 -安楽寿院南陵
 -安楽寿院陵




コメント

*


コメント(1)

  1. こんにちは!haruと申します。

    自分も大河ドラマファンです。今回の「平清盛」は、視聴率的には苦戦しているようで、いろいろ言われていますが、自分は楽しんで見ています。こちらの感想も興味深く読んでおり、今後も拝見できればと思っております。よろしくお願いします!

    Comment by haru | 2012/05/16 20:01



トラックバックURL