あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2010年_龍馬伝 > 龍馬伝 第24回「愛の蛍」


龍馬伝 第24回「愛の蛍」

2010/06/13 Category: 2010年_龍馬伝

前回が「動」の話だとすれば今回は「静」の話といえるでしょう。激しく動いた物語をもう一度振り返り、それぞれの登場人物の思いをたどっています。前回、池田屋で新撰組によって亀弥太は殺害されることになります。その亀弥太を守ってあげることができなかったことを猛烈に悔やむ龍馬は、新撰組に突進するのですが桂小五郎に止められます。

いつも仲間が大切だと公言していた龍馬にとって、亀弥太の死はこれ以上ないくらいつらいものだったのでしょう。しかし、最後に龍馬も言っていましたが、いつの日か時代が過ぎていったときにそれを糧として亀弥太の死を無駄にしない生き方をすることが死んでいった者への最大限の弔いになるんですよね。平井収二郎たち土佐勤王党のメンバーたちのように、昔に無念にも亡くなってしまった者のためにも、日本を世界から守って強い日本を作ろうと努力しているのです。

仲間への思いという面では、現在囚われの身となっている武市半平太や岡田以蔵に対しても同じでしょう。拷問が再開され以蔵は口を割りそうになりながらも頑張っています。そんな半平太のことを想い続けるお冨さんのことを思うと心苦しくなってしまいます。最期の場面で、お冨が半平太に贈ったが淡く光りながら牢屋を照らしている光景は幻想的でもあり、哀しみが増幅されるようでもあり、今回最大の見せ場でした。

いつでも半平太はお冨さんのことを考えてくれる素敵な旦那様であることを様々な人のエピソードから今回明らかになり、そのような人が大殿様への忠義を違った形でとられてしまい、このような形になっているのが不思議な気がします。歴史にタラレバはないのですが、武市がこの後藩政や日本のために活躍していたら、どうなっていたのか見てみたい気もします。

一方で、龍馬と弥太郎にとっては少しだけハッピーな内容となりました。龍馬はお龍さんの家で家族と共に過ごし、徐々に距離を縮めていきます。人の好意は素直に受け取るものだという龍馬。なかなかできることではありませんが、相手を見定め信頼できる人には頼ってもいいことを龍馬は身をもってお龍に教えているようです。

そして弥太郎は、今回は本当に真面目な人物で通していました。子供が産まれて父親になり家族のために精進するようにしたのでしょう。いい方向に行きながらも後藤象二郎に郷まわりに戻るように言われて、半平太を追求するハメになってしまいます。今後再び商売の世界に戻ることができるのか楽しみにしたいと思います。

次回は、龍馬の母親とおぼしき人が寺田屋関係者として登場します。寺田屋といえば何かとこの時代、色々あった場所ではありますが龍馬との関係も注目ですね。

◆龍馬伝紀行
京都府京都市
 - 八木邸(新撰組屯所跡)
 - 旧前川邸(新撰組屯所跡)
 - 壬生狂言
 - 近藤勇像
 - 壬生寺

龍馬ストラップをつけていたら、少しだけ注目されそうですね^^

坂本龍馬伝 家紋入りストラップ

坂本龍馬伝 家紋入りストラップ

価格:5,250円(税込、送料別)




コメント

*


コメント(1)

  1. はじめまして!
    トラバありがとうございます。
    私の住んでいるところは高知県の西のはずれ。
    大河ドラマ大好き!なおばさんです^^
    篤姫以降今年の龍馬伝も楽しみに見ています。

    Comment by yume | 2010/06/14 10:33



トラックバックURL