あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2009年_天地人 > 天地人 第12回「命がけの使者」


天地人 第12回「命がけの使者」

2009/03/22 Category: 2009年_天地人

人を従わせるには、お金でも兵糧でも力でもなく「心」であることを兼続は実践することになります。謙信も義という人の心に訴える政治を行い民衆を導いてきたのですが、兼続も明確な言葉はないにしても自らその遺志を継いでいることが、トメの言葉からもわかります。

しかし、兼続も運がいいという他はありません。たまたま助けた老婆が桑取の長である斎京三郎右衛門の母だという偶然の一致があったからよかったものの、まるっきり違っていたら桑取の門の外でのたれ死んでいたことでしょうね。戦国時代では、全てでの出来事が紙一重でできていて、それが全て生死に関わることなのかもしれません。

それにしても、景虎がどんどんと悪党になっていくのが少し恐ろしい気がします。始めは謙信のもとで忠誠を誓っていた美男子というキャラクターが、取り巻きの家臣と同様、ブラック景虎に変わりつつあります。

実の兄である北条氏政からは援軍を申し出られるのですが、その言葉の裏にある越後を攻めるということを感じ取って、逆に利用してやると怖い人になります。どのように利用するのか分かりませんが、最後に「上田の衆が北条に攻められて大事なものがなくなるのを思い知るがいい」ということから、北条の申し出を受け入れるんでしょうね。

ここに来て、武田信玄、上杉謙信、北条氏康の頃とは全く違った勢力や同盟関係が今後繰り広げられていくことになりそうです。本当に誰を信じていいのかわからない恐ろしい世界ですね。そんな中、兼続はどのように景勝を守っていくのか楽しみです。

□■天地人紀行■□
新潟県上越市/十日町市
・松之山街道
・犬伏城跡
・桑取道(春日山城跡内)


大河ドラマ放映開始新潟・山形・福島「天地人 酒紀行セット」日本酒3本セット 送料全国一律63…


天地人で脚光を浴びる「直江兼続」のド迫力のフィギュア!至高のフィギュアメーカーM-ARTSと正…




コメント

*


コメント(1)

  1. いつもTB頂きながらなかなかお礼の返事が書けず申し訳ないです。

    >ブラック景虎・・・同感!

    最初、実家の北条の援軍の話を聞いて「越後を攻め滅ぼす気か!」と怒るのかと思ったら、「それを利用してやる!」というのは意外な展開でした。
    それまで人質として肩身の狭い思いをしていて相当「鬱屈」していたんでしょうが、己の利に走ってしまった景虎に、謙信の後継者としての資格はないですよね・・・

    今日初登場の武田勝頼の妹、菊姫の今後も楽しみですね。見るからに気が強そうで、景勝とうまくやっていけるのかどうか・・(余計なお世話かもしれませんが)

    Comment by fmat | 2009/03/22 21:50



トラックバックURL