あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2009年_天地人 > 天地人 第14回「黄金の盟約」


天地人 第14回「黄金の盟約」

2009/04/05 Category: 2009年_天地人

話が急展開に進みがちな大河ドラマにあって、ここ数回は景虎との戦いが長期化し、じりじりとした手に汗握るものとなっていることがわかる描写になっています。残念ながら景虎側の状況がよくわからないので、何もしていないように見えますがきっと色々手を打っているんでしょう。

そんななか、前回間を取り持ってくれると言っていた高坂弾正が亡くなったことが伝わり、それと共に武田軍が進軍してきているというのです。高坂が責任を持ってこの話を進めると言っていたにもかかわらず、勝頼に全然伝わっていなかったのは残念でなりません。高坂の家臣の誰かが勝頼に話をしてもいいんじゃないかとは思うんですが。

そんな武田に再び直談判しに行きたいという兼続を景勝を含めて大反対するのですが、色々ありながらも最後は兼続の意見を採用し、再度武田の元へと派遣することになります。景勝にとってここまで兼続の意見が強いということは、上杉家のその他の重臣にとっては気分がいいものではないでしょう。なにせ自分たちの意見が全く取り入れられず、兼続の意見ばかりが採用されるのですから。そのことを景勝も兼続もフォローしないといけないのに、そういう雰囲気はありません。これで上杉家はひとつに束ねられていけるのだろうかと謎になります。

同様に兼続とお船の関係もあるでしょう。信綱の関係もありながらどうしても兼続を応援したいと密かに呼び寄せて激励します。お船にとって心が完全に兼続にあることを示していますよね。兼続の立場から見ると微笑ましいのですが、自分が信綱の立場になったらこの状況をどう思うでしょうか。

そうして様々な人々の思いが交錯しながらも、兼続を中心とした上田衆は勝頼から同盟の旨の回答を引き出し、同盟を成功させます。今後兼続が大物になっていくんだということが勝頼の「名前を覚えておこう」発言からも見て取れます。その同盟の証として景勝の嫁として勝頼の妹である菊姫が決まることになるのです。

次回からようやく、物事が進んでいきそうな感じがします。北条や景虎とどのように戦っていくのか楽しみにしたいと思います。

□■天地人紀行■□
新潟県南魚沼市・湯沢町
– 荒戸城
– 龍澤寺
– 樺沢城跡
– 坂戸山


天地人 普通酒 1.8L【まち楽 新潟/日本酒/天地人】【取り寄せ】





コメント

*



トラックバックURL