あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2008年_篤姫 > 篤姫 最終回「一本の道」


篤姫 最終回「一本の道」

2008/12/14 Category: 2008年_篤姫, ドラマ

とうとう今回が最終回となりました。これまで天璋院を中心として実に多くの人が心と心で結びついてきたのですが、最終回を迎えてその多くの人たちが去っていき、そして再開します。始めに再会したのはお幸と忠敬でした。お幸は天璋院に対して自然と「於一」の名前が出てきます。やはり母と娘の絆は強いものだったのですね。思えば、天璋院に対して精神的な支えとなり、時には厳しくそして優しく守ってくれたのは、お幸と菊本だったのですよね。随分前のことのように思います。菊本は「女の道は一本道だ。振返ってはいけない」と言い残し自害してしまったのですが、その心をどこかでずっと感じていたのでしょう。その菊本が回想シーンでも登場する場面がほとんどなかったのが残念です。

天璋院は、家定が亡くなってから家定の心をずっと後世に残していこうと心に誓います。そして、その徳川の心は確かに多くの家族へとつながっていき、やがて家達へと注がれていきます。家達は昭和15年まで生きることになるのですが、徳川家は今でも脈々とその心をつないでいます。徳川宗家だけでなく、大奥にいた女中もその心を多くの人につないでいったのです。そういう意味で天璋院は徳川の母なのかもしれませんね。

物語は着々とクライマックスに近づいていきます。まず永久の別れとなってしまったのが、小松帯刀でした。薩摩にいた頃からずっと一緒にいた肝付尚五郎は小松帯刀になっても於一、篤姫、天璋院を慕っていました。お守りもずっとおそろいのものを身につけていて、二人の心はいつでもつながっていたのです。「また、次回に会うときまで元気でいます」と天璋院に言われたときも覚悟していたのでしょう。もう会えないとは分かっていても、会えると信じて疑わない天璋院の気持ちを考え、あえて快諾するのでした。本当に胸が苦しくなりますね。物語はこの二人を中心に動いてきただけに、小松帯刀を亡くしてしまった天璋院は悲しみに暮れ、家定のときよりも激しく嗚咽します。

そして、新政府になって去っていく西郷。彼はその後西南戦争にて自らの一貫した人生に幕を引きます。

すべての人が懐かしくて仕方ありません。天璋院のために闘った人、尽力した人など実に多くの人たちがいました。大奥というこれまでどのような場所なのか分からないところも今回の大河ドラマで、人と人が密接に結びついたドラマがあることも知りました。この大河ドラマを通じて印象に残ったのは、天璋院や家定が言いたかった「心を残すこと」、それはものが残る以上に多くの人たちに影響を及ぼすことができるということ。そして、いちぃど決めたことに対してあとは流れに身を任せ、がむしゃらに走るということ、まさに一本道ですね。

これまでの大河ドラマが戦が中心だったのに対して、心が中心だった数少ない大河ドラマといえると思います。それゆえこれまで大河ドラマを見なかった人の心にもそれが残っていったのでしょう。まさに心は我々の心にも残ったのです。

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD] NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]
(2008/12/19)
宮崎あおい瑛太

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD] NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
(2009/03/25)
宮崎あおい瑛太

商品詳細を見る



◆関連する記事◆



コメント

*



トラックバックURL