あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 風林火山


市川亀治郎流「奇跡の起こし方」

2010年5月 01日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

最近、「パワースポット」が様々なところで取り上げられています。朝早くから人気スポットに並び、その場所を携帯電話の待ち受けにすることによって願いが叶うという噂も飛び出しています。人々はまるでそこが神社や仏閣かのように、その場所で恋愛や金運、人間関係など多種多様な願い事をします。

そんなパワースポットに対して苦言を呈する1つの記事を見付けました。その方は市川亀治郎さんです。歌舞伎俳優の市川亀治郎さんを知ったのは、大河ドラマ「風林火山」での武田信玄役でした。彼は、既存の歌舞伎の世界を変えるべく様々な活動をしていて成功をおさめているひとりといえるでしょう。

市川亀治郎さんは、本来よい「気」が発している聖地が「パワースポット」化してしまい、多くの人が芦を踏み入れる場所とになってしまうことによって穢れてしまうといいます。「穢れ」とは神道ではもっとも忌み嫌われるものです。人が足を踏み入れ、願いという自分の心の中にある欲望をぶつけることによって、「パワースポット」は穢れていくと市川さんはいいます。

パワースポットのパワーが無くなってしまうのかどうか、それは目に見えない世界なので実際にどうなのかは分かりません。ただ市川さんは続けてこのように指摘します。

「こうなりたい」ではなく「こうなるんだ」。自分がはっきり決意することによってやるべき事が見えてくる。そして、そこから努力が生まれる。努力はいつかきっと実る。この過程に奇跡じみたことは一切ない。人事を尽くさずに天命を待つから不安になる。人事を尽くしていれば何も恐れることはない。奇跡に頼ろうとする他力依存のこころの持ち主に神様は味方しないだろう。そのような甘い心を捨て去り、今の自分が精一杯できることをやり、必死に物事に取り組む一生懸命な姿が、時として奇跡を起こす。

これはパワースポットに限ったことではありません。神社や仏閣に初詣に出かけた際に、「こうなれますように」と願い事をするでしょう。その際に自分の努力もしないで神様に完全に依存する人もいれば、なりたい自分を再確認し、一年の初めに願いに向かって自分で努力する人もいます。市川さんは後者であるべきだと言っているのです。願い事をしたから大丈夫と何もしないのではなく、常に願い事に向かってやるべき事は自力でなんとかすること。最後に待つだけの状態になったときの安心材料として願い事をしたことを利用するのは構わないでしょう。

市川さんの講演を聞くと、自分が強くこうなるんだと思うことの大切さを感じます。強く思うとそれに向かって人は努力できる。やるだけのことをやれれば、必ずその願いはかなうのです。そう信じられるのも彼の人間的な魅力からでしょう。

パワースポットに足を運ぶことが悪いことだとは思いません。ただし、願いが叶うか叶わないかはパワースポットの力ではなく、あくまで自分自身であることを忘れてはいけないのです。

【参考】日本経済新聞 2010/04/30

カメ流 カメ流
(2008/04)
市川 亀治郎

商品詳細を見る

緒形拳さん ありがとう

2008年10月 07日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

10月5日 71歳という今の時代では若いといえる年齢で、俳優の緒形拳さんが亡くなりました。

最後まで俳優として人生を全うしたと思います。ぎりぎりまで役を演じていて、さらに医者から危篤を伝えられた後も、津川雅彦さんとの面会でいい作品を作り続けるようはっきりとしゃべって笑ったと言います。

自分は、昔の緒形拳さんの作品を見たことはないのですが、最近で言うとNHKのドキュメンタリー番組「プラネットアース」やテレビ朝日の「素敵な宇宙船地球号」でのナレーションで、味のある人だと感じていました。

緒方直人さんという子供も俳優ですが、緒形拳さんとはいつもライバル関係にあるとお互いが思っていることをとある番組で知りました。親子と言うよりもお互いに切磋琢磨するその姿に、俳優という厳しい世界を感じたものです。

緒形拳さんの出演作品で一番印象に残っているのは、昨年放送された風林火山での「宇佐美定満」役です。Gacktをうまく引き立てて、人間味溢れる演技をみせてくれました。緒形さんは、演技は70歳からが円熟すると語っておられました。演技をしていないように演技をすることができる歳になるからだと言います。

そのことそのまま表現していた人であったと思います。これから、この人の声を聞くことが聞けないと思うと、大変寂しい限りです。今はただ、お疲れさまでした、ゆっくり休んでくださいとお伝えしたいと思います。

プラネットアース DVD-BOX 1 episode 1?episode 4 プラネットアース DVD-BOX 1 episode 1?episode 4
(2006/08/25)
緒形拳上田早苗

商品詳細を見る

プラネットアース dvd box 2 episode 5~episode 7 プラネットアース dvd box 2 episode 5~episode 7
(2006/12/22)
緒形拳上田早苗

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集
(2008/01/25)
内野聖陽市川亀治郎

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集
(2008/03/21)
内野聖陽市川亀治郎

商品詳細を見る

風林火山 第25回 「非情の掟」

2007年6月 24日 By: rainbow Category: 2007年_風林火山, ドラマ 1 Comment →

今回は跡取りというキーワードを中心に展開します。

今の時代はあまり跡取りということは気にしないことも多いですが、戦国時代は跡取りの意味することが非常に大きい時代だったんですね。

虎王丸は諏訪頼重の子供ですが、後を頼んだと言い残し自害した頼重の気持ちとは裏腹に後に生まれた四郎にその家督を譲るため出家させられてしまう人生。

今の時代であれば、自分の力ではい上がっていくこともできたんでしょうが、戦国時代はそういった大人の事情から抜け出すことなんてできません。

勘助も一人の軍資として晴信に仕えていればいいのでしょうが、四郎を跡取りという想いが強すぎてそれが裏目に出ようとしています。

そのことが次第に晴信の機嫌を悪くしていく原因なんでしょう。次回はそういった波乱が待っていそうです。

ところで、Gacktの長尾景虎役はかなり腐女子の方に人気だそうです。このミステリアスで中性的なかっこよさにBASARAのような人気作品と相まって人気急上昇中だとか。

これまで見たことがなかった人も多いらしいのですが、いい流れだと思います。これを機にNHKもこれまでの流れをおさらいしてあげるような番組を他の枠でやってあげればいいんじゃないでしょうか。