あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



調子よく朝を迎える3つの方法

2010年7月 09日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

朝、気持ちよく起きて準備をすることができる人というのは本当に幸せなことだと思います。気持ちよく朝を迎えることによって、その日1日を元気に頑張れるような気がしてきます。それほど朝いかに眠いモードから復活することができるかが重要なポイントとなります。

自分は、朝起きてから家を出るまで30分程度の時間をほとんどぼーっとなった状態で忙しく準備をします。もっとしゃきっとすることができれば、子供と一緒に短い時間でも遊ぶことができるのではないかと思います。そこで、今回は調子よく朝を迎えることができる3つの方法について、メンタル・ジャーナリストの大美賀直子さんのアドバイスをもとに紹介したいと思います。

1.起きたらまずは、朝日を浴びる
脳で生成・分泌される「メラトニン」というホルモンによって眠気が訪れます。このメラトニンは、暗くなると分泌が始まるため、明かりを消すと眠くなり、逆に強い光を浴びると分泌が抑制されて眠気が治まります。つまり、しっかり目覚めるためには、強い朝日を浴びてメラトニンの分泌を抑えることが必要なのです。なので、朝目覚まし時計が鳴ったときに、カーテンをひけるようにしておくとおのずと眠気も吹っ飛ぶといいます。

2.あったかい飲み物を飲んで、体温をあげる
早寝早起きの人でも、起き抜けの時間帯は体の深部の体温はまだまだ低い状態であり、体温が下がったままの状態だと、体が活動モードに入らずだるさが抜けきれません。

そんな朝に冷たいものをとるのはやめましょう。温かい飲み物を体に入れて、体温をぐんと上昇させてあげることが大切です。特に、起き抜けの1杯としておすすめなのは白湯だといいます。インドの伝承医学 アーユルヴェーダでも起き抜けの白湯は胃腸の調子を整え、体内にたまった老廃物を排泄してくれるために有効であるとされているそうです。

ここで注意したいのが何を飲むかです。自分は今までコーヒーや紅茶を飲んでいたのですが、カフェインを起き抜けに飲むのは胃に負担となり、胃酸を過剰に分泌させることにもつながるので避けたほうがいいといいます。なので起き抜けではなく、食事中かもしくは食後に飲むことによって血圧を上昇させ、目覚めを促す作用をうまく利用することができます。

3.朝食は必ず食べるのだが、食べすぎない
夕食を食べてから朝食を食べるまでの時間は1日の中でもかなりの時間になります。当然ですが、体は多くの絵ベルギーを必要としているので、すぐにエネルギーに変わる糖分、例えばご飯やパンなどの主食、甘いものをしっかりとるようにします。

このとき心がけたいのは、冷たい食べ物は控え、少なくとも常温以上のものをとること。牛乳やヨーグルトなども、冷蔵庫から出してきたものをそのままとると体がすぐに冷え、体温の上昇を妨げてしまいます。

このように、日光を浴びて温かい飲み物を飲みながらしっかりと朝ご飯を食べることが、1日を元気に過ごすための大切な行動だったのです。早速明日から実戦してみたいと思います。

【参考】All About
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20040515A/

起床術---どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ (河出文庫) 起床術—どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ (河出文庫)
(2010/04/02)
不明

商品詳細を見る

1日15分は日光浴を

2010年3月 03日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

日光に浴びることは、メンタル面でも身体面でもよいということが様々なところで言われています。人間は遥か昔から日の出と共に活動し日の入りと共に眠るという生活をしてきました。時間の感覚も日光から得るし、寝る時間も同じでしょう。それが人間の生活に一番適しているからこそ悠久の時を越え人は日光と共に生活してきたのでしょう。

そんな日光は人間の骨を強くする上でも非常に重要な役割を果たしています。今回は日光と骨との関係から、自分たちが強い骨を日光を使ってどのように作っていけばいいのかを探ってみたいと思います。

◆紫外線とビタミンD
ご存じのとおり骨はカルシウムを中心に形成されています。このカルシウムを体内に多く吸収することができれば、強い骨を作ることができます。カルシウムを腸から吸収しやすくするためにビタミンDが大切な働きをします。

そのビタミンDを体内で作るのに必要不可欠なのが日光なのです。つまり、カルシウム→ビタミンD→日光というように必要なモノを追っていくと日光に行き着いたという訳なのです。

ビタミンD自体はサバやサンマなどの魚類やシイタケなどのキノコ類ぶ含まれているのですが、必要量のすべてを食べ物からとれる訳ではなく、多くは日光を浴びることによって体内で皮下脂肪に含まれるコレステロールの一種がビタミンDとなって作られるのです。このビタミンDは肝臓や腎臓に運ばれ活性型ビタミンDとなってカルシウムの吸収を高める役割を果たします。

日光に含まれる紫外線はシミやソバカスなどの原因として避けられてしまう存在ですが、実は非常に大切なものであることがわかります。

◆日光の当たり方
夏の海のように日焼けするほど日光に浴びる必要はなく、専門家によると1日に15分程度でいいといいます。軽く散歩をしたり、室内でも窓を開けて太陽の光を浴びるようにします。体内でビタミンDを作る種類の紫外線はガラスを通り抜けない性質を持っていることから窓を開けるのがポイントです。

散歩をするだけで、足腰を鍛える効果があるだけでなく同時に浴びる日光によって科学的に骨を強くする効果があることが上記のように示されていることからいいことずくめといえるでしょう。さらに気分転換になって気持ちよく一日を過ごすことができればまさに一石三鳥ですね。

【参考】読売新聞 2010/02/27

天気の良い日はお庭やテラスで日光浴を楽しみませんか?【ロッキング機能付き フォールディングデッキチェア】 EED-SNC-YW2-6 天気の良い日はお庭やテラスで日光浴を楽しみませんか?【ロッキング機能付き フォールディングデッキチェア】 EED-SNC-YW2-6
()
イーサプライ

商品詳細を見る

日焼け止めの基礎知識

2009年7月 14日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

夏になると暑さと共に嫌なのが紫外線ではないでしょうか。洗濯指数から紫外線指数に天気予報が変わってくると本格的な夏だなと感じます。自分は肌があまり強いほうではないらしく、強い日差しに肌をさらすと赤くなってしまい、その後に白くなっていきます。まったくおめでたい人間だとは思いますがどうせなら黒く焼いて健康的な肌を作りたいと心の中では切望しているのですが。

そんな紫外線という敵に勝つにはまずは敵のことを知らなくてはなりません。そこで、R25に書かれていた内容をもとに紫外線の基礎知識とその対策について考えてみたいと思います。まず紫外線には、以下の3種類があるといわれています。

◆紫外線の種類
・A波(UV-A)
生活紫外線ともいわれていて、強くはないのですが肌の奥まで届きます。これによって肌の内部にあるメラノサイトという細胞が刺激され、有名なメラニンという黒い色素が排出されます。これによってシミやたるみなどお肌の老化が促進されてしまうのです。

・B波(UV-B)
レジャー紫外線ともいわれていて、屋外での日焼けの主な原因となります。肌の表面に強く作用するため、たくさん浴びると赤く炎症起こすだけでなく、シミやそばかす、お肌の乾燥を引き起こしてしまいます。自分はまさにこのUV-Bを浴びているのでしょうね。

・C波(UV-C)
地球上空のオゾン層に吸収されるので、普段の生活には影響がありません。

このように、肌の内部に届いて黒く日焼けさせるUV-Aと、表面を赤く日焼けさせるUV-Bがあることがわかります。これを防ぐために日焼け止めクリームのようなものがあるのですが、このクリームには必ずといっていいほど2つの数値や記号が記載されていると思います。この2つの文字であるSPFとPAについて見てみます。

◆SPFとPA
・SPF(Sun Protection Factor)
世界共通の紫外線防御指数とされていて、一般にはUV-Bをどの程度防ぐことができるかを表す指標といわれています。

具体的には、日焼け止めを1平方センチメートルあたり2ミリグラムだけ塗った場合に、どれだけの時間、日焼けせずに済むかを表していて、日焼け止めを塗る前の段階で15分ほどで肌が赤くなるような人について考えてみると、SPF35と書かれたクリームを塗ると、15(分)×35(SPF)=525(分)という計算から約9時間程度は肌が守られることになります。

実際には、汗などで落ちてしまう関係上もう少し時間的には短くなってしまうのですが、それでも6時間くらい持てば十分といえるでしょう。さらにSPFの値が大きいものを塗ることによってもっと効果のある結果が出てきます。

・PA(Protection Grade of UVA)
UV-Aに対する日本独自の防御指数とされています。効果の低い方からPA+、PA++、PA+++の3段階で表しているそうです。UV-Aなので赤くなる指標というよりも黒くならないための指標と考えた方がよさそうです。

実際に購入するときに、PAとSPFをUV-A,UV-Bという観点から見て自分がどういう対策をうちたいのかによって使い分けられるといいでしょう。自分のように黒くなりたいけど赤くなりたくない人は、SPFが高くPAが低いものを選ぶといいということになりますね。

なお、日焼け止めは厚めに均一に塗るのが効果的で、夏場の屋外は汗で流れやすくなるため、2?3時間おきには塗り直した方がいいそうです。是非参考にしてみて下さい。

【参考】
・ロート製薬 http://www.rohto.co.jp/uv/choice/chap03.htm
・R25.jp http://r25.jp/


無香料、無着色、オイルフリーの日焼け止めクリーム(SPF47/PA++)セルフージョンC MSサン…