あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



仕事とプライベートを充実させる五月病対処法とは

2010年5月 09日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

ゴールデンウィークが終わりを迎えると本格的に五月を迎え、今まで新年度から希望や夢、そしてやる気を胸に突っ走ってきた人も急速に失速してしまい、何事においてもやる気が起きなくなってしまう「五月病」にかかってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな五月病に対して、サンセットコーポレイションが行なったアンケート調査によると、「五月病への対処法」として全年代で「寝る」という答えが昨年を上回ったそうです(男性1585人、女性196人を対象)。

中でも20代女性の30.8%、30代女性の実に40%が「寝る」と答えていることから、特に女性を中心にひたすら「寝る」ことが、心と体の疲れを癒すことであり元気の源になっているようです。また、40代以上女性に至っては、五月病への対処法が「特になし」と答えた人は誰もいなかったといいます。このことから年が上がるにつれ積極的に飲食や趣味など何かをして発散させていることがわかります。

もちろん、休日は思いきり寝て過ごしすべてを忘れてしまうのも1つの手だと思いますが、それでは肝心の仕事に結びつくものが少なくなってしまいます。どうせなら、プライベートで仕事のストレスを発散させながらも仕事のタメになることができれば最高ではないでしょうか。

そんな2つをうまく両立させるためには、「プライベートを全力で楽しむこと」が最も大切なのです。何でも構いません。趣味の世界や子供と遊んでいるときに、ふと思いついたことや、仕事に関わるようなものを見つけたときに、それをしばし真剣に考えてみるのです。例えば「このレストランはヤケに人が入っているな。どうしてだろう」という風にビジネスライクに考えてみます。そこで真剣に考えたことは、後で自分の無意識のうちにひらめきのネタになることが多いのです。

ジェームス W.ヤングの「アイデアのつくり方」という薄い本の中で言っているのは、ひらめきは既存にあるものの組み合わせなのです。ということは、日常生活の中で自分で考えたパーツをいかに集めるかが仕事の世界で求められるひらめきに活かされるということなのです。プライベートを真剣に遊び、そこからでる「どうして?」を真剣に何かを考えてみる。たったこれだけのことを繰り返すことによって、仕事とプライベート両方を満足することができ、ストレスも発散するのだと思います。是非試してみてはいかがでしょうか。

【参考】Walker plus http://news.walkerplus.com/2010/0509/10/

アイデアのつくり方 アイデアのつくり方
(1988/04/08)
ジェームス W.ヤング今井 茂雄

商品詳細を見る

プラス思考でモチベーションアップ

2009年5月 21日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

よく五月病という言葉がありますが、何もモチベーションの低下は「5月だけ」に起こるものではありません。一年中起こりえることで、自分自身の今の勉強や仕事に対して明確な目標があり、達成感をもってできているのであればモチベーションも低下することがないのかもしれません。

仕事や勉強はそれ自身が楽しいというものではなく、受け手によって楽しくもなるしつまらなくもなります。それはちょっとした考え方一つで変えることができるもので、そのちょっとした境界線が、毎日を楽しく過ごすことができるのかどうかという大きな気持ちに変わっていくのです。そこで、今回はリンクアンドモチベーションという人事コンサル会社の方の話をもとに紹介したいと思います。

<モチベーション低下の処方箋>
◆症状1 中だるみ
時間的な区切りがないとダラダラと続けることになり、その方向性が見えないことによってモチベーションが低下することがあります。中期的な目標を掲げ、それを確実に達成するのです。
・3ヶ月の目標を設定し、実現するための計画を練る
・年末年始と同様に3ヶ月の終わりに休みを取り、旅行の計画などをいれる

◆症状2 仕事への不満
単純作業は周りから評価されづらいだけでなく、自分自身も成長している実感を持つことが厳しいので不満のたねになりやすいものです。もっと具体的に自分のすべきことを見つめなおし、それを達成するんだということに集中するとモチベーションは上がるといいます。
・今やっていることにどんな意味があるのかを考え、具体的にイメージする
・「正確さ」「スピード」などをその都度記録し、星の数で自己評価する。ゲーム感覚で楽しみながら目標を達成することができるようになる

◆症状3 失敗や人間関係の悩み
環境をがらっと変えてしまうのもいい気分転換になります。
・ビルの屋上や公園など、自分なりのリフレッシュスポットを決めておく。遠くの景色や自然を眺めると、自分の悩みが小さいことに思えてくる
・閉塞感が高まったときには、喫茶店やフリースペースなど、場所をかえるのも手

こうやて考え方をプラス思考にもっていくには、口癖をかえる方法も効果的だといいます。「どうせ」「やっぱり」という投げやりな言葉を禁句にして、「ちょうどよかった」というような言葉を積極的に口にするようにします。そうすれば、おのずと周囲の環境もいい方向に向かっていく、つまりプラス思考のもとにいいことがやってくるものなのです。

【参考】日経Plus1 2009年5月9日

使える!モチベーション仕事術―70のヒント&ツール 使える!モチベーション仕事術―70のヒント&ツール
(2007/10)
aurora augmentation breast リンクアンドモチベーション

商品詳細を見る

弱音を吐く勇気を

2009年4月 25日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

「私はこんなに弱い人間だったのでしょうか」

心の病にかかる人はこのような言葉を口にすることが多いといいます。でも決して弱いという訳ではなく、むしろ無理をしてでも頑張れる力があるので、疲れてしまうのです。周囲の期待や視線という目に見えないプレッシャーから自分は強くなくてはならないと考えすぎてしまうんですよね。

そう考えると、もっと弱音をはいて周囲を巻き込んでもいいのになと感じてしまいます。自分一人ではできることとできないことがあります。できないことはできないと話をする、その代わりできるところは全力で頑張るという風にメリハリをつけることによって結果的に他人からの評価はあがるのです。

疲れているのに、まだ頑張れると自分をだましていると、しばらくは頑張ることができるのですが、最終的に自分の中にあるエネルギーを使い果たしてしまいます。そうなると、それまで頑張っていた自分を見ようともしないで、エネルギーがなくなってしまった自分のことを情けないと責めるのだと慶應義塾大学保健管理センターの大野裕教授はいいます。

自分の中でうまくいかないことがあれば、友人や夫婦、恋人、先輩、上司、誰でもいいので打ち明けてみましょう。直接的なアドバイスだけでなく、ただ聞いてもらうだけでも自分の気持ちを整理することができ、解決の糸口を得ることができるのです。周囲の人も無理に励まそうとするのではなく、そういう人に対しては自然に聞いてあげることが大切なのです。

そろそろよく言われる五月病という時期がやってきます。これまでの希望に対してギャップが見えてくるこのとき、悩みをそのままにしておくと、その悩みが心にこびりついてとれなくなってしまいます。自分の感覚に素直に従うことができるといいですね。

【参考】日本経済新聞 2009年4月24日

弱音を吐いていいんだよ 弱音を吐いていいんだよ
(2009/01/30)
岸 英光

商品詳細を見る