あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ピサの斜塔


ビッグベンの傾きがピサの斜塔並に?!

2011年10月 14日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

紳士の国イギリス・ロンドンを象徴する建物の一つに英国会議事堂の大時計があります。この時計のまたの名前をビッグベンといいますが、実はどんどん傾いていっていて、とうとう目に見える程の傾きになって来たといいます。

この話だけを聞くと、最近開発等によって急激に傾いてしまったのではないかと思ってしまいますが、実際は想ではなく完成当時の1860年代から始まった下水溝工事、地下鉄や地下駐車場の工事など複合的と要因によって、すでに傾き始めていたという推測がされています。

塔は現在、約0.26度傾いているということから年間平均で考えると0.0017度。ほんのわずかではありますが傾く速度はどんどん大きくなっていきます。現に、2003年あたりから傾く度合いが急激に大きくなっていったという報告からも、そのことがわかると思います。今塔の頂は垂直線から約43センチ離れているそうなのですが、今後はこの離れ具合も大きくなっていくことでしょう。

イギリス議会の調査報告によると、現在の進行速度でイタリアのピサの斜塔並みになるには約4000年であり、倒壊まではさらに時間があるとし、当面対処の必要はないといいます。おそらく4000年よりも前に修復工事があるものと思いますが、ビッグベン自体が傾いているということが話題になっていて議会広場からビッグベンの写真を撮影する観光客たちが傾きを話題になっているとか。

人が作り出した建造物は、例外なく地面の上にたっていて、その地面はわずかではありますが動いています。その結果、月日が経つにつれて建っている状況は変わっていきます。今回のビッグベンだけでなく世界中に存在する歴史的建造物について、どのくらい傾いているのかを調べてみると面白い結果がでてくるかもしれませんね。

【参考】J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2011/10/11109587.html

ピサの斜塔はあと300年倒れない?

2008年5月 30日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →



傾いている建物といえば、欠陥住宅など嫌なイメージばかりありますが、唯一「傾いている」ことがすばらしいと言われる建物が存在します。

それが、イタリアを代表する観光名所「ピサの斜塔」

1174年から1370年にかけて建てられた斜塔は長年、年に約1ミリずつ傾き、イタリア政府は倒壊防止のため1990?01年に観光客の立ち入りを禁止して修復工事を行って、傾きを40センチ分元に戻しました。

その成果もあって、塔はその後次第に安定して、今年に入って傾きの進行が止まったそうです。調査団メンバーのミケレ・ジャミオルコウスキ教授は、この状態を見て「01年の修復工事で塔は安定し、少なくとも今後300年は倒れない。斜塔は19世紀と同じ状態に戻った。半永久的に今のほどよい傾きを保てる」と自信たっぷりに語ったそうです。

完全に戻さないところがさすがですね。でも、半永久的に大丈夫なんて言っちゃっていいんでしょうか。高さは地上55m、階段は297段あり、重量は14,453tもあるような巨大な建造物には今も、すごい力が働いています。

でも、まぁ300年後の人に後のことは考えてもらうことにしましょうか。これでガリレオもどこかで一安心しているかもしれません。

【参考】毎日.jp
http://mainichi.jp/enta/art/news/20080530k0000m030032000c.html

ピサの斜塔で数学しよう―イタリア「計算」なんでも旅行
(2006/08)
仲田 紀夫

商品詳細を見る