あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > グルメ > 電子レンジでパスタを作ろう


電子レンジでパスタを作ろう

2011/10/25 Category: グルメ

我が家で密かにかなり消費しているものの一つにパスタがあります。麺をゆでている間に簡単にソースを作りからめて食べるだけという実にシンプルなお食事によく助けられています。子供はソースをかけずに、ゆでたパスタに粉チーズをかけて食べるのが一番好きという変わり者なのですが、スープにしてもいいし多くの食べ方があるのが嬉しいところ。

そんなパスタなのですが、自分はこれまで当たり前のように3人前を作るのに3リットルほどのお湯を沸かし、その中に麺を入れるというパターンでゆでていました。これ以外の選択肢はないと思い込んでいたのですが、水をなるべく使わずに、常時湯こぼれを監視しなくてもいい調理方法があることを奥さんから教わりました。

それは、100円ショップで売っている専用のプラスチック製のタッパーのようなもの。蓋の部分に丸い穴と湯こぼしをするためのギザギザが付いています。丸い穴は1人前のパスタの分量を穴に入れるだけで量ることができるというアイデア機能です。これを考えた人は本当にすごいと思います。

作り方は至って簡単。人数分のパスタをタッパーのような入れ物に入れ、そこに線まで数百ミリリットル程度のお水を入れたら蓋をして、電子レンジの中にいれてチンするだけ。電子レンジで加熱する時間は、分量にも撚りますが、通常ゆでる時間プラス15分程度です。ゆでる時間を8分だとすると、23分間電子レンジで加熱することになります。

若干時間はかかるのですが、これで水も節約することができますし、別な作業をして待っていることもできるようになるのです。ゆであがると、はじめに入れた水は跡形もなく吸収されてしまい、そのまま盛りつけることができるようになっています。

ややかたまりになってしまっている部分もありますが、ゆでたときと遜色のないおいしい麺に仕上げることができるのです。ものすごいこだわりがある人であれば、やはりゆでた方がいいと思いますが、普通においしく食べられればいいという人にとって、この調理方法は非常に有効だと思います。

我が家では、このやり方がこれからのスタンダードな方法になりそうです。





コメント

*



トラックバックURL