あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



眠っている間に音は聞こえるか

2010年1月 05日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

朝が寒いこの時期、ベッドから出るのは本当につらいものです。「朝だよ、起きて」という言葉も耳に入っているのですがうたた寝の気持ちよさはすべての活動を妨げる恐ろしい効力をもっていることは多くの人が納得いただけるのではないでしょうか。ここで、眠っているとき耳は聞こえているのかという疑問が生じます。朝方の起きるときであれば耳に入ってくるのはわかるのですが、深夜の熟睡状態、電車の中での爆睡状態では多少の音があったとしてもそれを認識することはできません。

そんな疑問を解決してくれたのが「日本睡眠学会」の大阪バイオサイエンス研究所・裏出良博研究部長でした。裏出さんによると音は眠っている間でも脳に届いているといいます。でも眠ってしまうと脳に届いた音の情報を脳が受け付けないので認識することがないのです。ここでわかることは人は音が聞こえている(脳まで届いている)のだけど、認識しない音は聞こえないということ。不思議なもので街の喧噪や電車の音、道路工事の音、車の往来が激しい場所で日常的に暮らしている人は、こういった音に慣れてすやすやと眠ることができます。逆にそんな人でも窓硝子が割れたり、誰かが叫んだりする音が聞こえるとぱっと起きたりします。

ここで音の大小はあまり関係なく、1つの音が聞こえる(認識する)条件が存在しているのです。それは「慣れている音=安全」、「聞き慣れない音=危険」ということ。安全だと分かっている音については脳まで届いても認識することはなく、眠り続ける一方で、ものが割れる音など危険と判断された音は例え小さな音であっても聞こえるので起きるのです。つまり人間の耳は眠っていたとしても危険を敏感に察知することができる動物的本能を持っているのですね。

ということは冒頭にあるような朝の目覚ましでなかなか起きれないというのは無意識のうちに安全なものであると思ってしまっているからだということになります。毎回きちんと起きたいのであれば、「起きて」という声と共に身の危険を感じるような出来事があればいいのかもしれません。本当に実行される前にきちんと起きられるように努力をする必要がありそうです。

【参考】exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1261991095553.html


☆送料無料!☆まるで水に浮かぶような寝心地♪【RAVI Water Pillow(ラヴィ ウォーター ピロー…

ハイブリッド車の意外な危険性

2009年7月 04日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

エコカー減税によって今や至る所でハイブリッド車が話題にのぼっています。最近ではトヨタのプリウスとホンダのインサイトの熾烈な争いが繰り広げられていますが、とある調査によるとハイブリッド車など温室効果ガスの排出量が少ないエコカーを購入したい、もしくは購入済みと回答した人は84%に上ったそうです。そのくらいハイブリッド車の社会認知度が高いといえるでしょう。

そんなハイブリッド車なんですが、実は一つ大きな課題があることが分かってきました。それは当初メリットとされてきた静音性なのです。実際街の中でハイブリッド車に遭遇すると恐ろしいくらい走行音が静かなことがわかります。その静音性がゆえに、視覚障害者らから「車の接近に気付かず、危うく衝突するところだった」などの声が上がっているというのです。

視覚障害者だけでなく、健聴者にとってもこの静かさはかなり危険があると言えるでしょう。道を歩いている時に後ろから車が来ていることを把握するのにエンジン音を聞くことによって認識しています。また歩いていて見通しの悪い交差点に差し掛かる際に、車が来ないことを確認するのにもエンジン音を聞くと思います。これがハイブリッド車では大変小さいのです。自分は一度狭い道を歩いていて後ろからクラクションを鳴らされて分かったということがありました。

この問題について、国土交通省が有識者や業界団体、視覚障害者団体など関係者を集めて対策検討に入ったそうです。今後この検討委員会でどのような結論が出され、対策が打たれていくか注目していきたいと思います。

運転者にとっては居住性が向上することから、これまで音が静かだということは大きなメリットとなるものでした。とある車紹介の番組でも、試乗の際に騒音メーターを利用して計測した値を紹介していてある値以下だからいい車だと紹介していたものもあるくらいです。そのメリットが危険と隣り合わせなのだとしたら、こんな怖いことはありません。

今後増えていくであろうハイブリッド車に、どのような仕組みを入れることができるのか車メーカーも巻き込んだ早急な対処が求められるのではないでしょうか。

【参考】YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090703-OYT1T00120.htm


贅沢を極めた電動バッテリーカー。A-KIDS 電動バッテリーカー レクサス LS600hL

音やにおいも商標になる?!

2008年6月 25日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

このー木なんの木 きになる木♪

パッパラッパッパ パッパラパッパ パーパッパッッパッパー(ラッパのマークの正露丸)

音楽が流れた瞬間にどこの企業なのかがいずれもわかりますよね。このような企業名や商品名に合わせて流れる特徴的や「音」、インターネット上で見られる企業のロゴやマークの「動き」、企業がユニフォームや車などに使用してイメージカラーとする「色」について商標登録できるようにする検討が特許庁で始まりました。

早ければ2010年にも実現するかもしれません。これだけでなく、「におい」や「味」といったものまで商標登録を検討するというのですら、人間の五感がどんどん商標によって守られていくことになるんですね。

海外では多くの国でこのような権利が認められていて、そういった国々から日本国内で売っているそういった国々の製品についても権利を保障して欲しいという要求が発端になっている模様です。

自分たちで、そういう権利を積極的に守っていこうとする流れでないのが残念ではありますが、このような権利ビジネスが今後注目を集めていくかもしれませんね。

音はともかく、味のような無形のものをどうやって文書として残して、区別していくのかがすごく悩ましいところではありますが、うまく表現することができ、その対象物を唯一の表現としてまとめることができるのなら、世の中の多くのモノが誰かの権利物になるのかもしれません。

自分もひとつくらい、何か考えてみようかな。

【参考】日本経済新聞 6月24日


表現の自由vs知的財産権