あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 貫地谷しほり


おんな城主直虎 第10回「走れ竜宮小僧」

2017年3月 12日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

政次は前回自分を襲ってきた奥山を刺してしまったと次郎法師のもとに転がり込んできます。これまでの小野という家が井伊家から見られていた印象や、奥山がしのの父親であることを考えると政次に対しては切腹も十分に考えられるほどの重罪となる可能性も十分ありました。

その中で、その状況を救ったのは直親や次郎法師でした。的確な状況判断を行い、政次が意図的に奥山を刺したわけではないことを示し、さらに次郎法師が、写経をさせることによって、その後のわだかまりをなくすことに成功するのです。

ここでも鶴、亀、おとわという3人の強い絆は有効に働くことになります。この先もこのような困難が次々とやってくるのだと思いますが、この連係プレーによって、乗り越えていくのだということを今回強く視聴者に印象づけたのではないでしょうか。

次回は、今川に反旗を翻した元康の妻である瀬名がどうなってしまうのか、そして井伊家にどのように関連してくるのかがメインになりそうです。まだ大きな影響力を出していない元康ですが、次回から台詞とともにその存在感も大きくなっていくものとみられるので、楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県岡崎市
 - 岡崎城

おんな城主直虎 第9回「桶狭間に死す」

2017年3月 05日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

いよいよ始まりました、桶狭間の戦い。間違いなく前半戦の山場ともいえる場面だと思います。しかし、ポイントとなる今川義元と織田信長は全く登場することなく、井伊の陣に顔の映らない織田の軍勢が攻め寄せいいの軍勢が総崩れになる様子を中心に描かれます。

このパターンは昨年の真田丸と同じで、主人公が直接関係しないシーンを極力カットすることによって、物語の芯をぶれないようにする意図が今回もあったのかもしれません。とはいいながらも井伊家の当主である直盛が亡くなるほどの大打撃を受けた戦いなので、もう少し丁寧に描いて欲しかったというのが率直な印象です。

戦いの後は、様々なところで爪痕を残していきます。その1つが小野と奥山の仲違いでしょう。もともと井伊の中では小野への印象はよくなかったのですが、今回は若干長引きそうな雰囲気。ここで、井伊が小野に対してどのように接するかで、今後の状況は大きく変わっていくのではないかと楽しみにしています。

さらに、古巣の岡崎城に入城した松平元康。すんなり戻れてしまったの!と言いながら徐々にその力を発揮していくことになりそうな雰囲気。こちらの楽しみですね。

◆直虎紀行◆
愛知県名古屋市
 - 桶狭間古戦場公園

おんな城主直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」

2017年2月 26日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

いつの時代もこのネタは非常につらい問題だと思います。特に男子を産むことが求められる戦国の世の中にあって、懐妊の兆しがないということはその家に嫁ぐものとして辛い思いをしたのではないでしょうか。その中でも最後は夫婦が力を合わせて頑張ろうという雰囲気になれたのがよかったと思います。

次回は、いよいよ桶狭間の戦い。物語が進んでいきそうなので楽しみにしたいと思います。

◆直虎紀行◆
静岡県静岡市
 - 清見寺