あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 草笛光子


真田丸 第26回「瓜売」

2016年7月 03日 By: rainbow Category: 2016年_真田丸 No Comments →

天下を統一した秀吉の次なる野望は朝鮮出兵でした。これは歴史の中ではあまりにも有名なのですが、今回その目的がはっきりと明示されます。それは、武士に仕事を与え続けることによって国内、もっと言うと自分へ矛先を向けるような余計な考えを持たせないため、というものでした。これまでも朝鮮出兵に関しては描かれていましたが、そのほとんどが秀吉のワガママといった印象を与えるものが多かったように思います。その中で、今回明確にその目的を示してもらったことは大きかったなと感じます。

しかし、肝心の挑戦での戦の雰囲気は描かれることなく、加藤清正が陣地で叫ぶくらいで終わってしまいます。きっとこれでもう朝鮮出兵話は終わりになってしまうことでしょう。こういうところからも、今回の物語が歴史上有名なシーンを網羅的に描くのではなく、真田家に直接関係の無い部分は徹底的にそぎ落とし、描きたい部分に時間を割くという方針を貫いていることがわかります。

その代わりに今回大きな時間が割かれたのが仮装大会でした。朝鮮出兵の話があまりないなかで士気が下がっているということを上手く理解することが出来ず、結果的に仮装大会の意味を十分理解できないままの展開となってしまったような気がします。昌幸と秀吉の演目がかぶっていて、結果的に昌幸が瓜売りの役を降りたということに何らかに意味を持たせたかったのでしょうか。この辺りは難しい解釈を求められそうです。

真田家では、おばば様が危篤ということで秀吉から許しをもらい、仮装大会の後にみんなで上田に帰ることになります。結果的におばば様はなくなる寸前で突然目を覚まし、信幸と信繁に活を入れて元気に去って行きます。この物語の女性陣の中で最も安心して見ることができた人を失ってしまい、今後の展開に若干不安要素は残りますが、新たな安心材料を求めて次回から楽しみにしたいと思います。

◆真田丸紀行◆
佐賀県唐津市
 - 名護屋城跡

真田丸 第7回「奪回」

2016年2月 21日 By: rainbow Category: 2016年_真田丸 No Comments →

信長亡き後の戦国の世の中は完全に混乱状態で、誰が天下を取ってもおかしくない状況でした。今回の真田丸に関しては、そんな全国の状況まで手を広げて離すことはしないで、ひたすらに真田周辺の出来事に集中しているのが素敵だと思います。世の中では、有働由美子さんが歴史上の大きな出来事をナレーションだけでばっさりと切ってしまう「ナレ死」という言葉が登場しているようですが、その潔さがこのドラマの端切れのよさを演出しているのだと思います。今回も滝川一益がナレ死してしまいましたが。。。

今回のなかでもっとも目に付いたのが、きりでしょう。男性陣がもの凄く迫真の演技をしているにも関わらず、信繁に暴言をはいたり、抱きついたり現代ドラマでもないような展開に見ている方としてはもの凄く違和感を覚えます。いずれ仲の良い展開になるための布石なのだと思いますが、女性陣で安心して見ていられるのはおばばさまだけというのが悲しいところです。

そんななかでひときわ存在感を発揮していたのはやはり昌幸でしょう。ここまでの流れとこれからの展開を考える完全に主人公と言ってもおかしくないほどの活躍をみせているのですが、それ以上に草刈正雄さんの演技ももの凄いものがあります。彼の前には息子達もまだまだ青二才のような気がします。次回予告を見てもまだまだこの快進撃は続きそうです。きっとこの辺りが真田家にとってもの凄く大切で、今後の流れを左右するところなのでしょう。緊迫の場面が続きますが、次回も楽しみにしたいと思います。

◆真田丸紀行◆
長野県小諸市
 - 小諸城址 懐古園

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック
価格:1,080円(税込、送料込)

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本
価格:1,080円(税込、送料込)

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)

天地人 第12回「命がけの使者」

2009年3月 22日 By: rainbow Category: 2009年_天地人 1 Comment →

人を従わせるには、お金でも兵糧でも力でもなく「心」であることを兼続は実践することになります。謙信も義という人の心に訴える政治を行い民衆を導いてきたのですが、兼続も明確な言葉はないにしても自らその遺志を継いでいることが、トメの言葉からもわかります。

しかし、兼続も運がいいという他はありません。たまたま助けた老婆が桑取の長である斎京三郎右衛門の母だという偶然の一致があったからよかったものの、まるっきり違っていたら桑取の門の外でのたれ死んでいたことでしょうね。戦国時代では、全てでの出来事が紙一重でできていて、それが全て生死に関わることなのかもしれません。

それにしても、景虎がどんどんと悪党になっていくのが少し恐ろしい気がします。始めは謙信のもとで忠誠を誓っていた美男子というキャラクターが、取り巻きの家臣と同様、ブラック景虎に変わりつつあります。

実の兄である北条氏政からは援軍を申し出られるのですが、その言葉の裏にある越後を攻めるということを感じ取って、逆に利用してやると怖い人になります。どのように利用するのか分かりませんが、最後に「上田の衆が北条に攻められて大事なものがなくなるのを思い知るがいい」ということから、北条の申し出を受け入れるんでしょうね。

ここに来て、武田信玄、上杉謙信、北条氏康の頃とは全く違った勢力や同盟関係が今後繰り広げられていくことになりそうです。本当に誰を信じていいのかわからない恐ろしい世界ですね。そんな中、兼続はどのように景勝を守っていくのか楽しみです。

□■天地人紀行■□
新潟県上越市/十日町市
・松之山街道
・犬伏城跡
・桑取道(春日山城跡内)


大河ドラマ放映開始新潟・山形・福島「天地人 酒紀行セット」日本酒3本セット 送料全国一律63…


天地人で脚光を浴びる「直江兼続」のド迫力のフィギュア!至高のフィギュアメーカーM-ARTSと正…