あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



木漏れ日の箱根 魅力を発見する旅

2011年2月 07日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

昨年に引き続き3回目の箱根は、昨年のように雪景色ではなく綺麗に晴れ渡った青空が迎えてくれました。昨年までのように子供をベビーカーに乗せる必要もなく、3人で手をつないでロマンスカーに乗って箱根に着いたのは午前8時。

昨年の反省からお得な箱根フリーきっぷを購入し、全力で元を取る気満々の奥さんだったので、今回は様々な所を巡る旅になるだろうなとは予感していましたが、まさにその通りの展開となりました。

◆今年もユネッサンイン
もう3回目の宿泊ともなるとどこに何があるのかは知り尽くしています。当たり前のようにフロントで荷物を預ってもらい、いざ温泉施設へ。箱根小涌園ユネッサンは、様々な温泉を楽しむことができる湯?とぴあ、流れるプールがあるユネッサン、そして露天風呂がある森の湯の3つのゾーンから成り立っています。

まず初めに行ったのは湯?とぴあです。人は平日ということもあり驚くほど少なく、かなりゆったりと回ることができます。コーヒー風呂では子供も気持ちいいとご機嫌で、途中コーヒーの投入イベントもありここだけで大満足。その後にあるワイン風呂、お茶風呂などは多少ぬるいことと、移動が真冬ということもあり驚くほど寒かったので、全体の8割くらいはコーヒー風呂に潜伏していたことになります。家でもやってみたいのですが、奥さんの目が怖いので諦めることにします。

ユネッサンでは、流れるプールで子供が楽しんでいるのですが、泡が出るぶくぶくの場所を極端に嫌い「あそこ行きたくない!」と怖がります。また、イベントで空から水が降り注ぐのですが「誰?こんないたずらしているのは」とご立腹の様子。外にあるウォータースライダーに奥さんと自分で滑ったのですが、身長110センチの制限に満たない彼は、完全に機嫌を損ねて泣いています。彼の機嫌を直したのはドクターフィッシュとチョコレート風呂でした。機嫌が直るのも早いのが彼のいいところなのです。

◆箱根観光の始めは箱根神社

昨年の雪の箱根神社では、ベビーカーを押しながら必死に雪道を歩いたのですが、今年は自走してくれるので驚くほど楽です。3人で階段を上り昨年と同じ場所で写真を撮った後神社でお参りです。隣にある九頭龍神社もお参りしたあと楽しみにしていたお休み処 権現からめもちへ。

残念ながらその日はお休みでしたがかなりの人がここでいるのに気がつきます。中国の方が多いなと思っていたら、この時期は春節だったのですね。この後箱根の至る場所で、「歓迎春節来客」という垂れ幕を目にすることになります。

◆芦ノ湖畔はまるで中国

箱根町に到着し、海賊船に乗って桃源台まで行ったのですが、完全にここは中国ではないかと思うほどの中国の観光客の人数に圧倒されます。さすが13億人も人がいる国だけあって、観光客の数も半端ではありません。自分たちがまるで中国に来ているのではないかと錯覚するほど。海賊船のデッキはすごく寒いので子供は早々に部屋に戻りたいと連呼し、部屋の中でまったりムード。結局単なる移動手段になってしまったのが残念です。

桃源台では、獅子舞の踊りが披露されていましたが、疲れ過ぎた子供は完全に爆睡で、いつもは怖がるはずの獅子舞に噛まれたことも彼は知らないでしょう。結果的には無病息災を祈願できて良かったのかもしれません。

◆大湧谷の知られざるグルメ

桃源台から大湧谷まではロープウェイです。箱根ロープウェイは、2009年度の年間有料乗車人員が2,064,241人を達成し見事ギネスに「最も乗車しているロープウェイ」として登録されたそうです。すごいことですね。ちなみに始めて気がついたのですが、普通ロープウェイは1本のロープにぶら下がっているのをイメージしますが、箱根ロープウェイは2本のロープにつるされています。

到着した大湧谷では、お約束である黒たまごを求めて山登り。子供も一生懸命登って自分で登り切ったのをみると、成長したなと感じます。一緒にたまごを食べた後は、駅の上にある展望レストランで食事をすることに。自分は大湧谷カレーを注文します。このカレー、隠れたグルメらしく温泉タマゴを入れることによってまろやかになったカレーは絶品です。是非一度は食べて見ることをおすすめします。

◆箱根ガラスの森美術館

ここは、日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館ということで、入ってみるとヴェネチアン・ガラスが並び、それらがキラキラと光っていてまるで別世界のようです。丁度本場ヴェネチアで作られた仮面やマントを身につけて記念撮影ができるヴェネチア仮面祭をやっていて、無料でマントや帽子を借りることができます。3人でマントや帽子をかぶって庭を散策します。マントを着た子供がめちゃくちゃかわいくて、周りの人たちから手を振られていたのが嬉しかったのは単なる親ばかです。

レストランでは、スイーツを楽しみ奥さんも子供も大満足。ヴェネチアの歌手からも手を振られ子供はさらに大満足だったようです。体験コーナーなども色々あるのでまた機会があれば来てみたい場所の1つです。

◆箱根彫刻の森美術館

フジテレビの天気予報でおなじみの場所ですが、実は行ったのは初めてでした。テレビで出てきた場所が目の前に広がっていてしかもめちゃくちゃ広い敷地に圧倒されます。美術品は幾何学的なものが多く、もっと鑑賞に堪えることができるだけに知識を持たなければと反省するばかりです。子供はしゃぼん玉のお城ではのぼることができずに悲しい顔を見せつつも、ネットの森では誰よりもはしゃぎネットを自由自在に動き回っていました。これを見るだけで連れてきて良かったなと心から思います。

◆県立生命の星・地球博物館

最後は箱根の山を下りて箱根登山鉄道の入生田という場所にある、神奈川県立生命の星・地球博物館というところです。地球の誕生から今に至るまで、そして生物たちの様子を過去からたどることができて、自然科学の楽しさを五感を通じて感じることができます。もっと人がいてもいいのではないかと思えるほど空いていましたが、逆にじっくりと鑑賞することができました。子供も最近テレビの大科学実験という番組で科学の楽しさを感じているので、その延長線上で「これはなに?」と色々と質問していました。彼は将来何になるんだろうと思わず思い描いてしまいます。

このように、今回はユネッサンだけでなく様々な所を回って遊ぶことができましたが、それは子供が成長してそういった楽しみ方をできるようになったからなのだと思います。帰り道にユネッサンに寄り道して温泉に入る予定をキャンセルして箱根湯本までスルーしたのを子供は見逃さず、ずっとバスの中で「ユネッサンいく(涙)」と訴えていたので、次回の旅行もきっとユネッサンになるものと勝手に思っています。

毎年同じ場所に行くことによって、昨年とは違う子供の成長を感じることができるので、自分たちも感慨深いのと同時に新たな発見をすることができます。次回はどのような旅行になるのか今から楽しみです。

ユネッサンで初温泉

2009年5月 03日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

今年のゴールデンウィークは会社によっては16連休くらいするところもあり、超大型連休になるところも多いのではないでしょうか。ずっといい天気が続いているのでどこかに行こうという人でどこも大混雑することを覚悟の上で家族で箱根小涌園ユネッサンに行くことにします。

2泊3日と長めに滞在することにして、とことんユネッサン遊びまくる計画を立てます。箱根小涌園ユネッサンリゾートは、文字通り温泉を中心とした総合リゾート施設で以下の3つの施設から成り立っています。
・水着で遊べる温泉スパ「ユネッサン」
・水着で楽しむ渓谷露天温泉「湯?とぴあ」
・裸でゆったり和風温泉「森の湯」

箱根への行き来はロマンスカーを利用することに。行きは最後部の展望室で約1時間、初めのうちは興味津々で車窓の風景を眺めていた子供もしばらくすると飽き始め、車内を徘徊し始めます。車掌さんにことわり、空いている席に座らせなんとか箱根に到着。今回最も厳しかったのは移動する電車、バスの中でいかに子供をおとなしくさせるかでした。このおかげで奥さんも最後はぐったりな状態になってしまいます。

1日目はユネッサンリゾートへ。しかしここは広いです。一日中いても全然回りきれないほどの施設の数があります。話題のコーヒー風呂、ワイン風呂、お茶風呂等を次々と回り、温泉が初めての子供も温泉の中でやけに静かです。宿泊は併設している箱根小涌園ユネッサンインです。併設しているとはいえ、ユネッサンとの距離は内部でつながっているのですがものすごく長く感じます。廊下で思わず競争ができそうです。

2日目は大湧谷へ。箱根町で箱根駅伝ミュージアムに寄ることにします。グッズ売り場はほとんど大学の宣伝商品売り場となっていましたが、箱根駅伝の盛り上がりを改めて感じました。その後海賊船に乗り込み、桃源台までのクルージング。はしゃぎまくる子供は時折「ぽちゃぽちゃ」などと叫び、完全に湖のことを大きな水たまりと誤解している様子ですが、「そうだね」とスルーすることにします。大湧谷ではお約束の黒たまごを購入し、たまたま来ていた幼稚園児たくさんと子供は楽しそうに戯れます。向こうから見ると1歳はまだ赤ちゃんなんですよね。

芦ノ湖海賊船

3日目は再度ユネッサンへ。始めて体験するドクターフィッシュは是非お勧めのアトラクションです。泳いでいる魚(ガラ・ルファ)のなかに足を入れると、魚が足にちょんちょんとくっついてくるのです。この魚は人の病気になった皮膚を食べてくれるドクターフィッシュとして有名なもので、魚としてはエサを食べているのですが歯がないため痛くありません。その代わり猛烈なくすぐったさがありますが。浮遊風呂では日頃感じている重力を感じない気持ちよさに寄ってしまった子供が風呂の中で爆睡状態に。あわてて休憩室で寝かせ、最後は森の湯で温泉につかり、ユネッサンを後にします。

ユネッサンではしゃぐ人

3日間はあっという間ではありましたが、いかんせんすごく疲れます。子供の体力は半端じゃなく、1時間程度の昼寝で完全復活しちょろちょろとものすごい勢いで走り回ります。まだ遠くで眺めているという訳にもいかないので、常にそばにいる必要があり、奥さんも自分もとにかく疲れました。きっと大きくなったら今日のことは忘れてしまうんだと思いますが、自分たちには大切な思い出になりました。また機会をみて子供と来たいと思います。