あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 経済産業省


太陽光電力の買取費用で負担増?!

2009年6月 06日 By: rainbow Category: 環境問題 1 Comment →

国や自治体からの補助金のおかげもあって、太陽光パネルを導入し発電する家庭が徐々に増えつつあります。太陽光発電システムを導入すると約180万円ほどするのですが、このうち国や自治体の補助金が約60万円ほどになり、残り120万円を電力会社へ電力を売ったり、自分のところで消費する分に充てたりして節約することにより、元をとっていくことになります。

これ自身は、非常にすばらしい施策であり金銭的余裕がある家庭は是非導入すべきだと思いますが、ここにきて少し雲行きの怪しい施策が経済産業省によって始まろうとしています。それは、家庭などが太陽光パネルで発電した電力を現在の2倍の単価で買い取らせようとするものです。これまで電力会社は家庭から1キロワットあたり24円程度で買い取っていたものを2倍にする方向で検討しているというのです。

これだけ聞くと、今まで以上に太陽光発電システムを導入しようとする家庭が増えてクリーンエネルギーの推進につながるし、すでに導入している人にとっては吉報だと思います。

ところが、この施策によって負担増になった電力会社がさらにその負担を求めるのは利用者です。標準的な世帯で月に数十円電力料金が上がるというのです。この施策に関して疑問を感じてしまうのはこの点にあります。始めにも申し上げたようにこの太陽光発電システムの初期導入費用は補助金はありつつも約180万円します。さらにある程度の効果を得るためにはそれなりの大きさのパネルが必要となるでしょう。全ての家庭でそのようなパネルを設置できるとは限りません。

この負担増を環境対策として協力すべきだとする考え方もあるでしょうが、このままでは納得しない人もいるでしょう。全ての人が参加することができるような仕組みを作ることによって誰もが恩恵を得ることができることが、環境問題への関心を高める最良の策なのではないでしょうか。

2009年中にこの施策を始めたいと経済産業省はいいますが、環境対策と市民の考え方の狭間になったとき、この施策の納得感、効果を最大化する方式を限られた中で検討すべきだと思います。

【参考】日本経済新聞 2009年6月6日


ソーラーパネル(太陽電池)で発電!限られたスペースでも発電したい!ソーラーベランダ発電パッ…

経産省 Presents 萌えながら「セキュリーナ」

2009年2月 13日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

ニューアイドル「セキュリーナ」(右がせなちゃん、左がしなちゃん)
セキュリーナ

最近「萌え」という言葉を使うことによって、難しいものを簡単なように見せかけて一気に理解させてしまおうという企画ものが数多く登場しています。「萌える英単語」「萌える経済学」をはじめ「萌える元素記号」「萌える株式投資」など、もはや「萌え」と一体どのような関係があるのかさえ分からないような本まで出てくる始末。しかし自分の認識は甘かったことが分かりました。アキバ系とばかり思われていたこの「萌え」ですが、実は霞ヶ関の官庁にも広まっていたのです。

キャンペーンに起用されたアイドル、その名も「セキュリーナ」はなんと経済産業省から登場したアイドルなんです。このセキュリーナは、コンピュータウィルスや不正アクセス、フィッシング詐欺など最近よく見かけるハイテク犯罪に対して、注意を呼びかけるアイドルなんですが、経済産業省の人の凝りようはすごく、このアイドルのためになんとデビューPVまで作ってしまったのです。以下に簡単にアイドルユニット「セキュリーナ」の二人を紹介しましょう。

■しなちゃん(しえな)(左です)
 ・出身:東京都
 ・性格:おっとり、のんびり、少し天然キャラ
 ・年齢:ないしょ
 ・生年月日:教えられません
 ・好きなもの:パフェ、作詞、お菓子作り
 ・好きな色:オレンジ、ピンク
一見おっとりタイプに見えるが、その実、心の底では「情報セキュリティ先進国ニッポンを目指そう!」と熱いこぶしを突き上げる情熱がたぎっている。

■せなちゃん(せりな)(右です)
 ・出身:大阪府
 ・性格:はきはき、主張派、男っぽい
 ・年齢:女性に年齢をきくなんてサイテーや
 ・生年月日:だから、教えられへんって!
 ・好きなもの;ドライブ、旅行、作曲
 ・好きな色:オレンジ、アイスグリーン
小さい頃からおもちゃや時計を見ると分解してしまうような好奇心旺盛な性格で、コンピュータについても仕組を理解するために、基盤上の部品までバラバラにしてしまうほどであった。そういった好奇心は冷めることなく、世界で有数のコンピュータ系の学校に進学し、首席で卒業してしまうくらいの才女であり、セキュリティ対策には人一倍詳しい。

なるほど。さすがセキュリティ関連のキャラクターだけあって年齢なども個人情報に当たるので教えられないというわけですね。手が込んでいます。この二人の名前は、セキュリティを「しな」さいよ、というのと、「せなあかん」というところから来ているようですが、詳細は不明です。

経済産業省のページでは、セキュリーナの二人が至るところでコンピュータウィルスや個人情報の扱いについてアドバイスしています。しかし、全体的にPOPすぎてその怖さは完全になくなってしまっています。個人的にはかわいい系よりも怖い系で攻めた方が良かったのではないかと思います。例えば、笑ゥせぇるすまんの喪黒福造とか。

早速Webページ上のデビュー曲を聴いてみることにします。始めに登場するテロップが明朝体で「経済産業省」と書かれた固い文字。ところがその数秒後には全く違う光景が目の前に広がります。なんだかレトロな感じがする人形が登場したかと思うと、途端に少しずれた音程で「パソコン固まる 私も固まる ふりーず」などと歌い出します。この歌詞に意味を求めてもダメかもしれません。この曲は結構長く、だんだんと中盤に差し掛かるにつれて耳が慣れてしまう自分がいて怖くなります。こういうのも怖いんだよと教えてくれているのかもしれません。途中気が抜けることなく最後までセキュリーナの虜になって終了。最後はまた「経済産業省」のクレジットが。

この企画をした部署が、この後経済産業省の省内でどのような扱いを受けたのかは分かりませんが、「中央省庁がこんなことを!」という第一印象のインパクトはかなり大きいものになりました。この施策によって、セキュリティの意識が本当に高まるのか、そしてこのサイトがどこまでアキバヲタの心をつかみ、日本中に広がっていくのかは不透明な状況です。まずは、コミケで「セキュリーナ」の同人誌が発売されるのかどうか楽しみにしておきたいと思います。

【参考】経済産業省 CHECK PC! http://www.checkpc.go.jp/top.html

萌え系セレクション


【お取り寄せ】【送料無料】[アスク講談社]萌える学習キット?もえがく?強化版(AWR9-77110)

【お取り寄せ】【送料無料】[アスク講談社]萌える学習キット?もえがく?(AWR9-77101)

マジカルティーチャー!ねんどろいど もえたん ぱすてるインク ねんどろん 萌える英単語 POPワ…